Swiftテナント アカウントの作成および設定

Swift APIクライアントでStorageGRIDに対してオブジェクトの格納や読み出しを行うには、Swiftテナント アカウントが必要です。それぞれのテナント アカウントには、専用のアカウントID、専用のグループとユーザ、および専用のコンテナとオブジェクトがあります。

Swiftテナント アカウントは、StorageGRIDのグリッド管理者がGrid Managerまたはグリッド管理APIを使用して作成します。

グリッド管理者は、Swiftテナント アカウントを作成する際に次の情報を指定します。
Swiftテナント アカウントを作成したら、Root Access権限を持つユーザはTenant Managerにアクセスして、次のようなタスクを実行できます。
注意:SwiftユーザがTenant Managerにアクセスするには、Root Access権限が必要です。ただしRoot Access権限では、Swift REST APIに認証してコンテナを作成したりオブジェクトを取り込んだりすることはできません。Swift REST APIに認証するにはAdministrator権限が必要です。