POST Object restore

S3 POST Object restore要求を使用して、クラウド ストレージ プールに格納されているオブジェクトをリストアできます。

サポートされる要求タイプ

StorageGRIDでオブジェクトのリストアに使用できる要求はPOST Object restoreのみです。SELECTタイプのリストアはサポートされません。SELECT要求を使用するとXNotImplementedが返されます。

クラウド ストレージ プール オブジェクトに対するPOST Object restoreの動作

オブジェクトがクラウド ストレージ プールに移動されている場合、POST Object restore要求はオブジェクトの状態に基づいて次のように動作します。詳細については、「HEAD Object」を参照してください。

オブジェクトの状態 POST Object restoreの動作

StorageGRIDに取り込まれているがまだILMによって評価されていない、または従来のストレージ プールに格納されているかイレイジャー コーディングを使用している

403 Forbidden, InvalidObjectState

クラウド ストレージ プール内にあるがまだGlacierに移行されていない

200 OK

変更は行われません。
注:Glacierに移行されるまではオブジェクトのexpiry-dateを変更できません。

クラウド ストレージ プール バケットからGlacierに移行されている

202 Accepted

オブジェクトの一時的なコピーが、要求の本文に指定されている日数クラウド ストレージ プール バケットにリストアされます。指定された期間が過ぎると一時的なコピーは削除されますが、オブジェクトはGlacierに残ります。

バージョン管理されているバケット内のオブジェクトの特定のバージョンをリストアするには、versionIdを指定します。versionIdを指定しない場合、オブジェクトの最新バージョンがリストアされます。

リストア ジョブの所要時間(Expedited、Standard、またはBulk)を指定するには、Tier要求要素を使用します。Tierを指定しない場合、Standard階層が使用されます。

Glacierからクラウド ストレージ プール バケットにリストア中である

409 Conflict, RestoreAlreadyInProgress

クラウド ストレージ プール バケットへのリストアが完了している

200 OK

注:オブジェクトの一時的なコピーがリストアされた場合は、Daysに新しい値を指定してPOST Object restore要求を再発行することでexpiry-dateを変更できます。要求が実行された日時に基づいてリストア日が更新されます。