アプライアンスのネットワーク接続の確認

StorageGRIDアプライアンスを設置する前に、アプライアンスに接続できるネットワークを確認し、各コントローラのポートがどのように使用されるかを把握する必要があります。

StorageGRIDアプライアンスのネットワーク

StorageGRIDアプライアンスをStorageGRIDグリッドのストレージ ノードとして導入する場合は、次のネットワークに接続できます。
  • StorageGRIDのグリッド ネットワーク:グリッド ネットワークは、StorageGRIDのすべての内部トラフィックに使用されます。このネットワークによって、グリッド内のすべてのノードが、すべてのサイトおよびサブネットにわたって相互に接続されます。グリッド ネットワークは必須です。
  • StorageGRIDの管理ネットワーク:システムの管理とメンテナンスに使用するクローズド ネットワークです。管理ネットワークは通常はプライベート ネットワークであり、サイト間でルーティング可能にする必要はありません。管理ネットワークはオプションです。
  • StorageGRIDのクライアント ネットワーク:クライアント アプリケーション(S3やSwiftなど)にアクセスするために使用されるオープン ネットワークです。クライアント ネットワークによってグリッドへのクライアント プロトコル アクセスが可能になるため、グリッド ネットワークを分離してセキュリティを確保できます。クライアント ネットワークはオプションです。
  • SANtricity System Managerの管理ネットワーク:このネットワークからE2800コントローラ上のSANtricity System Managerにアクセスして、アプライアンス内のハードウェア コンポーネントの監視と管理を行うことができます。この管理ネットワークは、StorageGRIDの管理ネットワークと同じにすることも、独立した管理ネットワークにすることもできます。
注:StorageGRIDのネットワークの詳細については、ご使用のプラットフォームのインストール手順を参照してください。

StorageGRIDアプライアンスの接続

StorageGRIDアプライアンスを設置するときは、2台のコントローラを相互に接続するとともに、必要なネットワークに接続する必要があります。次の図はSG5760の2台のコントローラを示しています(上がE2800コントローラで、下がE5700SGコントローラ)。SG5712では、E2800コントローラE5700SGコントローラの左側にあります。


SG5760アプライアンスの接続
  ポート ポートのタイプ 機能
1 各コントローラの2つのインターコネクト ポート

16Gb/s FC光ファイバSFP+

2台のコントローラを相互に接続します。
2 E2800コントローラの管理ポート1 1GbE(RJ-45) SANtricity System Managerにアクセスするネットワークに接続されます。StorageGRIDの管理ネットワークまたは独立した管理ネットワークを使用できます。
E2800コントローラの管理ポート2 1GbE(RJ-45) テクニカル サポート専用です。
3 E5700SGコントローラの管理ポート1 1GbE(RJ-45) E5700SGコントローラStorageGRIDの管理ネットワークに接続します。
E5700SGコントローラの管理ポート2 1GbE(RJ-45)
  • 管理ネットワークへの冗長接続が必要な場合は、管理ポート1とボンディングできます。
  • 一時的なローカル アクセス用(IP 169.254.0.1)に空けておくことができます。
  • DHCPによって割り当てられたIPアドレスを使用できない場合、設置時にE5700SGコントローラをサービス ラップトップに接続するために使用できます。
4 E5700SGコントローラの10 / 25GbEポート1~4 10GbEまたは25GbE
注:アプライアンス付属のSFP+トランシーバは、10GbEのリンク速度をサポートします。4つのネットワーク ポートで25GbEのリンク速度を使用する場合は、SFP28トランシーバを取り付ける必要があります。
StorageGRIDのグリッド ネットワークおよびクライアント ネットワークに接続します。「E5700SGコントローラでの10 / 25GbEポート接続」を参照してください。