StorageGRIDアプライアンスのコントローラ

StorageGRIDアプライアンスのSG5712モデルとSG5760モデルには、ともにE5700SGコントローラE2800コントローラが搭載されています。次の図で、コントローラの違いを確認してください。

E5700SGコントローラ

  • アプライアンスのコンピューティング サーバとして機能します。
  • StorageGRIDアプライアンス インストーラが搭載されています。
    注:StorageGRIDソフトウェアは、アプライアンスにプリインストールされていません。このソフトウェアには、アプライアンスの導入時に管理ノードからアクセスします。
  • StorageGRIDの3つのネットワーク(グリッド ネットワーク、管理ネットワーク、クライアント ネットワーク)のすべてに接続できます。
  • E2800コントローラに接続されて、イニシエータとして機能します。

次の図は、E5700SGコントローラの背面にあるコネクタを示しています。


E5700SGコントローラのコネクタ
  ポート タイプ 用途
1 インターコネクト ポート1と2 16Gb/sファイバチャネル(FC)、光ファイバSFP+ E5700SGコントローラE2800コントローラに接続します。
2 診断とサポート用のポート
  • RJ-45シリアル ポート
  • マイクロUSBシリアル ポート
  • USBポート
テクニカル サポート専用です。
3 ドライブ拡張ポート 12Gb/s SAS 使用されません。StorageGRIDアプライアンスでは、拡張ドライブ シェルフはサポートされません。
4 ネットワーク ポート1~4 10GbEまたは25GbE(SFPトランシーバのタイプ、スイッチの速度、設定されたリンク速度を基に判断) StorageGRIDのグリッド ネットワークおよびクライアント ネットワークに接続します。
5 管理ポート1 1Gb(RJ-45)イーサネット StorageGRIDの管理ネットワークに接続します。
6 管理ポート2 1Gb(RJ-45)イーサネット オプション:
  • StorageGRIDの管理ネットワークへの冗長接続を確保するには、管理ポート1とボンディングします。
  • 一時的なローカル アクセス用(IP 169.254.0.1)に空けておくことができます。
  • DHCPによって割り当てられたIPアドレスを使用できない場合は、設置時のIP設定にポート2を使用します。

E2800コントローラ

  • アプライアンスのストレージ コントローラとして機能します。
  • ドライブ上のデータ ストレージを管理します。
  • シンプレックス モードでは標準のEシリーズ コントローラとして機能します。
  • SANtricity OSソフトウェア(コントローラ ファームウェア)を搭載しています。
  • SANtricity System Manager(アプライアンス ハードウェアの監視とアラートの管理に使用)、AutoSupport機能、およびドライブ セキュリティ機能を搭載しています。
  • E5700SGコントローラに接続されて、ターゲットとして機能します。

次の図は、E2800コントローラの背面にあるコネクタを示しています。


E2800コントローラのコネクタ
  ポート タイプ 用途
1 インターコネクト ポート1と2 16Gb/s FC光ファイバSFP+ E2800コントローラE5700SGコントローラに接続します。
2 管理ポート1と2 1Gb(RJ-45)イーサネット
  • ポート1は、ブラウザからSANtricity System Managerにアクセスするネットワークに接続されます。
  • ポート2はテクニカル サポート専用です。
3 診断とサポート用のポート
  • RJ-45シリアル ポート
  • マイクロUSBシリアル ポート
  • USBポート
テクニカル サポート専用です。
4 ドライブ拡張ポート 12Gb/s SAS 使用されません。StorageGRIDアプライアンスでは、拡張ドライブ シェルフはサポートされません。