レプリケーションとは

レプリケーションは、StorageGRIDがオブジェクト データを格納するために使用する2つの方法のうちの1つです。レプリケート コピーを作成するように設定されたILMルールにオブジェクトが一致した場合、StorageGRIDシステムはオブジェクト データの完全なコピーを作成してストレージ ノードまたはアーカイブ ノードに格納します。

レプリケート コピーを作成するようにILMルールを設定する場合は、作成するコピーの数、コピーを配置する場所、およびそれぞれの場所にコピーを格納する期間を指定します。

次の例のILMルールは、各オブジェクトのレプリケート コピーを2つずつ、3つのストレージ ノードからなるストレージ プールに配置するように指定されています。


Make 2 Copiesルール

このルールにオブジェクトが一致した場合、StorageGRIDはオブジェクトのコピーを2つ作成して、ストレージ プール内の別々のストレージ ノードにそれぞれのコピーを配置します。2つのコピーは、使用可能な3つのストレージ ノードのうちのいずれか2つに配置されます。この例ではストレージ ノード2と3に配置されています。コピーは2つあるため、ストレージ プール内のいずれかのノードで障害が発生した場合でもオブジェクトを読み出すことができます。

注意:レプリケート コピーを1つだけ作成するILMルールは基本的に設定しないでください。そのコピーが失われたり破損したりすると、データが失われます。また、メンテナンスやリカバリの実行中にオブジェクトへのアクセスが失われる可能性があります。障害発生時にオブジェクト データが失われるリスクを許容する場合にのみ、ILMを使用して単一のレプリケート コピーを作成してください。
注:StorageGRIDが任意のストレージ ノードに格納できるレプリケート コピーは1つのオブジェクトにつき1つだけです。3つのストレージ ノードが含まれるグリッドに対して4コピーILMルールを作成した場合、作成されるコピーは3つだけ(各ストレージ ノードに1つ)です。