SG6000-CNコントローラのSNMP設定

ハードウェアのSNMPの設定に精通している場合は、BMCインターフェイスを使用してSG6000-CNコントローラのSNMP設定を行うことができます。安全なコミュニティ ストリングを指定し、SNMPトラップを有効にし、SNMPの送信先を最大5つ指定できます。

開始する前に

手順

  1. BMCダッシュボードで、[Settings] > [SNMP Settings]の順に選択します。
  2. [SNMP Setting]ページで、[Enable SNMP V1/V2]チェック ボックスをオンにし、読み取り専用コミュニティ ストリングと読み取り / 書き込みコミュニティ ストリングを指定します。
    読み取り専用コミュニティ ストリングは、ユーザIDやパスワードのようなものです。侵入者がネットワーク設定に関する情報を取得できないようにするために、この値を変更する必要があります。読み取り / 書き込みコミュニティ ストリングは、デバイスを不正な変更から保護します。
  3. 必要に応じて、[Enable Trap]を選択して必要な情報を入力します。
    SG6000-CNコントローラが異常な状態になったときにSNMPコンソールに通知が送信されるようにするには、トラップを有効にします。トラップは、リンクの稼働 / 停止状況、しきい値を超す温度、トラフィックの集中などが対象です。
  4. 必要に応じて、[Send Test Trap]をクリックして設定をテストします。
  5. 設定が正しい場合は[Save]をクリックします。