GET Object

S3 GET Object要求を使用して、S3バケットからオブジェクトを読み出すことができます。

サポートされない要求ヘッダー

次の要求ヘッダーはサポートされていません。指定した場合はXNotImplementedが返されます。

バージョン管理

versionIdサブリソースが指定されていない場合、バージョン管理が有効になっているバケットでは、オブジェクトの最新バージョンが取得されます。オブジェクトの最新バージョンが削除マーカーの場合は、「Not Found」ステータスが返され、x-amz-delete-marker応答ヘッダーがtrueに設定されます。

クラウド ストレージ プール オブジェクトに対するGET Objectの動作

オブジェクトがクラウド ストレージ プールに格納されている場合、GET Object要求の動作はオブジェクトの状態によって異なります。詳細については、「HEAD Object」を参照してください。

オブジェクトの状態 GET Objectの動作
StorageGRIDに取り込まれているがまだILMによって評価されていない、または従来のストレージ プールに格納されているかイレイジャー コーディングを使用している

200 OK

オブジェクトのコピーが読み出されます。

クラウド ストレージ プール内にあるがまだGlacierに移行されていない

200 OK

クラウド ストレージ プールからオブジェクトのコピーが読み出されます。

クラウド ストレージ プール バケットからGlacierに移行されている

403 Forbidden, InvalidObjectState

POST Object restore要求を使用してオブジェクトの一時的なコピーをクラウド ストレージ プールにリストアします。

Glacierからクラウド ストレージ プール バケットにリストア中である

403 Forbidden, InvalidObjectState

POST Object restore要求が完了するまで待ちます。

クラウド ストレージ プール バケットへのリストアが完了している

200 OK

応答の本文にリストアされたオブジェクトのコピーが含まれます。

クラウド ストレージ プール内のマルチパート オブジェクトまたはセグメント化されたオブジェクト

マルチパート オブジェクトをアップロードした場合やStorageGRIDが大きなオブジェクトをセグメントに分割した場合、StorageGRIDはオブジェクトのパーツまたはセグメントのサブセットをサンプリングすることでクラウド ストレージ プール バケット内のオブジェクトが使用可能かどうかを判断します。オブジェクトの一部がすでにGlacierに移行されている場合やまだリストアされていない場合、GET Object要求が誤って「200 OK」を返すことがあります。

その場合は次のような結果になります。
  • GET Object要求がデータの一部を返し、転送の途中で停止することがあります。
  • 後続のGET Object要求が「403 Forbidden」を返すことがあります。