SG6000-CNコントローラの電源装置の交換

SG6000-CNコントローラには、冗長性を確保するために電源装置が2つ搭載されています。どちらかの電源装置に障害が発生した場合は、コンピューティング コントローラの電源の冗長性を維持するために、できるだけ早く交換する必要があります。

開始する前に

タスク概要

次の図は、SG6000-CNコントローラの2つの電源装置を示しています。これらの装置には、コントローラの背面からアクセスできます。
2つの電源装置が搭載されているSG6000-CNの背面

手順

  1. 電源装置から電源コードを抜きます。
  2. カム ハンドルを持ち上げます。

    カム ハンドルを持ち上げてSG6000-CNのPSUを取り外す
  3. 青色のラッチを押し、電源装置を引き出します。

    SG6000-CNの電源装置の取り外し
  4. 交換用の電源装置をスライドしてシャーシに挿入します。

    電源装置をスライドするときは、青色のラッチが右側にあることを確認してください。


    電源装置をSG6000-CNにスライドして挿入する
  5. カム ハンドルを下に押して、電源装置を固定します。
  6. 電源コードを電源装置に接続し、緑色のLEDが点灯することを確認します。