E2800コントローラのSANtricity OSソフトウェアのアップグレード

コントローラが適切に機能しない場合は、E2800コントローラのSANtricity OSソフトウェアのアップグレードが必要となることがあります。

開始する前に

注意:テクニカル サポートからの指示がないかぎり、Eシリーズ コントローラのSANtricity OSソフトウェアまたはNVSRAMをアップグレードしないでください。テクニカル サポートの指示を受けずにアップグレードを行うと、StorageGRIDアプライアンスが動作しなくなる可能性があります。SANtricityのどのバージョンがお使いのアプライアンスと互換性があるかを、NetApp Interoperability Matrix Tool(IMT)を使って判断できるよう、テクニカル サポートがお手伝いします。

タスク概要

SANtricity OSソフトウェアのアップグレードを適用する前に、SG6000-CNコントローラをメンテナンス モードにして、E2800コントローラへの接続を中断する必要があります。StorageGRIDアプライアンスをメンテナンス モードにすると、アプライアンスにリモート アクセスできなくなることがあります。

注意:一度に複数のStorageGRIDアプライアンスでEシリーズ コントローラのSANtricity OSソフトウェアまたはNVSRAMをアップグレードしないでください。お使いの導入モデルやILMポリシーによっては、データを使用できなくなることがあります。

手順

  1. StorageGRIDアプライアンスをStorageGRIDシステムで実行中の場合は、SG6000-CNコントローラをメンテナンス モードにします。
    1. Grid Managerで、[Nodes]を選択します。
    2. アプライアンス ストレージ ノードを選択します。
    3. [Tasks]タブを選択します。

      アプライアンスの[Maintenance Mode]ボタン
    4. [Maintenance Mode]をクリックします。
      確認ダイアログが表示されます。
      [Maintenance Mode]確認ダイアログ
    5. プロビジョニング パスフレーズを入力し、[OK]をクリックします。
      確認メッセージに、コントローラがメンテナンス モードのときにStorageGRIDアプライアンス インストーラへのアクセスに使用できるURLが表示されます。
      [Maintenance Mode]確認メッセージのスクリーンショット
    6. コントローラがメンテナンス モードでリブートするまで数分待ちます。次に、表示されたいずれかのURLにアクセスします。
      注:可能であれば、アプライアンスの管理ネットワーク ポートのIPアドレスを含むURLを使用します。
      注:https://169.254.0.1:8443にアクセスするには、ローカル管理ポートに直接接続する必要があります。
    7. StorageGRIDアプライアンス インストーラのホーム ページでメンテナンス モードのメッセージを確認し、アプライアンスがメンテナンス モードであることを確認します。

      メンテナンス モードのメッセージ
  2. サービス ラップトップまたは管理クライアントから、SANtricity System Managerにアクセスしてサインインします。
  3. 新しいSANtricity OSソフトウェア ファイルとNVSRAMファイルを、管理クライアントにダウンロードします。
    注意:NVSRAMは、StorageGRIDアプライアンスに固有です。標準のNVSRAMダウンロードを使用しないでください。
  4. E2800 and E5700 SANtricity Software and Firmware Upgrade Guide』またはSANtricity System Managerのオンライン ヘルプに記載されている手順に従って、ファームウェアとNVSRAMをアップグレードします。
    注:アップグレード ファイルはただちにアクティブ化する必要があります。アクティブ化を先延ばしにしないでください。
  5. アップグレード処理が完了したら、アプライアンスを通常の動作モードに戻します。
    1. StorageGRIDアプライアンス インストーラで、[Advanced] > [Reboot Controller]を選択します。

      reboot controller
    2. [Reboot Controller]をクリックします。
      アプライアンスがリブートし、グリッドに再度参加します。このプロセスには20分程度かかる場合があります。
    3. Grid Managerで、アップグレードされたアプライアンス ストレージ ノードのステータスを監視します。
      ストレージ ノードが想定されるステータスに戻ったことを確認します。