認証トークンのリセット

API呼び出しが完了したあとに、認証トークンをリセットする必要があります。こうしてトークンが再利用されないようにすることで、システムのセキュリティが向上します。

開始する前に

次のパラメータを確認しておく必要があります。

手順

  1. [API Docs]ページで、[sessions]をクリックします。
  2. [DELETE]をクリックして、認証トークンをリセットするために使用するAPI呼び出しを表示します。
    DELETE API呼び出しが表示されます。Webページの上部で正常にログインした場合は、バージョン、Eメール アドレス(ユーザ アカウント)、認証トークンが自動的にページに入力されます。
  3. [Try it out!]をクリックします。
    応答コード204は、トークンが削除されたことを示します。