erasure coding(イレイジャー コーディング)

オブジェクト データを格納するためにStorageGRID Webscaleで使用する方法の1つです。

StorageGRID Webscaleがイレイジャー コーディング コピーを作成するために設定されたILMルールとオブジェクトを照合する場合は、オブジェクト データを複数のデータ フラグメントに分割し、追加のパリティ フラグメントを計算して、各フラグメントを別のストレージ ノードに格納します。アクセスされたオブジェクトは、格納したフラグメントを使用して再アセンブルされます。データ フラグメントまたはパリティ フラグメントが破損したり失われたりすると、イレイジャー コーディング アルゴリズムによって、残りのデータ フラグメントとパリティ フラグメントを使用してそのフラグメントを再作成できます。