エンドポイントのURNの指定

エンドポイントを作成するときは、Unique Resource Name(URN)を指定する必要があります。プラットフォーム サービスの設定XMLを作成する際、URNを使用してエンドポイントを参照します。各エンドポイントのURNは一意である必要があります。

作成したエンドポイントはStorageGRIDで検証されます。エンドポイントを作成する前に、エンドポイントで指定されたリソースが存在し、アクセス可能であることを確認してください。

URN要素

次に示すように、エンドポイントのURNはarn:awsまたはurn:mysiteで始まる必要があります。
  • サービスがAWSでホストされる場合はarn:awsを使用します。
  • ローカルでホストされる場合はurn:mysiteを使用します。

たとえば、StorageGRIDでホストされるCloudMirrorエンドポイントのURNを指定する場合、URNはurn:sgwsなどで始まります。

続くURNの要素では、次のようにプラットフォーム サービスのタイプを指定します。

サービス タイプ
CloudMirrorレプリケーション s3
通知 sns
検索統合 es

たとえば、StorageGRIDでホストされるCloudMirrorエンドポイントのURNを指定する場合、s3を追加してurn:sgws:s3と指定します。

URNの最後の要素は、デスティネーションURIの特定のターゲット リソースを識別します。
サービス 特定のリソース
CloudMirrorレプリケーション bucket-name
通知 sns-topic-name
検索統合 domain-name/index-name/type-name
注:エンドポイントを作成する前に、Elasticsearchインデックスを作成する必要があります。エンドポイントはElasticsearchインデックスを使用して検証されます。タイプはオブジェクト メタデータがデスティネーションに最初に送信されるときに動的に作成されます。

AWSでホストされるサービスのURN

AWSのエンティティの場合、完全なURNは有効なAWS ARNです。次に例を示します。
  • CloudMirrorレプリケーション:
    arn:aws:s3:::bucket-name
  • 通知:
    arn:aws:sns:region:account-id:topic-name
  • 検索統合:
    arn:aws:es:region:account-id:domain/domain-name/index-name/type-name
    注:AWSの検索統合エンドポイントの場合は、domain-nameにリテラル文字列domain/を含める必要があります(上記を参照)。

ローカルでホストされるサービスのURN

ローカルでホストされるサービスの場合、URNの3番目と最後の必須要素が含まれていて、有効かつ一意なURNが作成されるのであれば、どのような方法でURNを指定してもかまいません。optionalとなっている要素は空白にすることも、リソースを識別して一意なURNの作成に役立つ任意の情報を指定することもできます。次に例を示します。
  • CloudMirrorレプリケーション:
    urn:mysite:s3:optional:optional:bucket-name
    StorageGRIDでホストされるCloudMirrorエンドポイントの場合、urn:sgwsで始まる有効なURNを指定できます。
    urn:sgws:s3:optional:optional:bucket-name
  • 通知:
    urn:mysite:sns:optional:optional:sns-topic-name
  • 検索統合:
    urn:mysite:es:optional:optional:domain-name/index-name/type-name
    注:ローカルでホストされる検索統合エンドポイントの場合、エンドポイントのURNが一意になるかぎり、domain-name要素には任意の文字列を指定できます。