CLI管理者アカウントの保護

システムのセキュリティを確保するには、NAS Bridgeを設定する前に、コマンドライン インターフェイス(CLI)のデフォルト アカウントのパスワードを変更する必要があります。

開始する前に

NAS BridgeのIPアドレスを確認しておく必要があります。

タスク概要

このデフォルトのCLI 管理者アカウントは管理者権限を持ち、次のデフォルト クレデンシャルを使用します。
  • ユーザ名:pb
  • パスワード:pb

このアカウントのパスワードを変更するには、SSHまたはNAS Bridge仮想マシンのVMwareコンソール(VMRCを使用)を使用してCLIにアクセスします。以下の手順では、わかりやすいようにSSHを使用する方法を示します。

手順

  1. CLI管理者アカウント(pb)とNAS Bridgeの管理IPアドレスを使用してログインするSSHコマンドを入力します。
    ssh pb@10.63.65.101
  2. プロンプトが表示されたら、アカウントのデフォルトのパスワードを入力します。pb
  3. アカウントのパスワードを変更するLinuxコマンドを入力します。passwd pb
  4. コマンド プロンプトに応答して現在のパスワード(pb)を確認し、アカウントの新しいパスワードを選択します。

終了後の操作

今後の使用に備えて、新しいパスワードを書き留めて保管しておきます。