イレイジャー コーディング スキームとは

ILMルールにイレイジャー コーディング プロファイルを設定する場合は、使用するストレージ プールを構成するストレージ ノードとサイトの数に基づいて、使用可能なイレイジャー コーディング スキームを選択します。イレイジャー コーディング スキームは、各オブジェクト用に作成されるデータ フラグメントとパリティ フラグメントの数を制御します。

StorageGRIDシステムは、Reed-Solomonイレイジャー コーディング アルゴリズムを使用します。このアルゴリズムは、オブジェクトをk個のデータ フラグメントに分割して、m個のパリティ フラグメントを計算します。k + m = n個のフラグメントがn個のストレージ ノードに分散され、データ保護を提供します。失われたフラグメントまたは破損したフラグメントの数がm個になるまでオブジェクトを維持できます。k個のフラグメントがオブジェクトの読み出しまたは修復に必要です。

イレイジャー コーディング プロファイルを設定する場合、ストレージ プールは1つのサイト、または3つ以上のサイトで構成されている必要があります。デフォルトのストレージ プール[All Storage Nodes]、またはデフォルトのサイト[All Sites]を含むストレージ プールを使用しないでください。
注:ストレージ プールにサイトが2つ含まれている場合、イレイジャー コーディング プロファイルは設定できません。

3つ以上のサイトを含むストレージ プールのイレイジャー コーディング スキーム

次の表は、3つ以上のサイトを含むストレージ プールについてStorageGRIDで現在サポートされているイレイジャー コーディング スキームを示しています。各スキームに推奨されるサイトとストレージ ノードの数を記載します。サポートされているイレイジャー コーディング スキームは、サイト障害から保護するように設計されています。1つのサイトが失われてもオブジェクトには引き続きアクセスできます。
イレイジャー コーディング スキーム

(k + m)

サイトの最小数 各サイトで推奨されるストレージ ノードの数 推奨されるストレージ ノードの総数 サイト障害からの保護
4+2 3 3* 9
6+2 4 3* 12
8+2 5 3* 15
6+3 3 4 12
9+3 4 4 16
2+1 3 3* 9
4+1 5 3* 15
6+1 7 3* 21

*各サイトにはストレージ ノードが少なくとも3個必要です。

この他にも使用できるイレイジャー コーディング スキームがあります。アカウント担当者にお問い合わせください。

どのイレイジャー コーディング スキームを使用するかを決めるにあたっては、フォールト トレランス(パリティ セグメントの数が多いほど高くなる)と修復に必要なネットワーク トラフィック(フラグメントの数が多いほどネットワーク トラフィックも増加する)のバランスを考える必要があります。たとえば、4+2と6+3のどちらかのスキームを選ぶ場合、パリティを増やしてフォールト トレランスを向上させる必要がある場合は6+3のスキームを選択します。ノード修復時のネットワーク使用量を削減するためにネットワーク リソースが制限されている場合は、4+2のスキームを選択します。
注:使用するスキームが不明な場合は、4+2または6+3を選択するか、サポートにお問い合わせください。通常、高度なフォールト トレランスがアプリケーションで必要でない場合を除き、m+1スキームは使用しないでください。

1サイトのストレージ プールのイレイジャー コーディング スキーム

イレイジャー コーディングは、複数のレプリケート コピーではなくたった1つのイレイジャー コーディング コピーを使用して効率的にデータを保護する必要のある単一サイト環境にも適しています。サイトが1つだけのストレージ プールでは、上記の表のすべてのイレイジャー コーディング スキームがサポートされます。ただし、必要な数のストレージ ノードがサイトに含まれていることが前提です。たとえば、2+1イレイジャー コーディング スキームにはストレージ ノード数が3つ以上のストレージ プールが必要ですが、6+3スキームにはストレージ ノード数が9つ以上のストレージ プールが必要です。