クラウド ストレージ プールとは

クラウド ストレージ プールでは、ILMを使用してStorageGRIDシステムの外部にオブジェクト データを移動できます。たとえば、アクセス頻度の低いオブジェクトを低コストのAmazon Glacierストレージに移動したり、古いバージョンのオブジェクトを外部に格納してオンプレミス ストレージを解放したりすることができます。

ILMの観点では、クラウド ストレージ プールはストレージ プールに似ています。どちらにオブジェクトを格納する場合も、ILMルールの配置手順を作成するときにプールを選択します。ただし、ストレージ プールはStorageGRIDシステム内のストレージ ノードまたはアーカイブ ノードで構成されますが、クラウド ストレージ プールは外部のS3バケットで構成されます。

次の表に、ストレージ プールとクラウド ストレージ プールの類似点と相違点をまとめます。

  ストレージ プール クラウド ストレージ プール

作成方法

Grid Manager[ILM] > [Storage Pools]オプションを使用する。

ストレージ プールを作成する前に、ストレージ グレードを設定する必要があります。

Grid Manager[ILM] > [Storage Pools]オプションを使用する。

クラウド ストレージ プールを作成する前に、外部のS3バケットを設定する必要があります。

作成可能なプール数

複数

1つ

オブジェクトの格納先

StorageGRID内の1つ以上のストレージ ノードまたはアーカイブ ノード。

StorageGRIDシステムの外部にある単一のS3バケット。

注:オブジェクトをAmazon Glacierなどの低コストの長期保存用ストレージに移行する場合は、必要に応じて外部バケット用のバケット ライフサイクルを設定できます。外部ストレージ システムは、Glacierストレージ クラスとS3 POST Object restore APIをサポートしている必要があります。

オブジェクトの配置を制御するルール

アクティブなILMポリシーのILMルール。

アクティブなILMポリシーのILMルール。

使用されるデータ保護方法

レプリケーション

レプリケーション

許可されるコピー数

複数

1つ

レプリケート コピーはクラウド ストレージ プールに移動され、StorageGRIDの外部に格納されます。オブジェクトのレプリケート コピーまたはイレイジャー コーディング コピーが同じ期間にStorageGRIDに存在することはできません。

利点

オブジェクトにいつでもすばやくアクセスできる。

ストレージ ノードまたはサイトに障害が発生した場合に冗長コピーを使用できる。

低コストのストレージ。

注:冗長コピーをローカルでは使用できないため、リストア処理に時間がかかる場合があります。そのため、クラウド ストレージ プールはアクセス頻度の低いデータや古いデータのバージョンに適したオプションです。