ソフトウェアのアップグレードの要件

NAS Bridgeソフトウェアのアップグレードを開始する前に、必要な資料を入手し、アップグレードの要件を確認して、アップグレードを正常に完了できることを確認します。

必要なもの メモ
関連ドキュメント
  • StorageGRIDリリース ノート
    注:アップグレードを開始する前に、『リリース ノート』をよくお読みください。
  • NAS Bridgeのインストールおよびセットアップ
サービス ラップトップ サービス ラップトップには、以下のものが必要です。
  • ネットワーク ポート
  • SSHクライアント(PuTTYなど)
  • サポートされているWebブラウザ
仮想マシンのRAM 48GB
注意:以前のリリースからアップグレードする場合は、RAMを48GBに増やす必要があります。
仮想マシンのvCPU 16
NAS Bridge仮想マシンにシステム ドライブ用のハード ドライブが2本接続されていること(まだ接続されていない場合)

NAS Bridge仮想マシンに、システム ドライブとして使用する100GBハード ドライブが2本接続されている必要があります。

すでに2本の100GBシステム ドライブが接続されている場合は、ハード ドライブを追加する必要はありません。100GBドライブが1本接続されている場合は、100GBドライブをもう1本追加します。

注意:NAS Bridgeシステム ドライブはちょうど100GBでなければなりません。そうでないとアップグレードが失敗します。

キャッシュ用のハード ドライブは何本でも追加できます。

システム ドライブを追加するには、仮想マシンにハード ドライブを追加する手順を参照してください。