テナント管理APIに対する変更

StorageGRID 11.2では、バージョン3のテナント管理APIが導入されています。バージョン3はバージョン2に代わるものですが、バージョン1とバージョン2も引き続きサポートされます。

注意:バージョン1とバージョン2の管理APIはStorageGRID 11.2で引き続き使用できますが、これらのバージョンのAPIのサポートはStorageGRIDの今後のリリースで終了する予定です。StorageGRID 11.2にアップグレードしたあとで、PUT /grid/config/management APIを使用してv1とv2のAPIを非アクティブ化することができます。

整合性レベル「default」テナント管理APIのバージョン3で廃止

テナント管理APIのバージョン3では、S3バケットまたはSwiftコンテナ用の整合性レベル「default」が廃止されました。新しいデフォルトの整合性は「read-after-new-write」です。

次の表に示すように、PUT要求では引き続き「default」を指定できます。ただし、GET要求への応答では「read-after-new-write」が返されるようになりました。

要求のタイプ テナント管理API v2での動作 テナント管理API v3での動作
PUT /org/containers/{containerName}/consistency 「default」「read-after-new-write」のどちらも指定でき、同じ整合性を実現できる。 「default」「read-after-new-write」のどちらも指定でき、同じ整合性を実現できる。
GET /org/containers/{containerName}/consistency バケットで「default」レベルまたは「read-after-new-write」レベルを使用されている場合、APIは「default」を返す。 APIは「default」ではなく「read-after-new-write」を返す。

responseTimeを省略可能としてマーク

responseTimeパラメータは、テナント管理APIのAPI Docsで誤って必須とマークされていました。このパラメータはこれまでも省略可能であり、現在は省略可能と正しくマークされています。