外部との通信

クライアントは、コンテンツの取り込みと読み出しを行うために、グリッド ノードおよびグリッド ノードをホストするサーバと通信する必要があります。使用されるポートは、コンテンツの取り込みと読み出しを行うために選択されるプロトコルによって異なります。

ノードで発着信するトラフィックに使用されるポートの可用性がエンタープライズ ネットワーク ポリシーによって制限される場合は、ノードを導入する際にポートを再マッピングできます。

次の表に、ノードに着信するトラフィックに使用されるポートを示します。

ポート TCP / UDP プロトコル 通信元 通信先 詳細情報
22 TCP SSH サービス ラップトップ すべてのノード コンソールの手順を実行するには、SSHアクセスまたはコンソール アクセスが必要です。必要に応じて、ポート22の代わりに2022を使用できます。
25 TCP SMTP 管理ノード Eメール サーバ アラートおよびEメールベースのAutoSupportに使用します。デフォルトのポート設定(25)は、[Email Servers]ページで上書きできます。
53 TCP / UDP DNS すべてのノード DNSサーバ ドメイン ネーム システムに使用します。
67 UDP DHCP すべてのノード DHCPサービス 必要に応じて、DHCPベースのネットワーク設定のサポートに使用します。dhclientサービスは、静的に設定されたグリッドに対しては実行されません。
68 UDP DHCP DHCPサービス すべてのノード 必要に応じて、DHCPベースのネットワーク設定のサポートに使用します。dhclientサービスは、静的IPアドレスを使用するグリッドに対しては実行されません。
80 TCP HTTP ブラウザ 管理ノード ポート80は、管理ノードのユーザ インターフェイス用のポート443にリダイレクトされます。
ブラウザ アプライアンス ポート80は、StorageGRIDアプライアンスのインストール / メンテナンス ユーザ インターフェイス用のポート8443にリダイレクトされます。
ADCを採用するストレージ ノード AWS AWSまたはHTTPを使用するその他の外部サービスに送信されるプラットフォーム サービスのメッセージに使用します。テナントは、エンドポイントを作成する際にデフォルトのHTTPポート設定(80)を上書きできます。
ストレージ ノード AWS HTTPを使用するAWSターゲットに送信されるクラウド ストレージ プールの要求。グリッド管理者は、クラウド ストレージ プールを設定する際にデフォルトのHTTPポート設定(80)を上書きできます。
111 TCP / UDP RPCBind NFSクライアント 管理ノード NFSベースの監査エクスポート(portmap)で使用します。
123 UDP NTP プライマリNTPノード 外部NTP ネットワーク タイム プロトコル サービス。プライマリNTPソースとして選択されたノードは、クロックの時間と外部NTPの時間ソースとの同期も行います。
137 UDP NetBIOS SMBクライアント 管理ノード NetBIOSサポートを必要とするクライアントのSMBベースの監査エクスポートで使用します。
138 UDP NetBIOS SMBクライアント 管理ノード NetBIOSサポートを必要とするクライアントのSMBベースの監査エクスポートで使用します。
139 TCP SMB SMBクライアント 管理ノード NetBIOSサポートを必要とするクライアントのSMBベースの監査エクスポートで使用します。
161 TCP / UDP SNMP SNMPクライアント すべてのノード SNMPポーリングに使用します。すべてのノードは基本情報を提供し、管理ノードはさらにアラーム データを提供します。
注:StorageGRIDでSNMPを使用する方法については、ネットアップの営業担当者にお問い合わせください。
162 TCP / UDP SNMPトラップ すべてのノード トラップ送信先 アウトバウンドSNMPトラップのデフォルトのポートは162です。
注:StorageGRIDでSNMPを使用する方法については、ネットアップの営業担当者にお問い合わせください。
389 TCP / UDP LDAP ADCを採用するストレージ ノード Active Directory / LDAP アイデンティティ フェデレーション用のActive DirectoryまたはLDAPサーバに接続するために使用します。
443 TCP HTTPS ブラウザ 管理ノード Grid ManagerおよびTenant ManagerにアクセスするためにWebブラウザと管理APIクライアントで使用します。
管理ノード Active Directory シングル サインオン(SSO)が有効な場合に、Active Directoryに接続する管理ノードで使用します。
アーカイブ ノード AWS S3 アーカイブ ノードからAWS S3にアクセスするために使用します。
ADCを採用するストレージ ノード AWS AWSまたはHTTPSを使用するその他の外部サービスに送信されるプラットフォーム サービスのメッセージに使用します。テナントは、エンドポイントを作成する際にデフォルトのHTTPポート設定(443)を上書きできます。
ストレージ ノード AWS HTTPSを使用するAWSターゲットに送信されるクラウド ストレージ プールの要求。グリッド管理者は、クラウド ストレージ プールを設定する際にデフォルトのHTTPSポート設定(443)を上書きできます。
445 TCP SMB SMBクライアント 管理ノード SMBベースの監査エクスポートで使用します。
903 TCP / UDP NFS NFSクライアント 管理ノード NFSベースの監査エクスポート(rpc.mountd)で使用します。
2022 TCP SSH サービス ラップトップ すべてのノード コンソールの手順を実行するには、SSHアクセスまたはコンソール アクセスが必要です。必要に応じて、ポート22の代わりに2022を使用できます。
2049 TCP / UDP NFS NFSクライアント 管理ノード NFSベースの監査エクスポート(nfs)で使用します。
8022 TCP SSH サービス ラップトップ すべてのノード ポート8022でSSHを使用すると、サポートとトラブルシューティング用のベースのオペレーティング システムへのアクセスが許可されます。このポートは、グリッド ノード間で、または通常運用時にアクセス可能である必要はありません。
8082 TCP HTTPS S3クライアント APIゲートウェイ ノード APIゲートウェイ ノードへのS3関連の外部トラフィック(HTTPS)。
8083 TCP HTTPS Swiftクライアント APIゲートウェイ ノード APIゲートウェイ ノードへのSwift関連の外部トラフィック(HTTPS)。
8084 TCP HTTP S3クライアント APIゲートウェイ ノード APIゲートウェイ ノードへのS3関連の外部トラフィック(HTTP)。
8085 TCP HTTP Swiftクライアント APIゲートウェイ ノード APIゲートウェイ ノードへのSwift関連の外部トラフィック(HTTP)。
9022 TCP SSH サービス ラップトップ アプライアンス サポートとトラブルシューティングのために、事前設定モードでのStorageGRIDアプライアンスへのアクセスを許可します。このポートは、グリッド ノード間で、または通常運用時にアクセス可能である必要はありません。
18082 TCP HTTPS S3クライアント ストレージ ノード ストレージ ノードへのS3関連の外部トラフィック(HTTPS)。
18083 TCP HTTPS Swiftクライアント ストレージ ノード ストレージ ノードへのSwift関連の外部トラフィック(HTTPS)。
18084 TCP HTTP S3クライアント ストレージ ノード ストレージ ノードへのS3関連の外部トラフィック(HTTP)。
18085 TCP HTTP Swiftクライアント ストレージ ノード ストレージ ノードへのSwift関連の外部トラフィック(HTTP)。