情報ライフサイクル管理とは

情報ライフサイクル管理は、複数のルール セットを1つのポリシーにまとめたものです。ルールは、オブジェクトのデータを損失から長期的に保護する方法を規定しています。

情報ライフサイクル管理は、ILMルールで構成されるILMポリシーによって実装されます。システムに取り込まれた各オブジェクトは、アクティブなILMポリシーのILMルールに照らして評価されます。ILMルールは、オブジェクトのメタデータをチェックしてオブジェクトをフィルタし、オブジェクトのデータを格納およびコピーする際の処理を判別します。

ILMルールでは次の内容を定義します。
次の図は、ILMルールで次のように規定されたILMポリシーを示しています。
  1. オブジェクトの取り込み時(0日):
    • サイト1のディスク(ストレージ ノード)にレプリケートされたコピーを2つ格納し、このデータに対するローカル ネットワークのレイテンシでのアクセスを提供する。
    • サイト1~3のディスク(ストレージ ノード)にイレイジャー コーディングされたコピーを1つずつ分散し、サイト障害に対するストレージ効率の高い保護を行う。
  2. 14日後、サイト1のディスクからレプリケートされたコピー2つが削除される。

    たとえば、一部のユーザが、最初の14日間だけデータに対するローカル ネットワークのレイテンシでのアクセスを必要とする場合などが該当します。


ILMルールの例

ILMのルールとポリシーの設定の詳細については、StorageGRIDの管理に関する説明を参照してください。