アイデンティティ ソースとの強制同期

StorageGRIDシステムは、アイデンティティ ソースからフェデレーテッド グループおよびユーザを定期的に同期します。ユーザの権限をすぐに有効にしたり制限したりする必要がある場合は、同期を強制的に開始できます。

開始する前に

手順

  1. [Configuration] > [Identity Federation]を選択します。

    [Identity Federation]ページが表示されます。[Synchronize]ボタンはページの下部にあります。
    [Configuration] > [Identity Federation] > [Synchronize]ボタンのスクリーンショット

  2. [Synchronize]をクリックします。
    同期が開始されたことを示す確認メッセージが表示されます。環境によっては、この同期プロセスには時間がかかることがあります。