リリース ノート
  『リリース ノート』へのリンク
  『リリース ノート』へのリンク
スタート ガイド
  グリッド入門
    StorageGRIDについて
      StorageGRIDを利用したハイブリッド クラウド
    StorageGRIDのアーキテクチャとネットワーク トポロジ
      導入トポロジ
      システム アーキテクチャ
      グリッド ノードおよびサービス
      ネットワーク トポロジ
      ネットワーク トポロジの例
        グリッド ネットワーク トポロジ
        管理ネットワーク トポロジ
        クライアント ネットワーク トポロジ
        3つのネットワークをすべて組み合わせたトポロジ
      NAS Bridgeとの統合
    StorageGRIDによるデータの管理方法
      オブジェクトとは
      オブジェクト データを保護する方法
      オブジェクトのライフサイクル
        取り込みのデータ フロー
        コピー管理
          コンテンツの保護:レプリケーション
          コンテンツの保護:イレイジャー コーディング
          コンテンツの保護:クラウド ストレージ プール
          コンテンツの保護:アーカイブ
        読み出しのデータ フロー
        削除のデータ フロー
    Grid Managerの概要
      Webブラウザの要件
      Grid Managerのダッシュボード
      [Alarms]メニュー
      [Nodes]ページ
      [Tenants]ページ
      [ILM]メニュー
      [Configuration]メニュー
      [Maintenance]メニュー
      [Support]メニュー
      [Help]メニュー
    Tenant Managerの概要
      Tenant Managerのダッシュボード
      [S3]メニュー
      [Access Control]メニュー
    StorageGRIDの使用
      ユーザ アクセスの制御
      テナントとクライアント接続の管理
      情報ライフサイクル管理によるオブジェクトの管理
      StorageGRID操作の監視
        [Nodes]ページの使用
        StorageGRIDの属性
        アラームの監視
        Prometheus指標
        アラートの監視(プレビュー)
      設定オプションの指定
      メンテナンス手順の実行
        リカバリ パッケージのダウンロード
      StorageGRIDログの収集
      AutoSupportの設定
      監査メッセージの確認
  StorageGRID用語集
    Account Service Forwarder(アカウント サービス フォワーダ)
    active-backup network bond mode(アクティブ / バックアップ ネットワーク ボンディング モード)
    ADC service(Administrative Domain Controller)(ADCサービス[管理ドメイン コントローラ])
    ADE(Asynchronous Distributed Environment)(ADE[非同期分散環境])
    Admin Network(管理ネットワーク)
    Admin Node(管理ノード)
    AMS service(Audit Management System)(AMSサービス[監査管理システム])
    ARC service(Archive)(ARCサービス[アーカイブ])
    Archive Node(アーカイブ ノード)
    audit message(監査メッセージ)
    bundle(バンドル)
    Cassandra
    CBID(Content Block Identifier)(CBID[コンテンツ ブロック識別子])
    Chunk service(チャンク サービス)
    CLB service(Connection Load Balancer)(CLBサービス[接続ロード バランサ])
    Client Network(クライアント ネットワーク)
    CloudMirror replication service(CloudMirrorレプリケーション サービス)
    Cloud Storage Pool(クラウド ストレージ プール)
    CMN service(Configuration Management Node)(CMNサービス[構成管理ノード])
    container(コンテナ)
    CSTR
    DDS service(Distributed Data Store)(DDSサービス[分散データ ストア])
    DMV service(Data Mover)(DMVサービス[Data Mover])
    dual commit(デュアル コミット)
    Dynamic IP service(動的IPサービス)
    erasure coding(イレイジャー コーディング)
    erasure coding scheme(イレイジャー コーディング方式)
    Gateway Node(ゲートウェイ ノード)
    Grid Manager
    Grid Network(グリッド ネットワーク)
    grid node(グリッド ノード)
    grid task(グリッド タスク)
    High Availability service(ハイアベイラビリティ サービス)
    Identity (idnt) service(IDサービス[idnt])
    ILM(Information Lifecycle Management)(ILM[情報ライフサイクル管理])
    ingest(取り込み)
    LACP(Link Aggregation Control Protocol)(LCAP[リンク アグリゲーション制御プロトコル])
    Load Balancer service(ロード バランサ サービス)
    LDR service(Local Distribution Router)(LDRサービス[ローカル分散ルータ])
    metadata(メタデータ)
    metadata store(メタデータ ストア)
    MISCd Information Service Control Daemon service(MISCd情報サービス制御デーモン サービス)
    NAS Bridge
    nginx service(nginxサービス)
    nginx-gw service(nginx-gwサービス)
    NMS service(Network Management System)(NMSサービス[ネットワーク管理システム])
    node ID(ノードID)
    notifications service(通知サービス)
    object(オブジェクト)
    object segmentation(オブジェクトのセグメント化)
    object storage(オブジェクト ストレージ)
    object store(オブジェクト ストア)
    Persistence service(永続化サービス)
    platform services(プラットフォーム サービス)
    primary Admin Node(プライマリ管理ノード)
    Prometheus service(Prometheusサービス)
    provisioning(プロビジョニング)
    Recovery Package(リカバリ パッケージ)
    replication(レプリケーション)
    RSM(Replicated State Machine)service(RSM[Replicated State Machine]サービス)
    search integration service(検索統合サービス)
    segment container(セグメント コンテナ)
    service(サービス)
    site(サイト)
    SSM service(Server Status Monitor)(SSMサービス[サーバ ステータス モニタ])
    Storage Node(ストレージ ノード)
    storage pool(ストレージ プール)
    synchronous placement(同期配置)
    tenant account(テナント アカウント)
    Tenant Manager
    untrusted Client Network(信頼されていないクライアント ネットワーク)
    URI(universal resource identifier)(URI[ユニバーサル リソース識別子])
    URN(universal resource name)(URN[ユニバーサル リソース名])
    UUID(Universally Unique Identifier)
    VLAN(virtual local area network)(VLAN[仮想ローカル エリア ネットワーク])
  グリッド入門
    StorageGRIDについて
      StorageGRIDを利用したハイブリッド クラウド
    StorageGRIDのアーキテクチャとネットワーク トポロジ
      導入トポロジ
      システム アーキテクチャ
      グリッド ノードおよびサービス
      ネットワーク トポロジ
      ネットワーク トポロジの例
        グリッド ネットワーク トポロジ
        管理ネットワーク トポロジ
        クライアント ネットワーク トポロジ
        3つのネットワークをすべて組み合わせたトポロジ
      NAS Bridgeとの統合
    StorageGRIDによるデータの管理方法
      オブジェクトとは
      オブジェクト データを保護する方法
      オブジェクトのライフサイクル
        取り込みのデータ フロー
        コピー管理
          コンテンツの保護:レプリケーション
          コンテンツの保護:イレイジャー コーディング
          コンテンツの保護:クラウド ストレージ プール
          コンテンツの保護:アーカイブ
        読み出しのデータ フロー
        削除のデータ フロー
    Grid Managerの概要
      Webブラウザの要件
      Grid Managerのダッシュボード
      [Alarms]メニュー
      [Nodes]ページ
      [Tenants]ページ
      [ILM]メニュー
      [Configuration]メニュー
      [Maintenance]メニュー
      [Support]メニュー
      [Help]メニュー
    Tenant Managerの概要
      Tenant Managerのダッシュボード
      [S3]メニュー
      [Access Control]メニュー
    StorageGRIDの使用
      ユーザ アクセスの制御
      テナントとクライアント接続の管理
      情報ライフサイクル管理によるオブジェクトの管理
      StorageGRID操作の監視
        [Nodes]ページの使用
        StorageGRIDの属性
        アラームの監視
        Prometheus指標
        アラートの監視(プレビュー)
      設定オプションの指定
      メンテナンス手順の実行
        リカバリ パッケージのダウンロード
      StorageGRIDログの収集
      AutoSupportの設定
      監査メッセージの確認
  StorageGRID用語集
    Account Service Forwarder(アカウント サービス フォワーダ)
    active-backup network bond mode(アクティブ / バックアップ ネットワーク ボンディング モード)
    ADC service(Administrative Domain Controller)(ADCサービス[管理ドメイン コントローラ])
    ADE(Asynchronous Distributed Environment)(ADE[非同期分散環境])
    Admin Network(管理ネットワーク)
    Admin Node(管理ノード)
    AMS service(Audit Management System)(AMSサービス[監査管理システム])
    ARC service(Archive)(ARCサービス[アーカイブ])
    Archive Node(アーカイブ ノード)
    audit message(監査メッセージ)
    bundle(バンドル)
    Cassandra
    CBID(Content Block Identifier)(CBID[コンテンツ ブロック識別子])
    Chunk service(チャンク サービス)
    CLB service(Connection Load Balancer)(CLBサービス[接続ロード バランサ])
    Client Network(クライアント ネットワーク)
    CloudMirror replication service(CloudMirrorレプリケーション サービス)
    Cloud Storage Pool(クラウド ストレージ プール)
    CMN service(Configuration Management Node)(CMNサービス[構成管理ノード])
    container(コンテナ)
    CSTR
    DDS service(Distributed Data Store)(DDSサービス[分散データ ストア])
    DMV service(Data Mover)(DMVサービス[Data Mover])
    dual commit(デュアル コミット)
    Dynamic IP service(動的IPサービス)
    erasure coding(イレイジャー コーディング)
    erasure coding scheme(イレイジャー コーディング方式)
    Gateway Node(ゲートウェイ ノード)
    Grid Manager
    Grid Network(グリッド ネットワーク)
    grid node(グリッド ノード)
    grid task(グリッド タスク)
    High Availability service(ハイアベイラビリティ サービス)
    Identity (idnt) service(IDサービス[idnt])
    ILM(Information Lifecycle Management)(ILM[情報ライフサイクル管理])
    ingest(取り込み)
    LACP(Link Aggregation Control Protocol)(LCAP[リンク アグリゲーション制御プロトコル])
    Load Balancer service(ロード バランサ サービス)
    LDR service(Local Distribution Router)(LDRサービス[ローカル分散ルータ])
    metadata(メタデータ)
    metadata store(メタデータ ストア)
    MISCd Information Service Control Daemon service(MISCd情報サービス制御デーモン サービス)
    NAS Bridge
    nginx service(nginxサービス)
    nginx-gw service(nginx-gwサービス)
    NMS service(Network Management System)(NMSサービス[ネットワーク管理システム])
    node ID(ノードID)
    notifications service(通知サービス)
    object(オブジェクト)
    object segmentation(オブジェクトのセグメント化)
    object storage(オブジェクト ストレージ)
    object store(オブジェクト ストア)
    Persistence service(永続化サービス)
    platform services(プラットフォーム サービス)
    primary Admin Node(プライマリ管理ノード)
    Prometheus service(Prometheusサービス)
    provisioning(プロビジョニング)
    Recovery Package(リカバリ パッケージ)
    replication(レプリケーション)
    RSM(Replicated State Machine)service(RSM[Replicated State Machine]サービス)
    search integration service(検索統合サービス)
    segment container(セグメント コンテナ)
    service(サービス)
    site(サイト)
    SSM service(Server Status Monitor)(SSMサービス[サーバ ステータス モニタ])
    Storage Node(ストレージ ノード)
    storage pool(ストレージ プール)
    synchronous placement(同期配置)
    tenant account(テナント アカウント)
    Tenant Manager
    untrusted Client Network(信頼されていないクライアント ネットワーク)
    URI(universal resource identifier)(URI[ユニバーサル リソース識別子])
    URN(universal resource name)(URN[ユニバーサル リソース名])
    UUID(Universally Unique Identifier)
    VLAN(virtual local area network)(VLAN[仮想ローカル エリア ネットワーク])
アプライアンス ハードウェアのインストールおよびメンテナンス
  SG1000アプライアンス インストールおよびメンテナンス
    SG1000アプライアンスの概要
    SG1000の用途
    設置の概要
    設置の準備
      設置場所の準備
      アプライアンスの開梱
      追加機器と工具の入手
      Webブラウザの要件
      ネットワークの準備
        アプライアンスのネットワーク接続の確認
          SG1000コントローラのポート ボンディング モード
            ネットワーク ボンディング モード
            管理ポートのネットワーク ボンディング モード
        ネットワークに関するガイドライン
        ネットワークのインストールとプロビジョニング
      設置情報の収集
    ハードウェアの設置
      ハードウェアの登録
      キャビネットまたはラックへのアプライアンスの設置
      アプライアンスのケーブル接続
      電源コードの接続と電源の投入
      SG1000のステータス インジケータの表示
    StorageGRID接続の設定
      StorageGRIDアプライアンス インストーラへのアクセス
      ネットワーク リンクの設定
      StorageGRIDのIPアドレスの設定
      ネットワーク接続の確認
      ポート レベルのネットワーク接続の確認
    BMCインターフェイスの設定
      BMCインターフェイスのrootパスワードの変更
      BMC管理ポートのIPアドレスの設定
      BMCインターフェイスへのアクセス
      SG1000のSNMP設定
    サービス アプライアンス ノードの導入
      プライマリ管理ノードとしてのサービス アプライアンスの導入
      ゲートウェイ ノードまたは非プライマリ管理ノードとしてのサービス アプライアンスの導入
      StorageGRIDアプライアンスのインストールの監視
    ハードウェアの設置のトラブルシューティング
      SG1000のブート時のコードの確認
      SG1000のエラー コードの確認
      ハードウェアのセットアップがハングした場合
      接続に関する問題のトラブルシューティング
        アプライアンスに接続できない
      StorageGRIDアプライアンス インストーラ実行中のSG1000のリブート
    SG1000アプライアンスのメンテナンス
      SG1000の交換
      SG1000の電源装置の交換
      SG1000のファンの交換
      SG1000のドライブの交換
      SG1000のリンク設定の変更
  SG6000アプライアンス インストールおよびメンテナンス
    SG6000アプライアンスの概要
      SG6060の概要
      SGF6024の概要
      SG6000アプライアンスのコントローラ
    設置の概要
    設置の準備
      設置場所の準備
      アプライアンスの開梱
      追加機器と工具の入手
      Webブラウザの要件
      アプライアンスのネットワーク接続の確認
        SG6000-CNコントローラのポート ボンディング モード
          10 / 25GbEポートのネットワーク ボンディング モード
          1GbE管理ポートのネットワーク ボンディング モード
      設置情報の収集
    ハードウェアの設置
      ハードウェアの登録
      SG6060:キャビネットまたはラックへの60ドライブ シェルフの設置
      SG6060:ドライブの取り付け
      SGF6024:キャビネットまたはラックへの24ドライブ シェルフの設置
      SG6000-CN:キャビネットまたはラックへの設置
      アプライアンスのケーブル接続
      SG6060:オプションの拡張シェルフのケーブル接続
      電源コードの接続と電源の投入
      SG6000-CNコントローラのステータス インジケータとボタンの表示
      ストレージ コントローラのブート時のステータス コードの確認
    ハードウェアの設定
      StorageGRID接続の設定
        StorageGRIDアプライアンス インストーラへのアクセス
        ネットワーク リンクの設定
        StorageGRIDのIPアドレスの設定
        ネットワーク接続の確認
        ポート レベルのネットワーク接続の確認
      SANtricity System Managerの設定
        ストレージ コントローラのIPアドレスの設定
        SANtricity System Managerへのアクセス
        SANtricity System Managerのセットアップ
        SANtricity System Managerでのハードウェア ステータスの確認
      BMCインターフェイスの設定
        BMCインターフェイスのrootパスワードの変更
        BMC管理ポートのIPアドレスの設定
        BMCインターフェイスへのアクセス
        SG6000-CNコントローラのSNMP設定
      オプション:RAIDモードの変更
      オプション:アプライアンスに対するネットワーク ポートの再マッピング
    次の手順
    ハードウェアの設置のトラブルシューティング
      SG6000-CNコントローラのブート時のコードの確認
      SG6000-CNコントローラのエラー コードの確認
      ハードウェアのセットアップがハングした場合
      接続に関する問題のトラブルシューティング
        アプライアンスに接続できない
        拡張シェルフがアプライアンス インストーラに表示されない
      StorageGRIDアプライアンス インストーラ実行中のSG6000-CNコントローラのリブート
    SG6000アプライアンスのメンテナンス
      ストレージ コントローラのSANtricity OSソフトウェアのアップグレード
      ストレージ コントローラの交換
      ストレージ コントローラ シェルフのハードウェア コンポーネントの交換
      オプションの60ドライブ拡張シェルフのハードウェア コンポーネントの交換
      SG6000-CNコントローラの交換
      SG6000-CNコントローラの電源装置の交換
      SG6000-CNコントローラのリンク設定の変更
  Link to SG5700 quick install and setup
  SG5700アプライアンス インストールおよびメンテナンス
    StorageGRIDアプライアンスの概要
      StorageGRIDアプライアンスのコントローラ
    インストールの概要
    インストールの準備
      設置場所の準備
      アプライアンスの開梱
      追加機器と工具の入手
      Webブラウザの要件
      アプライアンスのネットワーク接続の確認
        E5700SGコントローラ ポートのポート ボンディング モード
          10 / 25GbEポートのネットワーク ボンディング モード
          1GbE管理ポートのネットワーク ボンディング モード
      設置情報の収集
    ハードウェアの設置
      ハードウェアの登録
      キャビネットまたはラックへのアプライアンスの設置
      アプライアンスのケーブル接続
      電源コードの接続と電源の投入
      ブート時のステータス コードの確認
        E5700SGコントローラのステータス インジケータ
    ハードウェアの設定
      StorageGRID接続の設定
        StorageGRIDアプライアンス インストーラへのアクセス
        ネットワーク リンクの設定
        IPの設定
        ネットワーク接続の確認
        ポート レベルのネットワーク接続の確認
      SANtricity System Managerへのアクセスと設定
        E2800管理ポートのIPアドレスの設定
        SANtricity System Managerへのアクセス
        SANtricity System Managerのセットアップ
        SANtricity System Managerでのハードウェア ステータスの確認
      オプション:RAIDモードの変更(SG5760のみ)
      オプション:アプライアンスに対するネットワーク ポートの再マッピング
    次の手順
    ハードウェアの設置のトラブルシューティング
      ハードウェアのセットアップがハングしたように見える
        HEエラー:SANtricity OSソフトウェアとの同期エラー
      接続に関する問題のトラブルシューティング
        アプライアンスに接続できない
      StorageGRIDアプライアンス インストーラの実行中に行うコントローラのリブート
    SG5700アプライアンスのメンテナンス
      E2800コントローラのSANtricity OSソフトウェアのアップグレード
      E2800コントローラの交換
      E5700SGコントローラの交換
      その他のハードウェア コンポーネントの交換
      E5700SGコントローラのリンク設定の変更
  SG5600アプライアンス インストールおよびメンテナンス
    StorageGRIDアプライアンスの概要
      StorageGRIDアプライアンスの特長
      ハードウェアの構成図
    インストールの概要
    設置の準備
      設置場所の準備
      アプライアンスの開梱
      追加機器と工具の入手
      サービス ラップトップの要件
      Webブラウザの要件
      アプライアンスのネットワーク接続の確認
        E5600SGコントローラ ポートのポート ボンディング モード
          10GbEポートのネットワーク ボンディング モード
          1GbE管理ポートのネットワーク ボンディング モード
      設置情報の収集
    ハードウェアの設置
      ハードウェアの登録
      キャビネットまたはラックへのアプライアンスの設置
      アプライアンスのケーブル接続
      AC電源コードの接続
      電源の投入
      コントローラのブート時のステータス コードとエラー コードの確認
        E5600SGコントローラのデジタル表示ディスプレイのコード
    ハードウェアの設定
      StorageGRID接続の設定
        StorageGRIDアプライアンス インストーラへのアクセス
        ネットワーク リンクの設定
        IPの設定
        ネットワーク接続の確認
        ポート レベルのネットワーク接続の確認
      SANtricity Storage Managerの設定
        E2700コントローラのIPアドレスの設定
        SANtricity Storage Managerへのアプライアンスの追加
        SANtricity Storage Managerのセットアップ
          AutoSupportの設定
          AutoSupportの送信の確認
          EメールおよびSNMPトラップのアラート通知の設定
          SANtricity Storage Manager用のパスワード設定
      オプション:RAID 6モードへの変更(SG5660のみ)
      オプション:アプライアンスに対するネットワーク ポートの再マッピング
    次の手順
    ハードウェアの設置のトラブルシューティング
      ハードウェアのセットアップがハングしたように見える
        HEエラー:SANtricity OSソフトウェアとの同期エラー
      接続に関する問題のトラブルシューティング
        StorageGRIDアプライアンスにネットワーク経由で接続できない
      StorageGRIDアプライアンス インストーラの実行中に行うコントローラのリブート
    SG5600アプライアンスのメンテナンス
      E2700コントローラのSANtricity OSソフトウェアのアップグレード
      E2700コントローラの交換
      E5600SGコントローラの交換
      その他のハードウェア コンポーネントの交換
      E5600SGコントローラのリンク設定の変更
  SG1000アプライアンス インストールおよびメンテナンス
    SG1000アプライアンスの概要
    SG1000の用途
    設置の概要
    設置の準備
      設置場所の準備
      アプライアンスの開梱
      追加機器と工具の入手
      Webブラウザの要件
      ネットワークの準備
        アプライアンスのネットワーク接続の確認
          SG1000コントローラのポート ボンディング モード
            ネットワーク ボンディング モード
            管理ポートのネットワーク ボンディング モード
        ネットワークに関するガイドライン
        ネットワークのインストールとプロビジョニング
      設置情報の収集
    ハードウェアの設置
      ハードウェアの登録
      キャビネットまたはラックへのアプライアンスの設置
      アプライアンスのケーブル接続
      電源コードの接続と電源の投入
      SG1000のステータス インジケータの表示
    StorageGRID接続の設定
      StorageGRIDアプライアンス インストーラへのアクセス
      ネットワーク リンクの設定
      StorageGRIDのIPアドレスの設定
      ネットワーク接続の確認
      ポート レベルのネットワーク接続の確認
    BMCインターフェイスの設定
      BMCインターフェイスのrootパスワードの変更
      BMC管理ポートのIPアドレスの設定
      BMCインターフェイスへのアクセス
      SG1000のSNMP設定
    サービス アプライアンス ノードの導入
      プライマリ管理ノードとしてのサービス アプライアンスの導入
      ゲートウェイ ノードまたは非プライマリ管理ノードとしてのサービス アプライアンスの導入
      StorageGRIDアプライアンスのインストールの監視
    ハードウェアの設置のトラブルシューティング
      SG1000のブート時のコードの確認
      SG1000のエラー コードの確認
      ハードウェアのセットアップがハングした場合
      接続に関する問題のトラブルシューティング
        アプライアンスに接続できない
      StorageGRIDアプライアンス インストーラ実行中のSG1000のリブート
    SG1000アプライアンスのメンテナンス
      SG1000の交換
      SG1000の電源装置の交換
      SG1000のファンの交換
      SG1000のドライブの交換
      SG1000のリンク設定の変更
  SG6000アプライアンス インストールおよびメンテナンス
    SG6000アプライアンスの概要
      SG6060の概要
      SGF6024の概要
      SG6000アプライアンスのコントローラ
    設置の概要
    設置の準備
      設置場所の準備
      アプライアンスの開梱
      追加機器と工具の入手
      Webブラウザの要件
      アプライアンスのネットワーク接続の確認
        SG6000-CNコントローラのポート ボンディング モード
          10 / 25GbEポートのネットワーク ボンディング モード
          1GbE管理ポートのネットワーク ボンディング モード
      設置情報の収集
    ハードウェアの設置
      ハードウェアの登録
      SG6060:キャビネットまたはラックへの60ドライブ シェルフの設置
      SG6060:ドライブの取り付け
      SGF6024:キャビネットまたはラックへの24ドライブ シェルフの設置
      SG6000-CN:キャビネットまたはラックへの設置
      アプライアンスのケーブル接続
      SG6060:オプションの拡張シェルフのケーブル接続
      電源コードの接続と電源の投入
      SG6000-CNコントローラのステータス インジケータとボタンの表示
      ストレージ コントローラのブート時のステータス コードの確認
    ハードウェアの設定
      StorageGRID接続の設定
        StorageGRIDアプライアンス インストーラへのアクセス
        ネットワーク リンクの設定
        StorageGRIDのIPアドレスの設定
        ネットワーク接続の確認
        ポート レベルのネットワーク接続の確認
      SANtricity System Managerの設定
        ストレージ コントローラのIPアドレスの設定
        SANtricity System Managerへのアクセス
        SANtricity System Managerのセットアップ
        SANtricity System Managerでのハードウェア ステータスの確認
      BMCインターフェイスの設定
        BMCインターフェイスのrootパスワードの変更
        BMC管理ポートのIPアドレスの設定
        BMCインターフェイスへのアクセス
        SG6000-CNコントローラのSNMP設定
      オプション:RAIDモードの変更
      オプション:アプライアンスに対するネットワーク ポートの再マッピング
    次の手順
    ハードウェアの設置のトラブルシューティング
      SG6000-CNコントローラのブート時のコードの確認
      SG6000-CNコントローラのエラー コードの確認
      ハードウェアのセットアップがハングした場合
      接続に関する問題のトラブルシューティング
        アプライアンスに接続できない
        拡張シェルフがアプライアンス インストーラに表示されない
      StorageGRIDアプライアンス インストーラ実行中のSG6000-CNコントローラのリブート
    SG6000アプライアンスのメンテナンス
      ストレージ コントローラのSANtricity OSソフトウェアのアップグレード
      ストレージ コントローラの交換
      ストレージ コントローラ シェルフのハードウェア コンポーネントの交換
      オプションの60ドライブ拡張シェルフのハードウェア コンポーネントの交換
      SG6000-CNコントローラの交換
      SG6000-CNコントローラの電源装置の交換
      SG6000-CNコントローラのリンク設定の変更
  Link to SG5700 quick install and setup
  SG5700アプライアンス インストールおよびメンテナンス
    StorageGRIDアプライアンスの概要
      StorageGRIDアプライアンスのコントローラ
    インストールの概要
    インストールの準備
      設置場所の準備
      アプライアンスの開梱
      追加機器と工具の入手
      Webブラウザの要件
      アプライアンスのネットワーク接続の確認
        E5700SGコントローラ ポートのポート ボンディング モード
          10 / 25GbEポートのネットワーク ボンディング モード
          1GbE管理ポートのネットワーク ボンディング モード
      設置情報の収集
    ハードウェアの設置
      ハードウェアの登録
      キャビネットまたはラックへのアプライアンスの設置
      アプライアンスのケーブル接続
      電源コードの接続と電源の投入
      ブート時のステータス コードの確認
        E5700SGコントローラのステータス インジケータ
    ハードウェアの設定
      StorageGRID接続の設定
        StorageGRIDアプライアンス インストーラへのアクセス
        ネットワーク リンクの設定
        IPの設定
        ネットワーク接続の確認
        ポート レベルのネットワーク接続の確認
      SANtricity System Managerへのアクセスと設定
        E2800管理ポートのIPアドレスの設定
        SANtricity System Managerへのアクセス
        SANtricity System Managerのセットアップ
        SANtricity System Managerでのハードウェア ステータスの確認
      オプション:RAIDモードの変更(SG5760のみ)
      オプション:アプライアンスに対するネットワーク ポートの再マッピング
    次の手順
    ハードウェアの設置のトラブルシューティング
      ハードウェアのセットアップがハングしたように見える
        HEエラー:SANtricity OSソフトウェアとの同期エラー
      接続に関する問題のトラブルシューティング
        アプライアンスに接続できない
      StorageGRIDアプライアンス インストーラの実行中に行うコントローラのリブート
    SG5700アプライアンスのメンテナンス
      E2800コントローラのSANtricity OSソフトウェアのアップグレード
      E2800コントローラの交換
      E5700SGコントローラの交換
      その他のハードウェア コンポーネントの交換
      E5700SGコントローラのリンク設定の変更
  SG5600アプライアンス インストールおよびメンテナンス
    StorageGRIDアプライアンスの概要
      StorageGRIDアプライアンスの特長
      ハードウェアの構成図
    インストールの概要
    設置の準備
      設置場所の準備
      アプライアンスの開梱
      追加機器と工具の入手
      サービス ラップトップの要件
      Webブラウザの要件
      アプライアンスのネットワーク接続の確認
        E5600SGコントローラ ポートのポート ボンディング モード
          10GbEポートのネットワーク ボンディング モード
          1GbE管理ポートのネットワーク ボンディング モード
      設置情報の収集
    ハードウェアの設置
      ハードウェアの登録
      キャビネットまたはラックへのアプライアンスの設置
      アプライアンスのケーブル接続
      AC電源コードの接続
      電源の投入
      コントローラのブート時のステータス コードとエラー コードの確認
        E5600SGコントローラのデジタル表示ディスプレイのコード
    ハードウェアの設定
      StorageGRID接続の設定
        StorageGRIDアプライアンス インストーラへのアクセス
        ネットワーク リンクの設定
        IPの設定
        ネットワーク接続の確認
        ポート レベルのネットワーク接続の確認
      SANtricity Storage Managerの設定
        E2700コントローラのIPアドレスの設定
        SANtricity Storage Managerへのアプライアンスの追加
        SANtricity Storage Managerのセットアップ
          AutoSupportの設定
          AutoSupportの送信の確認
          EメールおよびSNMPトラップのアラート通知の設定
          SANtricity Storage Manager用のパスワード設定
      オプション:RAID 6モードへの変更(SG5660のみ)
      オプション:アプライアンスに対するネットワーク ポートの再マッピング
    次の手順
    ハードウェアの設置のトラブルシューティング
      ハードウェアのセットアップがハングしたように見える
        HEエラー:SANtricity OSソフトウェアとの同期エラー
      接続に関する問題のトラブルシューティング
        StorageGRIDアプライアンスにネットワーク経由で接続できない
      StorageGRIDアプライアンス インストーラの実行中に行うコントローラのリブート
    SG5600アプライアンスのメンテナンス
      E2700コントローラのSANtricity OSソフトウェアのアップグレード
      E2700コントローラの交換
      E5600SGコントローラの交換
      その他のハードウェア コンポーネントの交換
      E5600SGコントローラのリンク設定の変更
ソフトウェアのインストールおよびアップグレード
  Red Hat Enterprise LinuxまたはCentOSへのインストール
    インストールの概要
    計画と準備
      前提要件
      StorageGRIDインストール ファイルのダウンロードと展開
      ハードウェア要件
      ネットワーク要件
        ネットワーク モデル
        ネットワークに関するガイドライン
        ネットワークのインストールとプロビジョニング
        ホストのネットワーク構成
        導入ツール
        内部でのグリッド ノードの通信
        外部との通信
        プラットフォーム サービスおよびクラウド ストレージ プール用のネットワークとポート
      ストレージ要件
      ノード コンテナの移行要件
      Webブラウザの要件
      ホストの準備
        Linuxのインストール
        ホスト ネットワークの設定
          例1:物理NICまたは仮想NICへの1対1のマッピング
          例2:LACPボンドを使用したVLANの伝送
        ホスト ストレージの設定
        Dockerのインストール
        StorageGRIDホスト サービスのインストール
    グリッド ノードの導入
      仮想グリッド ノードの導入
        ノード構成ファイルの作成
          グリッド ノードによるプライマリ管理ノードの検出
          ノード構成ファイルの例
        StorageGRIDの設定の検証
        StorageGRIDホスト サービスの開始
      アプライアンス プライマリ管理ノードの導入
      ストレージ ノード、ゲートウェイ ノード、または非プライマリ管理ノードの導入
      StorageGRIDアプライアンスのインストールの監視
    グリッドの設定とインストールの完了
      Grid Managerへの移動
      StorageGRIDライセンス情報の指定
      サイトの追加
      グリッド ネットワークのサブネットの指定
      保留中のグリッド ノードの承認
      NTPサーバ情報の指定
      DNSサーバ情報の指定
      StorageGRIDシステムのパスワードの指定
      設定の確認とインストールの完了
    インストールの自動化
      StorageGRIDホスト サービスのインストールと設定の自動化
      アプライアンス ストレージ ノードの設定とインストールの自動化
      StorageGRIDの設定の自動化
    インストールREST APIの概要
    次の手順
    インストールに関する問題のトラブルシューティング
    /etc/sysconfig/network-scriptsの例
  UbuntuまたはDebianへのインストール
    インストールの概要
    計画と準備
      前提要件
      StorageGRIDインストール ファイルのダウンロードと展開
      ハードウェア要件
      ネットワーク要件
        ネットワーク モデル
        ネットワークに関するガイドライン
        ネットワークのインストールとプロビジョニング
        ホストのネットワーク構成
        導入ツール
        内部でのグリッド ノードの通信
        外部との通信
        プラットフォーム サービスおよびクラウド ストレージ プール用のネットワークとポート
      ストレージ要件
      ノード コンテナの移行要件
      Webブラウザの要件
      ホストの準備
        Linuxのインストール
        AppArmorプロファイルのインストールの概要
        ホスト ネットワークの設定
          例1:物理NICまたは仮想NICへの1対1のマッピング
          例2:LACPボンドを使用したVLANの伝送
        ホスト ストレージの設定
        Dockerストレージ ボリュームの設定
        Dockerのインストール
        StorageGRIDホスト サービスのインストール
    グリッド ノードの導入
      仮想グリッド ノードの導入
        ノード構成ファイルの作成
          グリッド ノードによるプライマリ管理ノードの検出
          ノード構成ファイルの例
        StorageGRIDの設定の検証
        StorageGRIDホスト サービスの開始
      アプライアンス プライマリ管理ノードの導入
      ストレージ ノード、ゲートウェイ ノード、または非プライマリ管理ノードの導入
      StorageGRIDアプライアンスのインストールの監視
    グリッドの設定とインストールの完了
      Grid Managerへの移動
      StorageGRIDライセンス情報の指定
      サイトの追加
      グリッド ネットワークのサブネットの指定
      保留中のグリッド ノードの承認
      NTPサーバ情報の指定
      DNSサーバ情報の指定
      StorageGRIDシステムのパスワードの指定
      設定の確認とインストールの完了
    インストールの自動化
      StorageGRIDホスト サービスのインストールと設定の自動化
      アプライアンス ストレージ ノードの設定とインストールの自動化
      StorageGRIDの設定の自動化
    インストールREST APIの概要
    次の手順
    インストールに関する問題のトラブルシューティング
    /etc/network/interfacesのサンプル
  VMwareへのインストール
    インストールの概要
    計画と準備
      前提要件
      StorageGRIDインストール ファイルのダウンロードと展開
      ハードウェア要件
      ソフトウェア要件
      仮想マシンの要件
      ネットワーク要件
        ネットワーク モデル
        ネットワークに関するガイドライン
        ネットワークのインストールとプロビジョニング
        内部でのグリッド ノードの通信
        外部との通信
        プラットフォーム サービスおよびクラウド ストレージ プール用のネットワークとポート
      ストレージとパフォーマンスの要件
      Webブラウザの要件
    グリッド ノードの導入
      VMware vSphere Web Clientでの仮想マシン グリッド ノードの導入
        導入環境に関する情報の収集
          グリッド ノードによるプライマリ管理ノードの検出
        プライマリ管理ノード仮想マシンの導入
        グリッド ノード仮想マシンの追加導入
      アプライアンス プライマリ管理ノードの導入
      ストレージ ノード、ゲートウェイ ノード、または非プライマリ管理ノードの導入
      StorageGRIDアプライアンスのインストールの監視
    グリッドの設定とインストールの完了
      Grid Managerへの移動
      StorageGRIDライセンス情報の指定
      サイトの追加
      グリッド ネットワークのサブネットの指定
      保留中のグリッド ノードの承認
      NTPサーバ情報の指定
      DNSサーバ情報の指定
      StorageGRIDシステムのパスワードの指定
      設定の確認とインストールの完了
    インストールの自動化
      VMware vSphereへのグリッド ノード導入の自動化
        導入用構成ファイルの定義
          構成ファイルの設定
        Bashスクリプトの実行
      StorageGRIDの設定の自動化
      アプライアンス ストレージ ノードの設定とインストールの自動化
    インストールREST APIの概要
    次の手順
    インストールに関する問題のトラブルシューティング
      仮想マシンのリソース リザベーションの調整が必要である場合
  StorageGRIDのアップグレード
    StorageGRID 11.3について
      StorageGRID 11.3の新機能
      削除または廃止された機能
      グリッド管理APIに対する変更
      テナント管理APIに対する変更
    アップグレードの計画と準備
      アップグレード所要時間の見積もり
      アップグレード時にシステムが受ける影響
      アップグレードによるグループおよびユーザ アカウントへの影響
      インストールされているStorageGRIDバージョンの確認
      ソフトウェア アップグレードの前提要件の準備
        Webブラウザの要件
      StorageGRIDアップグレード ファイルのダウンロード
      リカバリ パッケージのダウンロード
      ソフトウェア アップグレード前のシステム状態の確認
    アップグレードの実行
      アップグレードの開始
      グリッド ノードのアップグレードとすべてのアップグレードの完了
      アップグレードの完了確認
    アップグレード問題のトラブルシューティング
      ユーザ インターフェイスに関する問題
      「Dockerイメージの可用性チェック」 エラー メッセージ
  NAS Bridgeのインストールおよびセットアップ
    StorageGRID NAS Bridgeの概要
      NAS Bridgeのシステム アーキテクチャ
      NAS Bridgeの機能とメリット
      Webブラウザの要件
    インストールと設定のワークフロー
    導入の計画と準備
      導入ガイドライン
      導入環境について収集する情報
    StorageGRID NAS Bridgeのインストール
      仮想マシン ファイルのダウンロード
      仮想マシンの導入
    NAS Bridgeの初期設定の実行
      デフォルト アカウントを使用したNAS Bridgeへのサインイン
      Web管理者アカウントの保護
      CLI管理者アカウントの保護
      論理インターフェイスの作成
        NAS Bridgeへのネットワーク インターフェイスの追加
        NAS Bridgeへの論理インターフェイスとルートの追加
      DNSおよびNTPサービスの追加
      Active Directoryサーバの追加
      ルート証明書のインストール
      StorageGRIDエンドポイントの定義
      Eメール サーバの追加
      通知の追加
      プロキシの設定
      リカバリ パッケージのエクスポート
    StorageGRID NAS Bridgeの管理における次のステップ
      ドキュメントとWebリソース
    障害発生時のNAS Bridgeの再インストール
  Red Hat Enterprise LinuxまたはCentOSへのインストール
    インストールの概要
    計画と準備
      前提要件
      StorageGRIDインストール ファイルのダウンロードと展開
      ハードウェア要件
      ネットワーク要件
        ネットワーク モデル
        ネットワークに関するガイドライン
        ネットワークのインストールとプロビジョニング
        ホストのネットワーク構成
        導入ツール
        内部でのグリッド ノードの通信
        外部との通信
        プラットフォーム サービスおよびクラウド ストレージ プール用のネットワークとポート
      ストレージ要件
      ノード コンテナの移行要件
      Webブラウザの要件
      ホストの準備
        Linuxのインストール
        ホスト ネットワークの設定
          例1:物理NICまたは仮想NICへの1対1のマッピング
          例2:LACPボンドを使用したVLANの伝送
        ホスト ストレージの設定
        Dockerのインストール
        StorageGRIDホスト サービスのインストール
    グリッド ノードの導入
      仮想グリッド ノードの導入
        ノード構成ファイルの作成
          グリッド ノードによるプライマリ管理ノードの検出
          ノード構成ファイルの例
        StorageGRIDの設定の検証
        StorageGRIDホスト サービスの開始
      アプライアンス プライマリ管理ノードの導入
      ストレージ ノード、ゲートウェイ ノード、または非プライマリ管理ノードの導入
      StorageGRIDアプライアンスのインストールの監視
    グリッドの設定とインストールの完了
      Grid Managerへの移動
      StorageGRIDライセンス情報の指定
      サイトの追加
      グリッド ネットワークのサブネットの指定
      保留中のグリッド ノードの承認
      NTPサーバ情報の指定
      DNSサーバ情報の指定
      StorageGRIDシステムのパスワードの指定
      設定の確認とインストールの完了
    インストールの自動化
      StorageGRIDホスト サービスのインストールと設定の自動化
      アプライアンス ストレージ ノードの設定とインストールの自動化
      StorageGRIDの設定の自動化
    インストールREST APIの概要
    次の手順
    インストールに関する問題のトラブルシューティング
    /etc/sysconfig/network-scriptsの例
  UbuntuまたはDebianへのインストール
    インストールの概要
    計画と準備
      前提要件
      StorageGRIDインストール ファイルのダウンロードと展開
      ハードウェア要件
      ネットワーク要件
        ネットワーク モデル
        ネットワークに関するガイドライン
        ネットワークのインストールとプロビジョニング
        ホストのネットワーク構成
        導入ツール
        内部でのグリッド ノードの通信
        外部との通信
        プラットフォーム サービスおよびクラウド ストレージ プール用のネットワークとポート
      ストレージ要件
      ノード コンテナの移行要件
      Webブラウザの要件
      ホストの準備
        Linuxのインストール
        AppArmorプロファイルのインストールの概要
        ホスト ネットワークの設定
          例1:物理NICまたは仮想NICへの1対1のマッピング
          例2:LACPボンドを使用したVLANの伝送
        ホスト ストレージの設定
        Dockerストレージ ボリュームの設定
        Dockerのインストール
        StorageGRIDホスト サービスのインストール
    グリッド ノードの導入
      仮想グリッド ノードの導入
        ノード構成ファイルの作成
          グリッド ノードによるプライマリ管理ノードの検出
          ノード構成ファイルの例
        StorageGRIDの設定の検証
        StorageGRIDホスト サービスの開始
      アプライアンス プライマリ管理ノードの導入
      ストレージ ノード、ゲートウェイ ノード、または非プライマリ管理ノードの導入
      StorageGRIDアプライアンスのインストールの監視
    グリッドの設定とインストールの完了
      Grid Managerへの移動
      StorageGRIDライセンス情報の指定
      サイトの追加
      グリッド ネットワークのサブネットの指定
      保留中のグリッド ノードの承認
      NTPサーバ情報の指定
      DNSサーバ情報の指定
      StorageGRIDシステムのパスワードの指定
      設定の確認とインストールの完了
    インストールの自動化
      StorageGRIDホスト サービスのインストールと設定の自動化
      アプライアンス ストレージ ノードの設定とインストールの自動化
      StorageGRIDの設定の自動化
    インストールREST APIの概要
    次の手順
    インストールに関する問題のトラブルシューティング
    /etc/network/interfacesのサンプル
  VMwareへのインストール
    インストールの概要
    計画と準備
      前提要件
      StorageGRIDインストール ファイルのダウンロードと展開
      ハードウェア要件
      ソフトウェア要件
      仮想マシンの要件
      ネットワーク要件
        ネットワーク モデル
        ネットワークに関するガイドライン
        ネットワークのインストールとプロビジョニング
        内部でのグリッド ノードの通信
        外部との通信
        プラットフォーム サービスおよびクラウド ストレージ プール用のネットワークとポート
      ストレージとパフォーマンスの要件
      Webブラウザの要件
    グリッド ノードの導入
      VMware vSphere Web Clientでの仮想マシン グリッド ノードの導入
        導入環境に関する情報の収集
          グリッド ノードによるプライマリ管理ノードの検出
        プライマリ管理ノード仮想マシンの導入
        グリッド ノード仮想マシンの追加導入
      アプライアンス プライマリ管理ノードの導入
      ストレージ ノード、ゲートウェイ ノード、または非プライマリ管理ノードの導入
      StorageGRIDアプライアンスのインストールの監視
    グリッドの設定とインストールの完了
      Grid Managerへの移動
      StorageGRIDライセンス情報の指定
      サイトの追加
      グリッド ネットワークのサブネットの指定
      保留中のグリッド ノードの承認
      NTPサーバ情報の指定
      DNSサーバ情報の指定
      StorageGRIDシステムのパスワードの指定
      設定の確認とインストールの完了
    インストールの自動化
      VMware vSphereへのグリッド ノード導入の自動化
        導入用構成ファイルの定義
          構成ファイルの設定
        Bashスクリプトの実行
      StorageGRIDの設定の自動化
      アプライアンス ストレージ ノードの設定とインストールの自動化
    インストールREST APIの概要
    次の手順
    インストールに関する問題のトラブルシューティング
      仮想マシンのリソース リザベーションの調整が必要である場合
  StorageGRIDのアップグレード
    StorageGRID 11.3について
      StorageGRID 11.3の新機能
      削除または廃止された機能
      グリッド管理APIに対する変更
      テナント管理APIに対する変更
    アップグレードの計画と準備
      アップグレード所要時間の見積もり
      アップグレード時にシステムが受ける影響
      アップグレードによるグループおよびユーザ アカウントへの影響
      インストールされているStorageGRIDバージョンの確認
      ソフトウェア アップグレードの前提要件の準備
        Webブラウザの要件
      StorageGRIDアップグレード ファイルのダウンロード
      リカバリ パッケージのダウンロード
      ソフトウェア アップグレード前のシステム状態の確認
    アップグレードの実行
      アップグレードの開始
      グリッド ノードのアップグレードとすべてのアップグレードの完了
      アップグレードの完了確認
    アップグレード問題のトラブルシューティング
      ユーザ インターフェイスに関する問題
      「Dockerイメージの可用性チェック」 エラー メッセージ
  NAS Bridgeのインストールおよびセットアップ
    StorageGRID NAS Bridgeの概要
      NAS Bridgeのシステム アーキテクチャ
      NAS Bridgeの機能とメリット
      Webブラウザの要件
    インストールと設定のワークフロー
    導入の計画と準備
      導入ガイドライン
      導入環境について収集する情報
    StorageGRID NAS Bridgeのインストール
      仮想マシン ファイルのダウンロード
      仮想マシンの導入
    NAS Bridgeの初期設定の実行
      デフォルト アカウントを使用したNAS Bridgeへのサインイン
      Web管理者アカウントの保護
      CLI管理者アカウントの保護
      論理インターフェイスの作成
        NAS Bridgeへのネットワーク インターフェイスの追加
        NAS Bridgeへの論理インターフェイスとルートの追加
      DNSおよびNTPサービスの追加
      Active Directoryサーバの追加
      ルート証明書のインストール
      StorageGRIDエンドポイントの定義
      Eメール サーバの追加
      通知の追加
      プロキシの設定
      リカバリ パッケージのエクスポート
    StorageGRID NAS Bridgeの管理における次のステップ
      ドキュメントとWebリソース
    障害発生時のNAS Bridgeの再インストール
システム管理の実行
  StorageGRIDの管理
    StorageGRIDシステムの管理
      Webブラウザの要件
      Grid Managerへのサインイン
      Grid Managerからのサインアウト
      パスワードの変更
      ブラウザ セッションのタイムアウトの変更
      StorageGRIDライセンス情報の表示
      StorageGRIDライセンス情報の更新
      グリッド管理APIの使用
        グリッド管理APIの処理
        API要求の実行
        グリッド管理APIのバージョン管理
        クロスサイト リクエスト フォージェリ(CSRF)の防止
        シングル サインオンが有効な場合のAPIの使用
          シングル サインオンが有効な場合のAPIへのサインイン
          シングル サインオンが有効な場合のAPIからのサインアウト
    StorageGRIDを管理できるユーザの制御
      ファイアウォールによるアクセス制御
      アイデンティティ フェデレーションの使用
        アイデンティティ フェデレーションの設定
          OpenLDAPサーバの設定に関するガイドライン
        アイデンティティ ソースとの強制同期
        アイデンティティ フェデレーションの無効化
      管理者グループの管理
        管理者グループの作成
        管理者グループの権限
          グリッド管理APIからの機能の非アクティブ化
        管理者グループの変更
        管理者グループの削除
      ローカル ユーザの管理
        ローカル ユーザの作成
        ローカル ユーザ アカウントの変更
        ローカル ユーザ アカウントの削除
        ローカル ユーザのパスワードの変更
      StorageGRIDでのシングル サインオン(SSO)の使用
        シングル サインオンの仕組み
          SSOが有効な場合のサインイン
          SSOが有効な場合のサインアウト
        シングル サインオンの使用要件
        シングル サインオンの設定
          フェデレーテッド ユーザがサインイン可能であることの確認
          サンドボックス モードの使用
          AD FSでの証明書利用者信頼の作成
            Windows PowerShellを使用した証明書利用者信頼の作成
            フェデレーション メタデータのインポートによる証明書利用者信頼の作成
            証明書利用者信頼の手動作成
          証明書利用者信頼のテスト
          シングル サインオンの有効化
          シングル サインオンの無効化
          1つの管理ノードに対するシングル サインオンの一時的な無効化と再有効化
    テナントの管理
      テナント アカウントの作成
        StorageGRIDがSSOを使用していない場合のテナント アカウントの作成
        SSOが有効な場合のテナント アカウントの作成
      テナントのローカルrootユーザのパスワードの変更
      テナント アカウントの編集
      テナント アカウントの削除
      S3テナント アカウント用のプラットフォーム サービスの管理
        プラットフォーム サービスとは
        プラットフォーム サービス用のネットワークとポート
        サイト単位のプラットフォーム サービス メッセージの配信
        プラットフォーム サービスのトラブルシューティング
      テナント アカウントのストレージ使用状況の監視
      実行可能なクライアント処理の制御
    クライアント接続の設定
      ロード バランシングの管理
        ロード バランシングの仕組み - ロード バランサ サービス
        ロード バランサ エンドポイントの設定
          ロード バランサ エンドポイントの作成
          ロード バランサ エンドポイントの編集
          ロード バランサ エンドポイントの削除
        ロード バランシングの仕組み - CLBサービス
      信頼されていないクライアント ネットワークの管理
        信頼されていないネットワークとしてのノードのクライアント ネットワークの指定
      ハイアベイラビリティ グループの管理
        HAグループとは
        HAグループの使用方法
        HAグループの設定オプション
        ハイアベイラビリティ グループの作成
      S3 APIエンドポイントのドメイン名の設定
      クライアント通信でのHTTPの有効化
    StorageGRIDのネットワークと接続の管理
      StorageGRIDネットワークに関するガイドライン
      IPアドレスの表示
      ネットワーク転送の暗号化方式の変更
      サーバ証明書の設定
        Grid ManagerおよびTenant Manager用のカスタム サーバ証明書の設定
        Grid ManagerおよびTenant Manager用のデフォルト サーバ証明書のリストア
        ストレージ ノードまたはCLBサービスへの接続用のカスタム サーバ証明書の設定
        S3およびSwiftのREST APIエンドポイント用のデフォルト サーバ証明書のリストア
        StorageGRIDシステムのCA証明書のコピー
        FabricPoolを使用するONTAPクライアント用のStorageGRID証明書の設定
      ストレージ プロキシの設定
      管理プロキシの設定
      リンク コストとは
        リンク コストの更新
    情報ライフサイクル管理によるオブジェクトの管理
      オブジェクトのライフサイクル全体にわたるILMの動作
        オブジェクトの取り込み方法
        オブジェクト保持期間の決定方法
        オブジェクトの削除方法
          S3バージョン管理オブジェクトの削除方法
      ILMポリシーとは
      ILMルールとは
        ILMルールのフィルタとは
        ILMルールの配置手順とは
        レプリケーションとイレイジャー コーディング
          レプリケーションとは
          イレイジャー コーディングとは
          イレイジャー コーディング スキームとは
          イレイジャー コーディングのメリット、デメリット、および要件
        取り込みのデータ保護オプションとは
          データ保護オプションのメリット、デメリット、および制限事項
      ILMルールの作成準備
        ストレージ グレードの作成と割り当て
        ストレージ プールの設定
          ストレージ プールとは
          ストレージ プールの作成に関するガイドライン
          複数のストレージ プールを使用したサイト間レプリケーション
          一時的な場所としてのストレージ プールの使用
          ストレージ プールの作成
          ストレージ プールの編集
          ストレージ プールの削除
        クラウド ストレージ プールの使用
          クラウド ストレージ プールとは
          クラウド ストレージ プール オブジェクトのライフサイクル
            S3:クラウド ストレージ プール オブジェクトのライフサイクル
            Azure:クラウド ストレージ プール オブジェクトのライフサイクル
          クラウド ストレージ プールを使用する状況
          クラウド ストレージ プールに関する考慮事項
          クラウド ストレージ プールの作成
            S3:クラウド ストレージ プールの認証情報の指定
            C2S S3:クラウド ストレージ プールの認証情報の指定
            Azure:クラウド ストレージ プールの認証情報の指定
          クラウド ストレージ プールの編集
          クラウド ストレージ プールの削除
          クラウド ストレージ プールのトラブルシューティング
        イレイジャー コーディング プロファイルの設定
        リージョンの設定(オプション、S3のみ)
      ILMルールの作成
        ステップ1/3:基本事項の定義
          ILMルールでの高度なフィルタの使用
        ステップ2 / 3:配置の定義
          ILMルールでの取り込み時間または最終アクセス時間の使用
        ステップ3 / 3:取り込み動作の定義
      ILMポリシーの作成、シミュレート、およびアクティブ化
        ドラフトのILMポリシーの作成
        ILMポリシーのシミュレート
          ILMポリシーのシミュレート例
            例1:ドラフトのILMポリシーをシミュレートしてルールを確認する
            例2:ドラフトのILMポリシーをシミュレートする際にルールの順序を変更する
            例3:ドラフトのILMポリシーをシミュレートする際にルールを修正する
        ILMポリシーのアクティブ化
        オブジェクト メタデータの検索によるILMポリシーの検証
      ILMルールおよびILMポリシーの操作
        ILMルールの削除
        ILMルールの編集
        ILMルールのクローニング
        ILMポリシー アクティビティ キューの表示
      ILMルールとポリシーの例
        例1:オブジェクト ストレージのILMルールとポリシー
          例1のILMルール1:2つのデータセンターへのオブジェクト データのコピー
          例1のILMルール2:イレイジャー コーディング プロファイルとバケットの照合
          例1のILMルール3:DC1とアーカイブにオブジェクトを格納
          例1のILMポリシー
        例2:ECオブジェクト サイズのフィルタリング用のILMルールとポリシー
          例2のILMルール1:200KBを超えるすべてのオブジェクトにイレイジャー コーディングを使用
          例2のILMルール2:Make 2 Copies
          例2のILMポリシー:200KBを超えるオブジェクトにイレイジャー コーディングを使用
        例3:画像ファイルの保護を強化するILMルールとポリシー
          例3のILMルール1:200KBを超える画像ファイルにイレイジャー コーディングを使用
          例3のILMルール2:残りのすべての画像ファイルのコピーを3つレプリケート
          例3のILMポリシー:画像ファイルの保護の強化
        例4:S3バージョン管理オブジェクトのILMルールとポリシー
          例4のILMルール1:コピーを3つ、10年間保存
          例4のILMルール2:最新でないバージョンのコピーを2つ、2年間保存
          例4のILMポリシー:S3バージョン管理オブジェクト
    準拠のためのS3バケットおよびオブジェクトの管理
      StorageGRIDによる準拠データの保護方法
      準拠ワークフロー
      準拠に関する考慮事項
      準拠の有効化
      例:ILMポリシー内での準拠ILMルールの使用
        準拠のためのS3バケットの例:bank-records
        準拠のためのILMルール1の例:イレイジャー コーディング プロファイルとバケットの照合
        準拠のためのILMルール2の例:非準拠ルール
        準拠のためのILMルール3の例:デフォルト ルール
        準拠のためのILMポリシーの例
      バケットの準拠設定の更新時における整合性エラーの解決
    AutoSupportの設定
      AutoSupportメッセージのプロトコルの指定
      AutoSupport用Eメール サーバの設定
      ユーザトリガー型AutoSupportメッセージの送信
      週次AutoSupportメッセージの無効化
      イベントトリガー型AutoSupportメッセージの無効化
      AutoSupportメッセージのトラブルシューティング
    ストレージ ノードの管理
      ストレージ ノードとは
        ADCサービスとは
        DDSサービスとは
          オブジェクト数
          クエリ
          メタデータの保護
          nodetool repair処理とは
        LDRサービスとは
          オブジェクト ストア
      ストレージ オプションの管理
        オブジェクトのセグメント化とは
        ストレージ ボリュームのウォーターマークとは
        Metadata Reserved Spaceとは
      格納オブジェクトのグローバル設定
        格納オブジェクトの圧縮の設定
        格納オブジェクトの暗号化の設定
        格納オブジェクトのハッシュの設定
      ストレージ ノード設定
      オブジェクトの整合性の検証
        バックグラウンド検証とは
        バックグラウンド検証レートの設定
        フォアグラウンド検証とは
        フォアグラウンド検証の実行
      容量が上限に達したストレージ ノードの管理
    管理ノードの管理
      管理ノードとは
      複数の管理ノードの使用
      プライマリ管理ノードの識別
      優先送信者の選択
      通知のステータスとキューの表示
      アラームの確認応答
      監査クライアント アクセスの設定
        CIFSの監査クライアントの設定
          ワークグループの監査クライアントの設定
          Active Directoryの監査クライアントの設定
          CIFS監査共有へのユーザまたはグループの追加
          CIFS監査共有からのユーザまたはグループの削除
          CIFS監査共有のユーザ名またはグループ名の変更
          CIFS監査の統合の検証
        NFSの監査クライアントの設定
          監査共有へのNFS監査クライアントの追加
          NFS監査の統合の検証
          監査共有からのNFS監査クライアントの削除
          NFS監査クライアントのIPアドレスの変更
    アーカイブ ノードの管理
      アーカイブ ノードとは
        ARCサービスとは
      アーカイブ ストレージへのアーカイブ ノード接続の設定
        S3 API経由でのクラウドへのアーカイブ
          S3 APIの接続設定
          S3 APIの接続設定の変更
          クラウドの階層化サービスの状態の変更
          S3 API接続のストア障害数のリセット
          Cloud Tiering - S3からクラウド ストレージ プールへのオブジェクトの移行
        TSMミドルウェア経由でのテープへのアーカイブ
          TSMミドルウェアへの接続の設定
          TSMミドルウェア セッション用のアーカイブ ノードの最適化
          TSMのアーカイブ状態とカウンタの設定
          TSMサーバの容量が上限に達した場合のアーカイブ ノードの管理
            TSMミドルウェアが容量の限界に達した場合にアーカイブ ノードを読み取り専用に設定
        アーカイブ ノードの読み出し設定
        アーカイブ ノードのレプリケーション設定
      アーカイブ ノード用のカスタム アラームの設定
      Tivoli Storage Managerの統合
        アーカイブ ノードの構成と操作
        構成のベストプラクティス
        アーカイブ ノードのセットアップ
          新しいTSMサーバのインストール
          TSMサーバの設定
            TSMテープ ストレージ プールとディスク ストレージ プールの定義
            ドメイン ポリシーの定義とノードの登録
            ドメイン ポリシーの作成とアクティブ化
    StorageGRIDへのデータの移行
      StorageGRIDシステムの容量の確認
      移行データのILMポリシーの決定
      移行が処理に及ぼす影響
      データ移行のスケジュール設定
      データ移行の監視
      移行アラーム用のカスタム通知の作成
  StorageGRID system hardening
    Hardening a StorageGRID system
    System hardening guidelines
      Hardening guidelines for software upgrades
      Hardening guidelines for StorageGRID networks
      Hardening guidelines for StorageGRID nodes
      Hardening guidelines for NAS Bridge
      Other hardening guidelines
  NAS Bridgeの管理
    StorageGRID NAS Bridgeの概要
      NAS Bridgeのシステム アーキテクチャ
      NAS Bridgeの機能とメリット
      Webブラウザの要件
      ドキュメントとWebリソース
    設定ワークフロー
    設定の準備
      正式な導入計画から取得する情報
      NAS Bridgeへのサインイン
    キャッシュの管理
      キャッシュ デバイスを追加する場合の前提条件と制限事項
      新しいキャッシュ デバイスの作成
        仮想マシンへのハード ディスクの追加
        NAS Bridgeへのキャッシュ デバイスの追加
      キャッシュ デバイスの削除
    ファイルシステムの管理
      ファイルシステムを追加する場合の前提条件と制限事項
      NFSファイルシステムの追加
      SMBファイルシステムの追加
      ファイルシステムの削除
      ファイルシステムの緊急テイクオーバーの実行
    NAS Bridgeソフトウェアのアップグレード
      ソフトウェアのアップグレードの要件
      アップグレード時にシステムが受ける影響
      NAS Bridgeのアップグレード ファイルのダウンロード
      アップグレードの実行
    NAS Bridgeの管理
      ログ パッケージの生成
      リカバリ パッケージのエクスポートとインポート
      システム アラームの表示
      NAS Bridgeの運用停止
      NAS Bridgeのリブート
      デフォルト論理インターフェイスのIP設定の変更
    NAS Bridgeのレポートの使用
      NAS Bridgeダッシュボードの表示
  NAS Bridge管理APIの使用
    NAS Bridge管理APIについて
      RESTful Webサービスの基礎
      APIを使用するための一般的なワークフロー
      NAS Bridgeのリソースとオブジェクトの概要
      非同期処理の仕組み
      APIでサポートされるリソース タイプの概要
    APIへのアクセスとその使用
      API Docs Webページへのアクセス
      認証トークンの取得
      API呼び出しの詳細の把握
      APIを使用した単純なタスクの実行
        APIをテストするためのシステム イベント メッセージの作成
        認証トークンのリセット
  StorageGRIDの管理
    StorageGRIDシステムの管理
      Webブラウザの要件
      Grid Managerへのサインイン
      Grid Managerからのサインアウト
      パスワードの変更
      ブラウザ セッションのタイムアウトの変更
      StorageGRIDライセンス情報の表示
      StorageGRIDライセンス情報の更新
      グリッド管理APIの使用
        グリッド管理APIの処理
        API要求の実行
        グリッド管理APIのバージョン管理
        クロスサイト リクエスト フォージェリ(CSRF)の防止
        シングル サインオンが有効な場合のAPIの使用
          シングル サインオンが有効な場合のAPIへのサインイン
          シングル サインオンが有効な場合のAPIからのサインアウト
    StorageGRIDを管理できるユーザの制御
      ファイアウォールによるアクセス制御
      アイデンティティ フェデレーションの使用
        アイデンティティ フェデレーションの設定
          OpenLDAPサーバの設定に関するガイドライン
        アイデンティティ ソースとの強制同期
        アイデンティティ フェデレーションの無効化
      管理者グループの管理
        管理者グループの作成
        管理者グループの権限
          グリッド管理APIからの機能の非アクティブ化
        管理者グループの変更
        管理者グループの削除
      ローカル ユーザの管理
        ローカル ユーザの作成
        ローカル ユーザ アカウントの変更
        ローカル ユーザ アカウントの削除
        ローカル ユーザのパスワードの変更
      StorageGRIDでのシングル サインオン(SSO)の使用
        シングル サインオンの仕組み
          SSOが有効な場合のサインイン
          SSOが有効な場合のサインアウト
        シングル サインオンの使用要件
        シングル サインオンの設定
          フェデレーテッド ユーザがサインイン可能であることの確認
          サンドボックス モードの使用
          AD FSでの証明書利用者信頼の作成
            Windows PowerShellを使用した証明書利用者信頼の作成
            フェデレーション メタデータのインポートによる証明書利用者信頼の作成
            証明書利用者信頼の手動作成
          証明書利用者信頼のテスト
          シングル サインオンの有効化
          シングル サインオンの無効化
          1つの管理ノードに対するシングル サインオンの一時的な無効化と再有効化
    テナントの管理
      テナント アカウントの作成
        StorageGRIDがSSOを使用していない場合のテナント アカウントの作成
        SSOが有効な場合のテナント アカウントの作成
      テナントのローカルrootユーザのパスワードの変更
      テナント アカウントの編集
      テナント アカウントの削除
      S3テナント アカウント用のプラットフォーム サービスの管理
        プラットフォーム サービスとは
        プラットフォーム サービス用のネットワークとポート
        サイト単位のプラットフォーム サービス メッセージの配信
        プラットフォーム サービスのトラブルシューティング
      テナント アカウントのストレージ使用状況の監視
      実行可能なクライアント処理の制御
    クライアント接続の設定
      ロード バランシングの管理
        ロード バランシングの仕組み - ロード バランサ サービス
        ロード バランサ エンドポイントの設定
          ロード バランサ エンドポイントの作成
          ロード バランサ エンドポイントの編集
          ロード バランサ エンドポイントの削除
        ロード バランシングの仕組み - CLBサービス
      信頼されていないクライアント ネットワークの管理
        信頼されていないネットワークとしてのノードのクライアント ネットワークの指定
      ハイアベイラビリティ グループの管理
        HAグループとは
        HAグループの使用方法
        HAグループの設定オプション
        ハイアベイラビリティ グループの作成
      S3 APIエンドポイントのドメイン名の設定
      クライアント通信でのHTTPの有効化
    StorageGRIDのネットワークと接続の管理
      StorageGRIDネットワークに関するガイドライン
      IPアドレスの表示
      ネットワーク転送の暗号化方式の変更
      サーバ証明書の設定
        Grid ManagerおよびTenant Manager用のカスタム サーバ証明書の設定
        Grid ManagerおよびTenant Manager用のデフォルト サーバ証明書のリストア
        ストレージ ノードまたはCLBサービスへの接続用のカスタム サーバ証明書の設定
        S3およびSwiftのREST APIエンドポイント用のデフォルト サーバ証明書のリストア
        StorageGRIDシステムのCA証明書のコピー
        FabricPoolを使用するONTAPクライアント用のStorageGRID証明書の設定
      ストレージ プロキシの設定
      管理プロキシの設定
      リンク コストとは
        リンク コストの更新
    情報ライフサイクル管理によるオブジェクトの管理
      オブジェクトのライフサイクル全体にわたるILMの動作
        オブジェクトの取り込み方法
        オブジェクト保持期間の決定方法
        オブジェクトの削除方法
          S3バージョン管理オブジェクトの削除方法
      ILMポリシーとは
      ILMルールとは
        ILMルールのフィルタとは
        ILMルールの配置手順とは
        レプリケーションとイレイジャー コーディング
          レプリケーションとは
          イレイジャー コーディングとは
          イレイジャー コーディング スキームとは
          イレイジャー コーディングのメリット、デメリット、および要件
        取り込みのデータ保護オプションとは
          データ保護オプションのメリット、デメリット、および制限事項
      ILMルールの作成準備
        ストレージ グレードの作成と割り当て
        ストレージ プールの設定
          ストレージ プールとは
          ストレージ プールの作成に関するガイドライン
          複数のストレージ プールを使用したサイト間レプリケーション
          一時的な場所としてのストレージ プールの使用
          ストレージ プールの作成
          ストレージ プールの編集
          ストレージ プールの削除
        クラウド ストレージ プールの使用
          クラウド ストレージ プールとは
          クラウド ストレージ プール オブジェクトのライフサイクル
            S3:クラウド ストレージ プール オブジェクトのライフサイクル
            Azure:クラウド ストレージ プール オブジェクトのライフサイクル
          クラウド ストレージ プールを使用する状況
          クラウド ストレージ プールに関する考慮事項
          クラウド ストレージ プールの作成
            S3:クラウド ストレージ プールの認証情報の指定
            C2S S3:クラウド ストレージ プールの認証情報の指定
            Azure:クラウド ストレージ プールの認証情報の指定
          クラウド ストレージ プールの編集
          クラウド ストレージ プールの削除
          クラウド ストレージ プールのトラブルシューティング
        イレイジャー コーディング プロファイルの設定
        リージョンの設定(オプション、S3のみ)
      ILMルールの作成
        ステップ1/3:基本事項の定義
          ILMルールでの高度なフィルタの使用
        ステップ2 / 3:配置の定義
          ILMルールでの取り込み時間または最終アクセス時間の使用
        ステップ3 / 3:取り込み動作の定義
      ILMポリシーの作成、シミュレート、およびアクティブ化
        ドラフトのILMポリシーの作成
        ILMポリシーのシミュレート
          ILMポリシーのシミュレート例
            例1:ドラフトのILMポリシーをシミュレートしてルールを確認する
            例2:ドラフトのILMポリシーをシミュレートする際にルールの順序を変更する
            例3:ドラフトのILMポリシーをシミュレートする際にルールを修正する
        ILMポリシーのアクティブ化
        オブジェクト メタデータの検索によるILMポリシーの検証
      ILMルールおよびILMポリシーの操作
        ILMルールの削除
        ILMルールの編集
        ILMルールのクローニング
        ILMポリシー アクティビティ キューの表示
      ILMルールとポリシーの例
        例1:オブジェクト ストレージのILMルールとポリシー
          例1のILMルール1:2つのデータセンターへのオブジェクト データのコピー
          例1のILMルール2:イレイジャー コーディング プロファイルとバケットの照合
          例1のILMルール3:DC1とアーカイブにオブジェクトを格納
          例1のILMポリシー
        例2:ECオブジェクト サイズのフィルタリング用のILMルールとポリシー
          例2のILMルール1:200KBを超えるすべてのオブジェクトにイレイジャー コーディングを使用
          例2のILMルール2:Make 2 Copies
          例2のILMポリシー:200KBを超えるオブジェクトにイレイジャー コーディングを使用
        例3:画像ファイルの保護を強化するILMルールとポリシー
          例3のILMルール1:200KBを超える画像ファイルにイレイジャー コーディングを使用
          例3のILMルール2:残りのすべての画像ファイルのコピーを3つレプリケート
          例3のILMポリシー:画像ファイルの保護の強化
        例4:S3バージョン管理オブジェクトのILMルールとポリシー
          例4のILMルール1:コピーを3つ、10年間保存
          例4のILMルール2:最新でないバージョンのコピーを2つ、2年間保存
          例4のILMポリシー:S3バージョン管理オブジェクト
    準拠のためのS3バケットおよびオブジェクトの管理
      StorageGRIDによる準拠データの保護方法
      準拠ワークフロー
      準拠に関する考慮事項
      準拠の有効化
      例:ILMポリシー内での準拠ILMルールの使用
        準拠のためのS3バケットの例:bank-records
        準拠のためのILMルール1の例:イレイジャー コーディング プロファイルとバケットの照合
        準拠のためのILMルール2の例:非準拠ルール
        準拠のためのILMルール3の例:デフォルト ルール
        準拠のためのILMポリシーの例
      バケットの準拠設定の更新時における整合性エラーの解決
    AutoSupportの設定
      AutoSupportメッセージのプロトコルの指定
      AutoSupport用Eメール サーバの設定
      ユーザトリガー型AutoSupportメッセージの送信
      週次AutoSupportメッセージの無効化
      イベントトリガー型AutoSupportメッセージの無効化
      AutoSupportメッセージのトラブルシューティング
    ストレージ ノードの管理
      ストレージ ノードとは
        ADCサービスとは
        DDSサービスとは
          オブジェクト数
          クエリ
          メタデータの保護
          nodetool repair処理とは
        LDRサービスとは
          オブジェクト ストア
      ストレージ オプションの管理
        オブジェクトのセグメント化とは
        ストレージ ボリュームのウォーターマークとは
        Metadata Reserved Spaceとは
      格納オブジェクトのグローバル設定
        格納オブジェクトの圧縮の設定
        格納オブジェクトの暗号化の設定
        格納オブジェクトのハッシュの設定
      ストレージ ノード設定
      オブジェクトの整合性の検証
        バックグラウンド検証とは
        バックグラウンド検証レートの設定
        フォアグラウンド検証とは
        フォアグラウンド検証の実行
      容量が上限に達したストレージ ノードの管理
    管理ノードの管理
      管理ノードとは
      複数の管理ノードの使用
      プライマリ管理ノードの識別
      優先送信者の選択
      通知のステータスとキューの表示
      アラームの確認応答
      監査クライアント アクセスの設定
        CIFSの監査クライアントの設定
          ワークグループの監査クライアントの設定
          Active Directoryの監査クライアントの設定
          CIFS監査共有へのユーザまたはグループの追加
          CIFS監査共有からのユーザまたはグループの削除
          CIFS監査共有のユーザ名またはグループ名の変更
          CIFS監査の統合の検証
        NFSの監査クライアントの設定
          監査共有へのNFS監査クライアントの追加
          NFS監査の統合の検証
          監査共有からのNFS監査クライアントの削除
          NFS監査クライアントのIPアドレスの変更
    アーカイブ ノードの管理
      アーカイブ ノードとは
        ARCサービスとは
      アーカイブ ストレージへのアーカイブ ノード接続の設定
        S3 API経由でのクラウドへのアーカイブ
          S3 APIの接続設定
          S3 APIの接続設定の変更
          クラウドの階層化サービスの状態の変更
          S3 API接続のストア障害数のリセット
          Cloud Tiering - S3からクラウド ストレージ プールへのオブジェクトの移行
        TSMミドルウェア経由でのテープへのアーカイブ
          TSMミドルウェアへの接続の設定
          TSMミドルウェア セッション用のアーカイブ ノードの最適化
          TSMのアーカイブ状態とカウンタの設定
          TSMサーバの容量が上限に達した場合のアーカイブ ノードの管理
            TSMミドルウェアが容量の限界に達した場合にアーカイブ ノードを読み取り専用に設定
        アーカイブ ノードの読み出し設定
        アーカイブ ノードのレプリケーション設定
      アーカイブ ノード用のカスタム アラームの設定
      Tivoli Storage Managerの統合
        アーカイブ ノードの構成と操作
        構成のベストプラクティス
        アーカイブ ノードのセットアップ
          新しいTSMサーバのインストール
          TSMサーバの設定
            TSMテープ ストレージ プールとディスク ストレージ プールの定義
            ドメイン ポリシーの定義とノードの登録
            ドメイン ポリシーの作成とアクティブ化
    StorageGRIDへのデータの移行
      StorageGRIDシステムの容量の確認
      移行データのILMポリシーの決定
      移行が処理に及ぼす影響
      データ移行のスケジュール設定
      データ移行の監視
      移行アラーム用のカスタム通知の作成
  StorageGRID system hardening
    Hardening a StorageGRID system
    System hardening guidelines
      Hardening guidelines for software upgrades
      Hardening guidelines for StorageGRID networks
      Hardening guidelines for StorageGRID nodes
      Hardening guidelines for NAS Bridge
      Other hardening guidelines
  NAS Bridgeの管理
    StorageGRID NAS Bridgeの概要
      NAS Bridgeのシステム アーキテクチャ
      NAS Bridgeの機能とメリット
      Webブラウザの要件
      ドキュメントとWebリソース
    設定ワークフロー
    設定の準備
      正式な導入計画から取得する情報
      NAS Bridgeへのサインイン
    キャッシュの管理
      キャッシュ デバイスを追加する場合の前提条件と制限事項
      新しいキャッシュ デバイスの作成
        仮想マシンへのハード ディスクの追加
        NAS Bridgeへのキャッシュ デバイスの追加
      キャッシュ デバイスの削除
    ファイルシステムの管理
      ファイルシステムを追加する場合の前提条件と制限事項
      NFSファイルシステムの追加
      SMBファイルシステムの追加
      ファイルシステムの削除
      ファイルシステムの緊急テイクオーバーの実行
    NAS Bridgeソフトウェアのアップグレード
      ソフトウェアのアップグレードの要件
      アップグレード時にシステムが受ける影響
      NAS Bridgeのアップグレード ファイルのダウンロード
      アップグレードの実行
    NAS Bridgeの管理
      ログ パッケージの生成
      リカバリ パッケージのエクスポートとインポート
      システム アラームの表示
      NAS Bridgeの運用停止
      NAS Bridgeのリブート
      デフォルト論理インターフェイスのIP設定の変更
    NAS Bridgeのレポートの使用
      NAS Bridgeダッシュボードの表示
  NAS Bridge管理APIの使用
    NAS Bridge管理APIについて
      RESTful Webサービスの基礎
      APIを使用するための一般的なワークフロー
      NAS Bridgeのリソースとオブジェクトの概要
      非同期処理の仕組み
      APIでサポートされるリソース タイプの概要
    APIへのアクセスとその使用
      API Docs Webページへのアクセス
      認証トークンの取得
      API呼び出しの詳細の把握
      APIを使用した単純なタスクの実行
        APIをテストするためのシステム イベント メッセージの作成
        認証トークンのリセット
StorageGRIDの使用
  テナント アカウントの使用
    Tenant Managerの使用
      StorageGRIDテナント アカウントの使用
      Webブラウザの要件
      Tenant Managerへのサインイン
      Tenant Managerからのサインアウト
      Tenant Managerのダッシュボードについて
      テナント管理APIの概要
        テナント管理APIのバージョン管理
        クロスサイト リクエスト フォージェリ(CSRF)の防止
    テナント ユーザのシステム アクセスの管理
      アイデンティティ フェデレーションの使用
        フェデレーテッド アイデンティティ ソースの設定
          OpenLDAPサーバの設定に関するガイドライン
        アイデンティティ ソースとの強制同期
        アイデンティティ フェデレーションの無効化
      グループの管理
        S3テナント用のグループの作成
        Swiftテナント用のグループの作成
        テナント管理権限
        グループのクローニング
        グループの編集
        グループの削除
      ローカル ユーザの管理
        ローカル ユーザの作成
        ローカル ユーザのクローニング
        ローカル ユーザの編集
        ローカル ユーザのパスワードの変更
        ローカル ユーザの削除
    S3テナント アカウントの管理
      S3アクセス キーの管理
        自分のS3アクセス キーの作成
        自分のS3アクセス キーの削除
        他のユーザのS3アクセス キーの作成
        他のユーザのS3アクセス キーの削除
      S3バケットの管理
        準拠バケットとオブジェクトの管理
          StorageGRIDによる準拠データの保護方法
          準拠ワークフロー
          準拠バケットとオブジェクトに関する考慮事項
        S3バケットの作成
        準拠設定の指定
        整合性レベルの変更
        Cross-Origin Resource Sharing(CORS)の設定
        最終アクセス日時の更新の有効化または無効化
    S3プラットフォーム サービスの管理
      プラットフォーム サービスとは
        CloudMirrorレプリケーション サービスの概要
        バケットの通知の概要
        検索統合サービスの概要
      プラットフォーム サービスの使用に関する考慮事項
      エンドポイントの設定
        エンドポイントとは
        エンドポイントのURNの指定
        エンドポイントの作成
        エンドポイントの編集または削除
        エンドポイント エラーのトラブルシューティング
      CloudMirrorレプリケーションの設定
      イベント通知の設定
      検索統合サービスの設定
        検索統合用のXMLの設定
        検索統合サービスの設定
        検索統合サービスで生成されるJSON
        メタデータ通知に含まれているオブジェクト メタデータ
  S3クライアント アプリケーションの実装
    S3 REST APIのサポート
      S3 REST APIのサポートに関する変更点
      サポート対象のバージョン
      StorageGRIDプラットフォーム サービスのサポート
    テナント アカウントと接続の設定
      S3テナント アカウントの作成および設定
      クライアント接続の設定
        クライアント接続用のIPアドレスの特定
        HTTPSまたはHTTPどちらの接続を使用するかの判断
      S3要求のエンドポイントのドメイン名
      S3 REST APIの設定のテスト
    StorageGRIDでのS3 REST APIの実装
      競合するクライアント要求
      整合性制御
      StorageGRIDのILMルールによるオブジェクトの管理
      オブジェクトのバージョン管理
      S3 REST APIを実装する際の推奨事項
    S3 REST APIのサポートされる処理と制限事項
      日付の処理
      代表的な要求ヘッダー
      共通の応答ヘッダー
      要求の認証
      サービスの処理
      バケットの処理
      バケットのカスタム処理
      オブジェクトの処理
        サーバ側の暗号化の使用
        GET Object
        HEAD Object
        POST Object restore
        PUT Object
        PUT Object - Copy
      マルチパート アップロードの処理
        List Multipart Uploads
        Initiate Multipart Upload
        Upload Part
        Upload Part - Copy
        Complete Multipart Upload
      エラー応答
    StorageGRIDのS3 REST APIの処理
      準拠のためのPUT Bucket要求の変更
      GET Bucket compliance要求
      PUT Bucket compliance要求
      GET Bucket consistency要求
      PUT Bucket consistency要求
      GET Bucket last access time要求
      PUT Bucket last access time要求
      DELETE Bucket metadata notification configuration要求
      GET Bucket metadata notification configuration要求
      PUT Bucket metadata notification configuration要求
        検索統合サービスで生成されるJSON
        メタデータ通知に含まれているオブジェクト メタデータ
      GET Storage Usage要求
    バケットとグループのアクセス ポリシー
      アクセス ポリシーの概要
      ポリシーの整合性制御設定
      ポリシー ステートメントでのARNの使用
      ポリシーでのリソースの指定
      ポリシーでのプリンシパルの指定
      ポリシーでの権限の指定
      PutOverwriteObject権限の使用
      ポリシーでの条件の指定
      ポリシーでの変数の指定
      特別な処理を必要とするポリシーの作成
      Write-Once-Read-Many(WORM)による保護
      S3ポリシーの例
        S3バケット ポリシーの例
        S3グループ ポリシーの例
    REST APIのセキュリティの設定
      StorageGRIDシステムでのREST APIのセキュリティ
      TLSライブラリのハッシュ アルゴリズムと暗号化アルゴリズムのサポート
    処理の監視と監査
      オブジェクトの取り込み速度と読み出し速度の監視
      監査ログへのアクセスと確認
        監査ログで追跡されるS3処理
    アクティブ、アイドル、および同時HTTP接続のメリット
      アイドルHTTP接続を開いておくメリット
      アクティブHTTP接続のメリット
      同時HTTP接続のメリット
      読み取り処理用と書き込み処理用の別々のHTTP接続プールの使用
  Swiftクライアント アプリケーションの実装
    StorageGRIDでのOpenStack Swift APIのサポート
      StorageGRIDでのSwift APIサポートの履歴
      StorageGRIDでのSwift REST APIの実装
      Swift REST APIを実装する際の推奨事項
    テナント アカウントと接続の設定
      Swiftテナント アカウントの作成および設定
      クライアント接続の設定
        クライアント接続用のIPアドレスの特定
        HTTPSまたはHTTPどちらの接続を使用するかの判断
      Swift API設定での接続のテスト
    Swift REST APIでサポートされている処理
      サポートされるSwift APIエンドポイント
      アカウントの処理
      コンテナの処理
      オブジェクトの処理
      OPTIONS要求
      Swift API処理に対するエラー応答
    StorageGRIDのSwift REST API処理
      GET(コンテナ整合性)要求
      PUT(コンテナ整合性)要求
    REST APIのセキュリティの設定
      StorageGRIDシステムでのREST APIのセキュリティ
      TLSライブラリのハッシュ アルゴリズムと暗号化アルゴリズムのサポート
    処理の監視と監査
      オブジェクトの取り込み速度と読み出し速度の監視
      監査ログへのアクセスと確認
        監査ログで追跡されるSwift処理
  テナント アカウントの使用
    Tenant Managerの使用
      StorageGRIDテナント アカウントの使用
      Webブラウザの要件
      Tenant Managerへのサインイン
      Tenant Managerからのサインアウト
      Tenant Managerのダッシュボードについて
      テナント管理APIの概要
        テナント管理APIのバージョン管理
        クロスサイト リクエスト フォージェリ(CSRF)の防止
    テナント ユーザのシステム アクセスの管理
      アイデンティティ フェデレーションの使用
        フェデレーテッド アイデンティティ ソースの設定
          OpenLDAPサーバの設定に関するガイドライン
        アイデンティティ ソースとの強制同期
        アイデンティティ フェデレーションの無効化
      グループの管理
        S3テナント用のグループの作成
        Swiftテナント用のグループの作成
        テナント管理権限
        グループのクローニング
        グループの編集
        グループの削除
      ローカル ユーザの管理
        ローカル ユーザの作成
        ローカル ユーザのクローニング
        ローカル ユーザの編集
        ローカル ユーザのパスワードの変更
        ローカル ユーザの削除
    S3テナント アカウントの管理
      S3アクセス キーの管理
        自分のS3アクセス キーの作成
        自分のS3アクセス キーの削除
        他のユーザのS3アクセス キーの作成
        他のユーザのS3アクセス キーの削除
      S3バケットの管理
        準拠バケットとオブジェクトの管理
          StorageGRIDによる準拠データの保護方法
          準拠ワークフロー
          準拠バケットとオブジェクトに関する考慮事項
        S3バケットの作成
        準拠設定の指定
        整合性レベルの変更
        Cross-Origin Resource Sharing(CORS)の設定
        最終アクセス日時の更新の有効化または無効化
    S3プラットフォーム サービスの管理
      プラットフォーム サービスとは
        CloudMirrorレプリケーション サービスの概要
        バケットの通知の概要
        検索統合サービスの概要
      プラットフォーム サービスの使用に関する考慮事項
      エンドポイントの設定
        エンドポイントとは
        エンドポイントのURNの指定
        エンドポイントの作成
        エンドポイントの編集または削除
        エンドポイント エラーのトラブルシューティング
      CloudMirrorレプリケーションの設定
      イベント通知の設定
      検索統合サービスの設定
        検索統合用のXMLの設定
        検索統合サービスの設定
        検索統合サービスで生成されるJSON
        メタデータ通知に含まれているオブジェクト メタデータ
  S3クライアント アプリケーションの実装
    S3 REST APIのサポート
      S3 REST APIのサポートに関する変更点
      サポート対象のバージョン
      StorageGRIDプラットフォーム サービスのサポート
    テナント アカウントと接続の設定
      S3テナント アカウントの作成および設定
      クライアント接続の設定
        クライアント接続用のIPアドレスの特定
        HTTPSまたはHTTPどちらの接続を使用するかの判断
      S3要求のエンドポイントのドメイン名
      S3 REST APIの設定のテスト
    StorageGRIDでのS3 REST APIの実装
      競合するクライアント要求
      整合性制御
      StorageGRIDのILMルールによるオブジェクトの管理
      オブジェクトのバージョン管理
      S3 REST APIを実装する際の推奨事項
    S3 REST APIのサポートされる処理と制限事項
      日付の処理
      代表的な要求ヘッダー
      共通の応答ヘッダー
      要求の認証
      サービスの処理
      バケットの処理
      バケットのカスタム処理
      オブジェクトの処理
        サーバ側の暗号化の使用
        GET Object
        HEAD Object
        POST Object restore
        PUT Object
        PUT Object - Copy
      マルチパート アップロードの処理
        List Multipart Uploads
        Initiate Multipart Upload
        Upload Part
        Upload Part - Copy
        Complete Multipart Upload
      エラー応答
    StorageGRIDのS3 REST APIの処理
      準拠のためのPUT Bucket要求の変更
      GET Bucket compliance要求
      PUT Bucket compliance要求
      GET Bucket consistency要求
      PUT Bucket consistency要求
      GET Bucket last access time要求
      PUT Bucket last access time要求
      DELETE Bucket metadata notification configuration要求
      GET Bucket metadata notification configuration要求
      PUT Bucket metadata notification configuration要求
        検索統合サービスで生成されるJSON
        メタデータ通知に含まれているオブジェクト メタデータ
      GET Storage Usage要求
    バケットとグループのアクセス ポリシー
      アクセス ポリシーの概要
      ポリシーの整合性制御設定
      ポリシー ステートメントでのARNの使用
      ポリシーでのリソースの指定
      ポリシーでのプリンシパルの指定
      ポリシーでの権限の指定
      PutOverwriteObject権限の使用
      ポリシーでの条件の指定
      ポリシーでの変数の指定
      特別な処理を必要とするポリシーの作成
      Write-Once-Read-Many(WORM)による保護
      S3ポリシーの例
        S3バケット ポリシーの例
        S3グループ ポリシーの例
    REST APIのセキュリティの設定
      StorageGRIDシステムでのREST APIのセキュリティ
      TLSライブラリのハッシュ アルゴリズムと暗号化アルゴリズムのサポート
    処理の監視と監査
      オブジェクトの取り込み速度と読み出し速度の監視
      監査ログへのアクセスと確認
        監査ログで追跡されるS3処理
    アクティブ、アイドル、および同時HTTP接続のメリット
      アイドルHTTP接続を開いておくメリット
      アクティブHTTP接続のメリット
      同時HTTP接続のメリット
      読み取り処理用と書き込み処理用の別々のHTTP接続プールの使用
  Swiftクライアント アプリケーションの実装
    StorageGRIDでのOpenStack Swift APIのサポート
      StorageGRIDでのSwift APIサポートの履歴
      StorageGRIDでのSwift REST APIの実装
      Swift REST APIを実装する際の推奨事項
    テナント アカウントと接続の設定
      Swiftテナント アカウントの作成および設定
      クライアント接続の設定
        クライアント接続用のIPアドレスの特定
        HTTPSまたはHTTPどちらの接続を使用するかの判断
      Swift API設定での接続のテスト
    Swift REST APIでサポートされている処理
      サポートされるSwift APIエンドポイント
      アカウントの処理
      コンテナの処理
      オブジェクトの処理
      OPTIONS要求
      Swift API処理に対するエラー応答
    StorageGRIDのSwift REST API処理
      GET(コンテナ整合性)要求
      PUT(コンテナ整合性)要求
    REST APIのセキュリティの設定
      StorageGRIDシステムでのREST APIのセキュリティ
      TLSライブラリのハッシュ アルゴリズムと暗号化アルゴリズムのサポート
    処理の監視と監査
      オブジェクトの取り込み速度と読み出し速度の監視
      監査ログへのアクセスと確認
        監査ログで追跡されるSwift処理
StorageGRIDの監視およびメンテナンス
  StorageGRIDの監視およびトラブルシューティング
    StorageGRIDシステムの監視
      Webブラウザの要件
      ダッシュボードの表示
      [Nodes]ページの使用
        [Overview]タブの表示
        [Hardware]タブの表示
        [Network]タブの表示
        [Storage]タブの表示
        [Events]タブの表示
        [Task]タブを使用したグリッド ノードのリブート
        [Objects]タブの表示
        [ILM]タブの表示
        [Load Balancer]タブの表示
        [Platform Services]タブの表示
        アプライアンス ストレージ ノードに関する情報の表示
        アプライアンスの管理ノードとゲートウェイ ノードに関する情報の表示
      グリッド トポロジ ツリーの表示
      定期的に監視する必要がある情報
        ノード アイコンの表示
        アラームの表示と確認
        ストレージ容量の監視
          グリッド全体のストレージ容量の監視
          各ストレージ ノードのストレージ容量の監視
          各ストレージ ノードのオブジェクト メタデータ容量の監視
        ILMによる目標復旧時点の監視
        オブジェクト検証処理の監視
        SSMサービスの監視
        Total Events(SMTT)アラームの監視
        アーカイブ容量の監視
      レポートの使用
        グラフの種類
        グラフの凡例
        グラフの表示
        グラフの生成
        テキスト レポートの種類
        テキスト レポートの生成
        テキスト レポートのエクスポート
    アラームの管理
      アラーム クラス
      アラームのトリガー ロジック
        アラームのトリガー例
        同じ重大度のアラーム
        アラーム クラスの上書き
        重大度の変更
        通知
        新しいサービス
        アラームとテーブル
      デフォルト アラームの表示
      サービスまたはコンポーネントのカスタム アラームの作成
      グローバル カスタム アラームの作成
      アラームの無効化
        システム全体でのデフォルト アラームの無効化
        サービスのデフォルト アラームの無効化
        システム全体でのグローバル カスタム アラームの無効化
        サービスのグローバル カスタム アラームの無効化
        トリガーされたアラームのクリア
      アラームのEメール通知の設定
        アラーム通知のタイプ
        アラーム用Eメール サーバの設定
        Eメール テンプレートの作成
        メーリング リストの作成
        グローバルEメール通知の設定
        メーリング リストでのEメール通知の停止
        システム全体でのEメール通知の停止
    アラートの管理(11.3ではプレビュー モード)
      アラートとは
      すべてのアラートの表示
      特定のアラートの表示
      アラート ルールの管理
        アラート ルールの表示
        カスタムのアラート ルールの作成
        アラート ルールの編集
        カスタムのアラート ルールの削除
      アラート通知の管理
        アラート通知の設定
        アラート通知に記載される情報
        StorageGRIDによる通知でのアラートのグループ化
        アラート通知のサイレント化
        アラート通知のトラブルシューティング
      アラート一覧
      よく使用されるPrometheus指標
    StorageGRIDシステムのトラブルシューティング
      問題の特定の概要
        問題の定義
        システムに対するリスクと影響の評価
        データの収集
          取り込みと読み出しのテストの実行
          最近の変更
          接続ステータスの確認
          アラームの確認
          傾向のプロット
          ベースラインの設定
          イベントの監視
            以前のイベントの確認
            イベント数のリセット
            カスタムsyslogイベントの作成
            カスタム イベントのカウントを0にリセット
          ログ ファイルとシステム データの収集
          監査メッセージの確認
          AutoSupportメッセージの送信
          サポート指標の確認
          フォアグラウンド検証の実行
          オブジェクト データの場所の確認
        データの分析
        エスカレーションに必要な情報のチェックリスト
      管理ノードのトラブルシューティング
        サインオン エラーのトラブルシューティング
        使用できない管理ノードのステータスの確認
      ストレージ ノードのトラブルシューティング
        オブジェクト ストア(ストレージ ボリューム)の障害
        SAVP Total Usable Space (Percent)アラームのトラブルシューティング
        Total Events(SMTT)アラームのトラブルシューティング
          プラットフォーム サービス メッセージを配信できない
          Cassandraデータベースのメモリ不足エラー
        Storage Status(SSTS)アラームのトラブルシューティング
        Low object data storageアラートのトラブルシューティング
        オブジェクト データの損失と欠落
          損失オブジェクトの調査
          失われた可能性があるオブジェクトの検索とリストア
          損失オブジェクトと欠落オブジェクトのカウントのリセット
        SVST(Services: Status - Cassandra)アラームのトラブルシューティング
      StorageGRIDのトラブルシューティングに関するその他のヒント
        ユーザ インターフェイスに関する問題
        時刻の同期
        ネットワーク接続
        Linux:ノードのステータスが「orphaned」(孤立)
        Linux:カーネルでのIPv6サポートの有効化
        Linux:CPU Load Averageのトリガー値の変更
    アラーム一覧
    ログ ファイル
      StorageGRIDソフトウェアのログ
      導入とメンテナンスのログ
      サードパーティ ソフトウェアのログ
      bycast.logについて
        bycast.logファイルのローテーション
        bycast.logのメッセージ
        bycast.logのメッセージの重大度
        bycast.logのエラー コード
  StorageGRIDシステムの拡張
    拡張の概要
    計画と準備
      各タイプの拡張のオプションと制限事項の確認
      前提要件
        Webブラウザの要件
      StorageGRIDインストール ファイルのダウンロードと展開
      ハードウェアとネットワークの確認
    ストレージ ノードへのストレージ ボリュームの追加
      VMware:ストレージ ノードへのストレージ ボリュームの追加
      Linux:ストレージ ノードへの直接接続型ボリュームまたはSANボリュームの追加
    既存のサイトへのグリッド ノードの追加と新しいサイトの追加
      グリッド ネットワークのサブネットの更新
      新しいグリッド ノードの導入
        VMware:グリッド ノードの導入
        Linux:グリッド ノードの導入
        アプライアンス:ストレージ ノード、ゲートウェイ ノード、または非プライマリ管理ノードの導入
      拡張の実施
      拡張後のStorageGRIDシステムの設定
        ストレージ ノードがアクティブであることの確認
        管理ノード データベースのコピー
        Prometheus指標のコピー
        監査ログのコピー
    テクニカル サポートへのお問い合わせ
  リカバリおよびメンテナンス
    StorageGRIDのリカバリとメンテナンスの概要
      Webブラウザの要件
    ホットフィックスの手順
      ホットフィックスの適用時の動作
      ホットフィックス適用の計画と準備
        ホットフィックス適用時のシステムへの影響
        ホットフィックスに必要な項目の確認
        ホットフィックス ファイルのダウンロード
        ホットフィックス適用前のシステムの状態の確認
      ホットフィックスの適用
    リカバリ手順
      ノードのリカバリに関する警告と前提条件の確認
      グリッド ノード リカバリに必要な項目の収集
        StorageGRIDインストール ファイルのダウンロードと展開
      リカバリ手順の選択
      ストレージ ノードの障害からのリカバリ
        15日以上停止しているストレージ ノードのリカバリ
        StorageGRIDアプライアンス ストレージ ノードのリカバリ
          再インストールのためのアプライアンス ストレージ ノードの準備
          StorageGRIDアプライアンスのインストールの開始
          StorageGRIDアプライアンスのインストールの監視
          [Start Recovery]の選択によるアプライアンス ストレージ ノードの設定
          アプライアンス ストレージ ボリュームの再マウントと再フォーマット(「手動手順」)
          アプライアンスのストレージ ボリュームへのオブジェクト データのリストア
          アプライアンス ストレージ ノードのリカバリ後のストレージの状態の確認
        システム ドライブに損傷がない場合のストレージ ボリューム障害からのリカバリ
          ストレージ ボリュームのリカバリに関する警告の確認
          障害ストレージ ボリュームの特定とアンマウント
          障害ストレージ ボリュームのリカバリとCassandraデータベースの再構築
          システム ドライブに問題がない場合のストレージ ボリュームへのオブジェクト データのリストア
          ストレージ ボリュームのリカバリ後のストレージの状態の確認
        システム ドライブ障害および潜在的なストレージ ボリューム障害からのリカバリ
          ストレージ ノードのシステム ドライブのリカバリに関する警告の確認
          ストレージ ノードの交換
          [Start Recovery]の選択によるストレージ ノードの設定
          ストレージ ボリュームの再マウントと再フォーマット(「手動手順」)
          ストレージ ボリュームへのオブジェクト データのリストア
          ストレージ ノード システム ドライブ リカバリ後のストレージの状態の確認
      管理ノードの障害からのリカバリ
        プライマリ管理ノードの障害からのリカバリ
          障害が発生したプライマリ管理ノードからの監査ログのコピー
          プライマリ管理ノードの交換
          交換用プライマリ管理ノードの設定
          リカバリするプライマリ管理ノードでの監査ログのリストア
          リカバリ済みプライマリ管理ノードでの優先送信者のリセット
          プライマリ管理ノードをリカバリする際の管理ノード データベースのリストア
          プライマリ管理ノードをリカバリする際のPrometheus指標のリストア
        非プライマリ管理ノードの障害からのリカバリ
          障害が発生した非プライマリ管理ノードからの監査ログのコピー
          非プライマリ管理ノードの交換
          [Start Recovery]の選択による非プライマリ管理ノードの設定
          リカバリ済み非プライマリ管理ノードでの監査ログのリストア
          リカバリ済み非プライマリ管理ノードでの優先送信者のリセット
          非プライマリ管理ノードをリカバリする際の管理ノード データベースのリストア
          非プライマリ管理ノードをリカバリする際のPrometheus指標のリストア
      ゲートウェイ ノードの障害からのリカバリ
        ゲートウェイ ノードの交換
        [Start Recovery]の選択によるゲートウェイ ノードの設定
      アーカイブ ノードの障害からのリカバリ
        アーカイブ ノードの交換
        [Start Recovery]の選択によるアーカイブ ノードの設定
        アーカイブ ノードからクラウドへの接続のリセット
      すべてのグリッド ノード タイプ:VMwareノードの交換
        VMware vSphereでの障害グリッド ノードの削除
        VMware vSphereでのリカバリ用グリッド ノードの導入
      すべてのグリッド ノード タイプ:Linuxノードの交換
        新しいLinuxホストの導入
        ホストへのグリッド ノードのリストア
          グリッド ノードのリストアと検証
            ネットワーク インターフェイスが見つからないエラーの修正
            ブロック デバイスが見つからないエラーの修正
          StorageGRIDホスト サービスの開始
          正常に開始しないノードのリカバリ
        その他のリカバリ手順の実行(必要な場合)
      障害ノードとサービス アプライアンスの交換
        サービス アプライアンスの設置(プラットフォーム変更のみ)
        再インストールのためのアプライアンスの準備(プラットフォームの交換のみ)
        サービス アプライアンスでのソフトウェア インストールの開始
        サービス アプライアンスのインストールの監視
    運用停止手順
      運用停止の準備
        運用停止に関する考慮事項の確認
          管理ノードまたはゲートウェイ ノードの運用停止に関する考慮事項
          ストレージ ノードの運用停止に関する考慮事項
            ADCクォーラムの概要
            ILMポリシーとストレージ構成の確認
            切断されているストレージ ノードの運用停止
            ストレージ ノードの統合
            複数のストレージ ノードの運用停止
        運用停止に必要な項目の収集
          リカバリ パッケージのダウンロード
        データ修復ジョブの確認
      運用停止の実行
        [Decommission]ページへのアクセス
        切断されているグリッド ノードの運用停止
        接続されているグリッド ノードの運用停止
        ストレージ ノードの運用停止プロセスの一時停止と再開
        運用停止のトラブルシューティング
    ネットワークのメンテナンス手順
      グリッド ネットワークのサブネットの更新
      IPアドレスの設定
        ノードのネットワーク設定の変更
        管理ネットワークのサブネット リストに対する追加または変更
        グリッド ネットワークのサブネット リストに対する追加または変更
        Linux:既存のノードへのインターフェイスの追加
        グリッド ネットワーク上の全ノードのIPアドレスの変更
      DNSサーバの設定
        単一グリッド ノードでのDNS設定の変更
      NTPサーバの設定
      分離されているノードのネットワーク接続のリストア
    ホストレベルおよびミドルウェアの手順
      Linux:新しいホストへのグリッド ノードの移行
        Linux:ソース ホストからのノードのエクスポート
        Linux:ターゲット ホストへのノードのインポート
        Linux:移行済みノードの開始
      TSMミドルウェアでのアーカイブ ノードのメンテナンス
        アーカイブ ストレージ デバイスの障害
          ターゲット コンポーネントのオフライン化
        Tivoli Storage Managerの管理ツール
        永続的に使用不能なオブジェクト
          オブジェクトが永続的に使用不能かどうかの確認
      VMware:仮想マシンの自動再起動の設定
    グリッド ノードの作業手順
      Server Managerのステータスとバージョンの表示
      すべてのサービスの現在のステータスの表示
      Server Managerおよびすべてのサービスの起動
      Server Managerおよびすべてのサービスの再開
      Server Managerおよびすべてのサービスの停止
      サービスの現在のステータスの表示
      サービスの停止
      サービスの強制終了
      サービスの開始または再開
      ポートの再マッピングの削除
      ベアメタル ホストでのポートの再マッピングの削除
      グリッド ノードのリブート
        グリッド ノードのリブート - Grid Managerから
        グリッド ノードのリブート - コマンドシェルから
      グリッド ノードのシャットダウン
      ホストの電源のオフ
      グリッド内のすべてのノードの電源のオンとオフ
        サービスの停止とグリッド ノードのシャットダウン
        グリッド ノードの起動
      DoNotStartファイルの使用
        サービスのDoNotStartファイルの追加
        サービスのDoNotStartファイルの削除
      Server Managerのトラブルシューティング
        Server Managerログ ファイルへのアクセス
        エラー状態のサービス
  監査メッセージの概要
    監査メッセージの概要
      監査メッセージのフローと保持
      監査メッセージ レベルの変更
      監査ログ ファイルへのアクセス
      監査ログ ファイルのローテーション
    監査ログ ファイルおよびメッセージの形式
      監査ログ ファイルの形式
        audit-explainツールの使用
        audit-sumツールの使用
      監査メッセージの形式
        データ タイプ
        イベント固有のデータ
        監査メッセージの共通要素
        監査メッセージの例
    監査メッセージとオブジェクト ライフサイクル
      オブジェクトの取り込みトランザクション
        例:S3オブジェクトの取り込み
      オブジェクトの削除トランザクション
        例:S3オブジェクトの削除
      オブジェクトの読み出しトランザクション
        例:S3オブジェクトの読み出し
      メタデータの更新メッセージ
        例:S3メタデータの更新
    監査メッセージ
      監査メッセージのカテゴリ
        システム監査メッセージ
        オブジェクト ストレージ監査メッセージ
        クライアント読み取り監査メッセージ
        クライアント書き込み監査メッセージ
        管理監査メッセージ
      監査メッセージ
        APCT:Archive Purge from Cloud-Tier
        ARCB:Archive Object Retrieve Begin
        ARCE:Archive Object Retrieve End
        ARCT:Archive Retrieve from Cloud-Tier
        AREM:Archive Object Remove
        ASCE:Archive Object Store End
        ASCT:Archive Store Cloud-Tier
        ATCE:Archive Object Store Begin
        AVCC:Archive Validate Cloud-Tier Configuration
        CBRB:Object Receive Begin
        CBRE:Object Receive End
        CBSB:Object Send Begin
        CBSE:Object Send End
        ECOC:Corrupt Erasure Coded Data Fragment
        ETAF:Security Authentication Failed
        GNRG:GNDS Registration
        GNUR:GNDS Unregistration
        GTED:Grid Task Ended
        GTST:Grid Task Started
        GTSU:Grid Task Submitted
        IDEL:ILM Initiated Delete
        LLST:Location Lost
        MGAU:Management audit message
        OLST:System Detected Lost Object
        ORLM:Object Rules Met
        OVWR:Object Overwrite
        SADD:Security Audit Disable
        SADE:Security Audit Enable
        SCMT:Object Store Commit
        SDEL:S3 DELETE
        SGET:S3 GET
        SHEA:S3 HEAD
        SPOS:S3 POST
        SPUT:S3 PUT
        SREM:Object Store Remove
        SUPD:S3 Metadata Updated
        SVRF:Object Store Verify Fail
        SVRU:Object Store Verify Unknown
        SYSD:Node Stop
        SYST:Node Stopping
        SYSU:Node Start
        VLST:User Initiated Volume Lost
        WDEL:Swift DELETE
        WGET:Swift GET
        WHEA:Swift HEAD
        WPUT:Swift PUT
  StorageGRIDの監視およびトラブルシューティング
    StorageGRIDシステムの監視
      Webブラウザの要件
      ダッシュボードの表示
      [Nodes]ページの使用
        [Overview]タブの表示
        [Hardware]タブの表示
        [Network]タブの表示
        [Storage]タブの表示
        [Events]タブの表示
        [Task]タブを使用したグリッド ノードのリブート
        [Objects]タブの表示
        [ILM]タブの表示
        [Load Balancer]タブの表示
        [Platform Services]タブの表示
        アプライアンス ストレージ ノードに関する情報の表示
        アプライアンスの管理ノードとゲートウェイ ノードに関する情報の表示
      グリッド トポロジ ツリーの表示
      定期的に監視する必要がある情報
        ノード アイコンの表示
        アラームの表示と確認
        ストレージ容量の監視
          グリッド全体のストレージ容量の監視
          各ストレージ ノードのストレージ容量の監視
          各ストレージ ノードのオブジェクト メタデータ容量の監視
        ILMによる目標復旧時点の監視
        オブジェクト検証処理の監視
        SSMサービスの監視
        Total Events(SMTT)アラームの監視
        アーカイブ容量の監視
      レポートの使用
        グラフの種類
        グラフの凡例
        グラフの表示
        グラフの生成
        テキスト レポートの種類
        テキスト レポートの生成
        テキスト レポートのエクスポート
    アラームの管理
      アラーム クラス
      アラームのトリガー ロジック
        アラームのトリガー例
        同じ重大度のアラーム
        アラーム クラスの上書き
        重大度の変更
        通知
        新しいサービス
        アラームとテーブル
      デフォルト アラームの表示
      サービスまたはコンポーネントのカスタム アラームの作成
      グローバル カスタム アラームの作成
      アラームの無効化
        システム全体でのデフォルト アラームの無効化
        サービスのデフォルト アラームの無効化
        システム全体でのグローバル カスタム アラームの無効化
        サービスのグローバル カスタム アラームの無効化
        トリガーされたアラームのクリア
      アラームのEメール通知の設定
        アラーム通知のタイプ
        アラーム用Eメール サーバの設定
        Eメール テンプレートの作成
        メーリング リストの作成
        グローバルEメール通知の設定
        メーリング リストでのEメール通知の停止
        システム全体でのEメール通知の停止
    アラートの管理(11.3ではプレビュー モード)
      アラートとは
      すべてのアラートの表示
      特定のアラートの表示
      アラート ルールの管理
        アラート ルールの表示
        カスタムのアラート ルールの作成
        アラート ルールの編集
        カスタムのアラート ルールの削除
      アラート通知の管理
        アラート通知の設定
        アラート通知に記載される情報
        StorageGRIDによる通知でのアラートのグループ化
        アラート通知のサイレント化
        アラート通知のトラブルシューティング
      アラート一覧
      よく使用されるPrometheus指標
    StorageGRIDシステムのトラブルシューティング
      問題の特定の概要
        問題の定義
        システムに対するリスクと影響の評価
        データの収集
          取り込みと読み出しのテストの実行
          最近の変更
          接続ステータスの確認
          アラームの確認
          傾向のプロット
          ベースラインの設定
          イベントの監視
            以前のイベントの確認
            イベント数のリセット
            カスタムsyslogイベントの作成
            カスタム イベントのカウントを0にリセット
          ログ ファイルとシステム データの収集
          監査メッセージの確認
          AutoSupportメッセージの送信
          サポート指標の確認
          フォアグラウンド検証の実行
          オブジェクト データの場所の確認
        データの分析
        エスカレーションに必要な情報のチェックリスト
      管理ノードのトラブルシューティング
        サインオン エラーのトラブルシューティング
        使用できない管理ノードのステータスの確認
      ストレージ ノードのトラブルシューティング
        オブジェクト ストア(ストレージ ボリューム)の障害
        SAVP Total Usable Space (Percent)アラームのトラブルシューティング
        Total Events(SMTT)アラームのトラブルシューティング
          プラットフォーム サービス メッセージを配信できない
          Cassandraデータベースのメモリ不足エラー
        Storage Status(SSTS)アラームのトラブルシューティング
        Low object data storageアラートのトラブルシューティング
        オブジェクト データの損失と欠落
          損失オブジェクトの調査
          失われた可能性があるオブジェクトの検索とリストア
          損失オブジェクトと欠落オブジェクトのカウントのリセット
        SVST(Services: Status - Cassandra)アラームのトラブルシューティング
      StorageGRIDのトラブルシューティングに関するその他のヒント
        ユーザ インターフェイスに関する問題
        時刻の同期
        ネットワーク接続
        Linux:ノードのステータスが「orphaned」(孤立)
        Linux:カーネルでのIPv6サポートの有効化
        Linux:CPU Load Averageのトリガー値の変更
    アラーム一覧
    ログ ファイル
      StorageGRIDソフトウェアのログ
      導入とメンテナンスのログ
      サードパーティ ソフトウェアのログ
      bycast.logについて
        bycast.logファイルのローテーション
        bycast.logのメッセージ
        bycast.logのメッセージの重大度
        bycast.logのエラー コード
  StorageGRIDシステムの拡張
    拡張の概要
    計画と準備
      各タイプの拡張のオプションと制限事項の確認
      前提要件
        Webブラウザの要件
      StorageGRIDインストール ファイルのダウンロードと展開
      ハードウェアとネットワークの確認
    ストレージ ノードへのストレージ ボリュームの追加
      VMware:ストレージ ノードへのストレージ ボリュームの追加
      Linux:ストレージ ノードへの直接接続型ボリュームまたはSANボリュームの追加
    既存のサイトへのグリッド ノードの追加と新しいサイトの追加
      グリッド ネットワークのサブネットの更新
      新しいグリッド ノードの導入
        VMware:グリッド ノードの導入
        Linux:グリッド ノードの導入
        アプライアンス:ストレージ ノード、ゲートウェイ ノード、または非プライマリ管理ノードの導入
      拡張の実施
      拡張後のStorageGRIDシステムの設定
        ストレージ ノードがアクティブであることの確認
        管理ノード データベースのコピー
        Prometheus指標のコピー
        監査ログのコピー
    テクニカル サポートへのお問い合わせ
  リカバリおよびメンテナンス
    StorageGRIDのリカバリとメンテナンスの概要
      Webブラウザの要件
    ホットフィックスの手順
      ホットフィックスの適用時の動作
      ホットフィックス適用の計画と準備
        ホットフィックス適用時のシステムへの影響
        ホットフィックスに必要な項目の確認
        ホットフィックス ファイルのダウンロード
        ホットフィックス適用前のシステムの状態の確認
      ホットフィックスの適用
    リカバリ手順
      ノードのリカバリに関する警告と前提条件の確認
      グリッド ノード リカバリに必要な項目の収集
        StorageGRIDインストール ファイルのダウンロードと展開
      リカバリ手順の選択
      ストレージ ノードの障害からのリカバリ
        15日以上停止しているストレージ ノードのリカバリ
        StorageGRIDアプライアンス ストレージ ノードのリカバリ
          再インストールのためのアプライアンス ストレージ ノードの準備
          StorageGRIDアプライアンスのインストールの開始
          StorageGRIDアプライアンスのインストールの監視
          [Start Recovery]の選択によるアプライアンス ストレージ ノードの設定
          アプライアンス ストレージ ボリュームの再マウントと再フォーマット(「手動手順」)
          アプライアンスのストレージ ボリュームへのオブジェクト データのリストア
          アプライアンス ストレージ ノードのリカバリ後のストレージの状態の確認
        システム ドライブに損傷がない場合のストレージ ボリューム障害からのリカバリ
          ストレージ ボリュームのリカバリに関する警告の確認
          障害ストレージ ボリュームの特定とアンマウント
          障害ストレージ ボリュームのリカバリとCassandraデータベースの再構築
          システム ドライブに問題がない場合のストレージ ボリュームへのオブジェクト データのリストア
          ストレージ ボリュームのリカバリ後のストレージの状態の確認
        システム ドライブ障害および潜在的なストレージ ボリューム障害からのリカバリ
          ストレージ ノードのシステム ドライブのリカバリに関する警告の確認
          ストレージ ノードの交換
          [Start Recovery]の選択によるストレージ ノードの設定
          ストレージ ボリュームの再マウントと再フォーマット(「手動手順」)
          ストレージ ボリュームへのオブジェクト データのリストア
          ストレージ ノード システム ドライブ リカバリ後のストレージの状態の確認
      管理ノードの障害からのリカバリ
        プライマリ管理ノードの障害からのリカバリ
          障害が発生したプライマリ管理ノードからの監査ログのコピー
          プライマリ管理ノードの交換
          交換用プライマリ管理ノードの設定
          リカバリするプライマリ管理ノードでの監査ログのリストア
          リカバリ済みプライマリ管理ノードでの優先送信者のリセット
          プライマリ管理ノードをリカバリする際の管理ノード データベースのリストア
          プライマリ管理ノードをリカバリする際のPrometheus指標のリストア
        非プライマリ管理ノードの障害からのリカバリ
          障害が発生した非プライマリ管理ノードからの監査ログのコピー
          非プライマリ管理ノードの交換
          [Start Recovery]の選択による非プライマリ管理ノードの設定
          リカバリ済み非プライマリ管理ノードでの監査ログのリストア
          リカバリ済み非プライマリ管理ノードでの優先送信者のリセット
          非プライマリ管理ノードをリカバリする際の管理ノード データベースのリストア
          非プライマリ管理ノードをリカバリする際のPrometheus指標のリストア
      ゲートウェイ ノードの障害からのリカバリ
        ゲートウェイ ノードの交換
        [Start Recovery]の選択によるゲートウェイ ノードの設定
      アーカイブ ノードの障害からのリカバリ
        アーカイブ ノードの交換
        [Start Recovery]の選択によるアーカイブ ノードの設定
        アーカイブ ノードからクラウドへの接続のリセット
      すべてのグリッド ノード タイプ:VMwareノードの交換
        VMware vSphereでの障害グリッド ノードの削除
        VMware vSphereでのリカバリ用グリッド ノードの導入
      すべてのグリッド ノード タイプ:Linuxノードの交換
        新しいLinuxホストの導入
        ホストへのグリッド ノードのリストア
          グリッド ノードのリストアと検証
            ネットワーク インターフェイスが見つからないエラーの修正
            ブロック デバイスが見つからないエラーの修正
          StorageGRIDホスト サービスの開始
          正常に開始しないノードのリカバリ
        その他のリカバリ手順の実行(必要な場合)
      障害ノードとサービス アプライアンスの交換
        サービス アプライアンスの設置(プラットフォーム変更のみ)
        再インストールのためのアプライアンスの準備(プラットフォームの交換のみ)
        サービス アプライアンスでのソフトウェア インストールの開始
        サービス アプライアンスのインストールの監視
    運用停止手順
      運用停止の準備
        運用停止に関する考慮事項の確認
          管理ノードまたはゲートウェイ ノードの運用停止に関する考慮事項
          ストレージ ノードの運用停止に関する考慮事項
            ADCクォーラムの概要
            ILMポリシーとストレージ構成の確認
            切断されているストレージ ノードの運用停止
            ストレージ ノードの統合
            複数のストレージ ノードの運用停止
        運用停止に必要な項目の収集
          リカバリ パッケージのダウンロード
        データ修復ジョブの確認
      運用停止の実行
        [Decommission]ページへのアクセス
        切断されているグリッド ノードの運用停止
        接続されているグリッド ノードの運用停止
        ストレージ ノードの運用停止プロセスの一時停止と再開
        運用停止のトラブルシューティング
    ネットワークのメンテナンス手順
      グリッド ネットワークのサブネットの更新
      IPアドレスの設定
        ノードのネットワーク設定の変更
        管理ネットワークのサブネット リストに対する追加または変更
        グリッド ネットワークのサブネット リストに対する追加または変更
        Linux:既存のノードへのインターフェイスの追加
        グリッド ネットワーク上の全ノードのIPアドレスの変更
      DNSサーバの設定
        単一グリッド ノードでのDNS設定の変更
      NTPサーバの設定
      分離されているノードのネットワーク接続のリストア
    ホストレベルおよびミドルウェアの手順
      Linux:新しいホストへのグリッド ノードの移行
        Linux:ソース ホストからのノードのエクスポート
        Linux:ターゲット ホストへのノードのインポート
        Linux:移行済みノードの開始
      TSMミドルウェアでのアーカイブ ノードのメンテナンス
        アーカイブ ストレージ デバイスの障害
          ターゲット コンポーネントのオフライン化
        Tivoli Storage Managerの管理ツール
        永続的に使用不能なオブジェクト
          オブジェクトが永続的に使用不能かどうかの確認
      VMware:仮想マシンの自動再起動の設定
    グリッド ノードの作業手順
      Server Managerのステータスとバージョンの表示
      すべてのサービスの現在のステータスの表示
      Server Managerおよびすべてのサービスの起動
      Server Managerおよびすべてのサービスの再開
      Server Managerおよびすべてのサービスの停止
      サービスの現在のステータスの表示
      サービスの停止
      サービスの強制終了
      サービスの開始または再開
      ポートの再マッピングの削除
      ベアメタル ホストでのポートの再マッピングの削除
      グリッド ノードのリブート
        グリッド ノードのリブート - Grid Managerから
        グリッド ノードのリブート - コマンドシェルから
      グリッド ノードのシャットダウン
      ホストの電源のオフ
      グリッド内のすべてのノードの電源のオンとオフ
        サービスの停止とグリッド ノードのシャットダウン
        グリッド ノードの起動
      DoNotStartファイルの使用
        サービスのDoNotStartファイルの追加
        サービスのDoNotStartファイルの削除
      Server Managerのトラブルシューティング
        Server Managerログ ファイルへのアクセス
        エラー状態のサービス
  監査メッセージの概要
    監査メッセージの概要
      監査メッセージのフローと保持
      監査メッセージ レベルの変更
      監査ログ ファイルへのアクセス
      監査ログ ファイルのローテーション
    監査ログ ファイルおよびメッセージの形式
      監査ログ ファイルの形式
        audit-explainツールの使用
        audit-sumツールの使用
      監査メッセージの形式
        データ タイプ
        イベント固有のデータ
        監査メッセージの共通要素
        監査メッセージの例
    監査メッセージとオブジェクト ライフサイクル
      オブジェクトの取り込みトランザクション
        例:S3オブジェクトの取り込み
      オブジェクトの削除トランザクション
        例:S3オブジェクトの削除
      オブジェクトの読み出しトランザクション
        例:S3オブジェクトの読み出し
      メタデータの更新メッセージ
        例:S3メタデータの更新
    監査メッセージ
      監査メッセージのカテゴリ
        システム監査メッセージ
        オブジェクト ストレージ監査メッセージ
        クライアント読み取り監査メッセージ
        クライアント書き込み監査メッセージ
        管理監査メッセージ
      監査メッセージ
        APCT:Archive Purge from Cloud-Tier
        ARCB:Archive Object Retrieve Begin
        ARCE:Archive Object Retrieve End
        ARCT:Archive Retrieve from Cloud-Tier
        AREM:Archive Object Remove
        ASCE:Archive Object Store End
        ASCT:Archive Store Cloud-Tier
        ATCE:Archive Object Store Begin
        AVCC:Archive Validate Cloud-Tier Configuration
        CBRB:Object Receive Begin
        CBRE:Object Receive End
        CBSB:Object Send Begin
        CBSE:Object Send End
        ECOC:Corrupt Erasure Coded Data Fragment
        ETAF:Security Authentication Failed
        GNRG:GNDS Registration
        GNUR:GNDS Unregistration
        GTED:Grid Task Ended
        GTST:Grid Task Started
        GTSU:Grid Task Submitted
        IDEL:ILM Initiated Delete
        LLST:Location Lost
        MGAU:Management audit message
        OLST:System Detected Lost Object
        ORLM:Object Rules Met
        OVWR:Object Overwrite
        SADD:Security Audit Disable
        SADE:Security Audit Enable
        SCMT:Object Store Commit
        SDEL:S3 DELETE
        SGET:S3 GET
        SHEA:S3 HEAD
        SPOS:S3 POST
        SPUT:S3 PUT
        SREM:Object Store Remove
        SUPD:S3 Metadata Updated
        SVRF:Object Store Verify Fail
        SVRU:Object Store Verify Unknown
        SYSD:Node Stop
        SYST:Node Stopping
        SYSU:Node Start
        VLST:User Initiated Volume Lost
        WDEL:Swift DELETE
        WGET:Swift GET
        WHEA:Swift HEAD
        WPUT:Swift PUT
本ドキュメント センターの使用方法
  ツアー
  ヘルプ
    コンテンツの検索
    フィルタの適用
    コンテンツの印刷
    リンクの保存と共有
    フィードバック
    オフラインで使用するためのPDFまたはEPUBのダウンロード
  ヒント
    検索結果の絞り込み
    モバイル デバイス
    多言語環境
  ツアー
  ヘルプ
    コンテンツの検索
    フィルタの適用
    コンテンツの印刷
    リンクの保存と共有
    フィードバック
    オフラインで使用するためのPDFまたはEPUBのダウンロード
  ヒント
    検索結果の絞り込み
    モバイル デバイス
    多言語環境
免責事項
  著作権、商標、特許、プライバシー、機械翻訳に関する情報
    著作権に関する情報
    商標に関する情報
    特許に関する情報
    プライバシーに関する情報
    機械翻訳に関する情報
  Open source
    StorageGRID
  著作権、商標、特許、プライバシー、機械翻訳に関する情報
    著作権に関する情報
    商標に関する情報
    特許に関する情報
    プライバシーに関する情報
    機械翻訳に関する情報
  Open source
    StorageGRID