E2800コントローラSANtricity OSソフトウェアのアップグレード

コントローラが適切に機能しない場合は、E2800コントローラでEシリーズSANtricity OSソフトウェアのアップグレードが必要となることがあります。

開始する前に

テクニカル サポートに連絡して、StorageGRID Webscaleアプライアンスに対応するSANtricity OSソフトウェアおよびNVSRAMファイルを入手しておきます。
注意:テクニカル サポートからの指示がないかぎり、E2800コントローラSANtricity OSソフトウェアまたはNVSRAMをアップグレードしないでください。テクニカル サポートの指示を受けずにアップグレードを行うと、StorageGRID Webscaleアプライアンスが動作しなくなる可能性があります。アップグレードに関して不明な点がある場合は、テクニカル サポートにお問い合わせください。
注意:一度に複数のStorageGRID WebscaleアプライアンスでE2800コントローラSANtricity OSソフトウェアまたはNVSRAMをアップグレードしないでください。お使いの導入モデルやILMポリシーによっては、データを使用できなくなることがあります。

タスク概要

E2800コントローラでSANtricity OSソフトウェアやNVSRAMをアップグレードする前に、E5700SGコントローラをメンテナンス モードにします。

手順

  1. StorageGRID WebscaleアプライアンスをStorageGRID Webscaleシステムで実行中の場合は、E5700SGコントローラをメンテナンス モードにします。
    1. サービス ラップトップから、グリッド ノードにログインします。
      1. 次のコマンドを入力します:ssh admin@grid_node_IP
      2. Passwords.txtファイルに含まれているパスワードを入力します。
      3. 次のコマンドを入力してrootに切り替えます:su -
      4. Passwords.txtファイルに含まれているパスワードを入力します。
      rootとしてログインすると、プロンプトが$から#に変わります。
    2. StorageGRID Webscaleのすべてのサービスを停止します。service servermanager stop
    3. E5700SGコントローラをメンテナンス モードにします。sgamaintenance
      サービス ラップトップに以下のメッセージが表示されます。
      WARNING: All StorageGRID Webscale services on this node will be shut down.
      
      WARNING: You will have to manually exit maintenance mode before this node will resume normal operation.
      
      After running this command and waiting a few minutes for the node to reboot, browse to one of the following URLs to perform any
      maintenance actions, then exit maintenance mode:
      
      http://192.168.4.138:8080
      http://10.224.4.138:8080
      http://47.47.4.138:8080
      http://169.254.0.1:8080
      
      Are you sure you want to continue (y/n)?
  2. yを入力して継続するか、nを入力してメンテナンス モードをキャンセルします。

    E5700SGコントローラをメンテナンス モードにすると、E2800コントローラへの接続が中断され、SANtricity OSソフトウェアのアップグレードを適用できるようになります。

    yキーを押すと、アプライアンスがリブートされます。これには2~3分かかります。
  3. sgamaintenanceコマンドの出力に表示されるURLのいずれかを参照して、StorageGRID Webscaleアプライアンス インストーラにアクセスします。
    注:http://169.254.0.1:8080にアクセスするには、サービス ラップトップをE5700SGコントローラの管理ポート2(右側のRJ-45ポート)に直接接続する必要があります。
    注:このメンテナンス手順を完了したら、StorageGRID Webscaleアプライアンス インストーラを使用して、アプライアンスを通常の動作モードに戻す必要があります。ネットワーク ファイアウォールや他のネットワークの問題によって、インストーラへのアクセスが妨げられないようにしてください。必要があれば、システム管理者にサポートを依頼してください。
  4. StorageGRID Webscaleアプライアンス インストーラのホーム ページでメンテナンス モードのメッセージを確認し、アプライアンスがメンテナンス モードであることを確認します。

    メンテナンス モードのメッセージ
  5. サービス ラップトップまたは管理クライアントから、SANtricity System Managerにアクセスしてサインインします。
  6. 新しいSANtricity OSソフトウェア ファイルとNVSRAMファイルを、管理クライアントにダウンロードします。
    注意:NVSRAMは、StorageGRID Webscaleアプライアンスに固有です。標準のNVSRAMダウンロードを使用しないでください。
  7. E2800 and E5700 SANtricity Software and Firmware Upgrade Guide』またはSANtricity System Managerのオンライン ヘルプに記載されている手順に従って、E2800コントローラのファームウェアとNVSRAMをアップグレードします。
    注:アップグレード ファイルはただちにアクティブ化してください。アクティブ化を遅らせる理由はありません。
  8. アップグレード処理が完了したら、StorageGRID Webscaleアプライアンスを通常の動作モードに戻します。
    1. 手順5でアクセスしたものと同じURLを参照します。
    2. StorageGRID Webscaleアプライアンス インストーラから、[Advanced] > [Reboot Controller]を選択します。次に、[Reboot Controller]をクリックします。

      reboot controller
      アプライアンスがリブートし、グリッドに再度参加します。このプロセスには15分程度かかる場合があります。
  9. Grid Managerで、アップグレードされたアプライアンス ストレージ ノードのステータスを監視します。
    アプライアンスが「緑」のステータスに戻っていることを確認します。次に例を示します。
    [Nodes]ページ