ブート時のステータス コードの確認

アプライアンスに電源を投入すると、各コントローラのデジタル表示ディスプレイにステータスとエラー コードが表示されます。

タスク概要

E2800コントローラE5700SGコントローラには、各種のステータスとエラー コードが表示されます。

これらのコードの意味については、次のリソースを参照してください

コントローラ 参考資料
E2800コントローラ

E5700 and E2800 System Monitoring Guide

注:EシリーズE5700コントローラに関するコードの説明は、アプライアンスのE5700SGコントローラには当てはまりません。
E5700SGコントローラ

E5700SGコントローラのステータス インジケータ」

手順

  1. ブート時に、デジタル表示ディスプレイに表示されるコードを確認して進行状況を監視します。
    • E2800コントローラのデジタル表示ディスプレイには、OS、Sd、空白のコードが順番に表示されて、業務開始処理が実行中であることを示します。
    • E5700SGコントローラのデジタル表示ディスプレイには、AAFFで終わる一連のコードが表示されます。
  2. コントローラがブートされたら、デジタル表示ディスプレイに次のコードが表示されることを確認します。

    コントローラがブートされたあとのデジタル表示ディスプレイ
    コントローラ デジタル表示ディスプレイ
    E2800コントローラ Eシリーズ コントローラ シェルフのデフォルトIDである99が表示されます。
    E5700SGコントローラ HOが表示され、続いて2つの数字が順番に表示されます。
    HO -- IP address for Admin Network -- IP address for Grid Network HO
    最初に表示される数字は、コントローラの管理ポート1に対してDHCPによって割り当てられたIPアドレスです。このアドレスは、StorageGRID Webscaleの管理ネットワークにコントローラを接続するときに使用されます。2番目に表示される数字は、StorageGRID Webscaleのグリッド ネットワークにアプライアンスを接続するときに使用されるDHCPによって割り当てられたIPアドレスです。
    注:DHCPを使用してIPアドレスを割り当てることができなかった場合は、0.0.0.0と表示されます。
  3. その他の値がデジタル表示ディスプレイに表示された場合は、「ハードウェアの設置のトラブルシューティング」を参照し、インストール手順を正しく実行したかを確認します。問題を解決できない場合は、テクニカル サポートにお問い合わせください。