StorageGRID 11.2の新機能

StorageGRID 11.2では、SAMLベースのシングル サインオンのサポート、StorageGRIDの外部にオブジェクトを格納できるクラウド ストレージ プール、[Nodes]ページの機能拡張、監査メッセージ処理の改善、およびその他の機能拡張と新機能が導入されています。

SAMLを使用したシングル サインオン(SSO)のサポート

StorageGRIDのすべてのユーザに、シングル サインオン(SSO)を使用したGrid ManagerTenant Managerグリッド管理API、またはテナント管理APIへのアクセスを要求できるようになりました。新しい実装では、Security Assertion Markup Language 2.0(SAML 2.0)規格を使用して、StorageGRIDとActive Directoryフェデレーション サービス(AD FS)間で認証および認証データをやり取りします。

StorageGRIDの管理

クラウド ストレージ プール

クラウド ストレージ プールでは、情報ライフサイクル管理(ILM)ルールを使用してStorageGRIDシステムの外部にオブジェクトを格納できます。たとえば、アクセス頻度の低いオブジェクトを低コストのAmazon Glacierストレージに移動したり、古いバージョンのオブジェクトを外部に格納してオンプレミス ストレージを解放したりすることができます。

ILMの観点では、クラウド ストレージ プールはストレージ プールに似ています。ただし、ストレージ プールはストレージ ノードまたはアーカイブ ノードで構成されますが、クラウド ストレージ プールは外部のS3バケットで構成されます。

この機能拡張の一環として、ストレージ プール用のユーザ インターフェイスが再設計されました。

StorageGRIDの管理

S3(Simple Storage Service)実装ガイド

[Nodes]ページの機能拡張

StorageGRIDの管理

監査メッセージ キューに対する変更

ストレージ ノードが監査メッセージを生成する速度がメッセージがリレーされて処理される速度よりも速い場合、時間の経過とともに監査メッセージ キューが増加します。以前のリリースでは、使用可能なディスク スペースがノードの監査メッセージ キューによって消費されると、ノードは応答しなくなり、手動で対応して解決する必要がありました。

このリリースでは、監査メッセージ キューのプロセスが次のように改善されています。
  • 管理ノード用の監査メッセージ ボリュームがいっぱいになると、ディレクトリに空きが出るまでそのノードが新しい監査メッセージを処理できないことを示すフラグが設定されます。S3およびSwiftクライアント要求には影響しません。
  • ADCサービスを使用するストレージ ノードの監査メッセージ ボリュームが92%よりもフルになると、そのノードは新しい監査メッセージを処理できなくなります。ディスク使用率が87%を下回ると、ノードは使用可能になります。他のノードに対するS3およびSwiftクライアント要求には影響しません。
  • ストレージ ノードの監査メッセージ ボリュームが85%よりもフルになると、ノードはS3およびSwiftクライアントの要求を拒否し始めます。

監査メッセージ キューのサイズを監視できるように、新しいしきい値はAudit Messages Queued(AMQS)アラームがトリガーされるタイミングを制御します。

監査メッセージ リファレンス

StorageGRIDのトラブルシューティング

新しい監査メッセージ カテゴリ

監査メッセージ カテゴリ[Protocol][Configuration] > [Audit])は、2つの新しいカテゴリ([Client Reads]および[Client Writes])に置き換えられました。クライアント読み取り処理に、クライアント書き込み処理とは異なる監査レベルを設定できるようになりました。

監査メッセージ リファレンス

Grid Managerの機能拡張

StorageGRIDの管理

Tenant Managerの機能拡張

テナント ユーザ ガイド

S3 REST APIのサポート強化

S3(Simple Storage Service)実装ガイド

StorageGRIDアプライアンスに対する変更

ハードウェア インストールおよびメンテナンス ガイド (SG6000)

ハードウェア インストールおよびメンテナンス ガイド (SG5700)

ハードウェア インストールおよびメンテナンス ガイド (SG5600)

VMWare:グリッド ネットワークでのDHCPのサポート

グリッド ネットワークで、VMware環境での動的ホスト構成プロトコル(DHCP)アドレスがサポートされるようになりました。

インストール ガイド(VMware環境向け)

NAS BridgeのFPVRは不要

NAS Bridgeのインストール ファイルとアップグレード ファイルにアクセスする際にVariance Request(FPVR)が不要になりました。StorageGRIDのダウンロード サイトからNAS Bridgeのファイルをダウンロードできます。

FPVRなしでも、NAS Bridgeでサポートされるワークロード(10MB以上のファイル)とユースケース(コールド アーカイブ)に変更はありません。

NAS Bridgeのインストールおよびセットアップ