インストールの概要

StorageGRID Webscaleを最初に導入する際にStorageGRID Webscaleアプライアンスを1台以上インストールするか、またはあとから拡張の一環としてアプライアンス ストレージ ノードを追加することができます。リカバリ処理の一環としてアプライアンス ストレージ ノードのインストールが必要となる場合もあります。

StorageGRID Webscaleアプライアンスのインストール作業には2つのフェーズがあります。

1.アプライアンス ハードウェアのインストールと設定

StorageGRID Webscaleアプライアンスのインストール作業の第1フェーズでは、次の手順を実行します。
  1. 設置の準備
    • 設置場所の準備
    • 開梱と内容の確認
    • 追加機器と工具の入手
    • IPアドレスとネットワーク情報の収集
  2. ハードウェアの設置
    • ハードウェアの登録
    • キャビネットまたはラックへのアプライアンスの設置
    • ドライブの取り付け(SG5760のみ)
    • アプライアンスのケーブル接続
    • 電源コードの接続と電源の投入
    • ブート時のステータス コードの確認
  3. ハードウェアの設定
    • SANtricity System Managerへのアクセス、E2800コントローラの管理ポート1の静的IPアドレスの設定、およびSANtricity System Managerの設定
    • StorageGRID Webscaleアプライアンス インストーラへのアクセス、およびStorageGRID Webscaleのネットワークに接続するために必要なリンクとネットワークIPの設定

2.アプライアンス ストレージ ノードの導入

これらの指示に従い、アプライアンス ハードウェアの設置と設定を行ったら、アプライアンスをStorageGRID Webscaleグリッドのストレージ ノードとして導入できます。
タスク 参照先
新しいStorageGRID Webscaleグリッドにアプライアンス ストレージ ノードを導入する 使用するプラットフォームに対応したStorageGRID Webscaleのインストール手順
既存のStorageGRID Webscaleグリッドにアプライアンス ストレージ ノードを追加する StorageGRID Webscaleグリッドの拡張手順
ストレージ ノードのリカバリ処理の一環としてアプライアンス ストレージ ノードを導入する リカバリとメンテナンスの手順