アグリゲート ポート ボンディング モード

アグリゲート ポート ボンディング モードを使用すると、各StorageGRID Webscaleネットワークのスループットが大幅に向上し、追加のフェイルオーバー パスも確保されます。


アグリゲート ポート ボンディング モードで使用されるポート
コールアウト ボンディングされるポート
1 接続されたポートすべてを1つのLACPボンドにグループ化して、すべてのポートをグリッド ネットワークとクライアント ネットワークのトラフィックに使用できるようにします。
アグリゲート ポート ボンディング モードを使用する場合は、次の点に注意してください。
4つの10 / 25GbEポートをすべて使用する必要がない場合、使用するポートの数は1~3のいくつでもかまいません。複数のポートを使用すると、10 / 25GbEポートの1つに障害が発生した場合でも、ネットワーク接続を確保できる可能性が高くなります。
注:4つのポート全部を使用しない場合は、StorageGRID Webscaleをインストールしたあとにケーブルが取り外されていることを通知するアラームがGrid Managerで生成されるので注意してください。このアラームは確認後に解除してかまいません。