SMBファイルシステムの追加

NAS Bridgeで公開されている共有にSMBクライアントをマウントする前に、1つ以上のSMBファイルシステムを追加する必要があります。

開始する前に

手順

  1. Webページの上部にある[Configuration]をクリックします。
  2. [SMB Filesystems]をクリックします。
  3. [Add]をクリックします。
    [Add SMB Filesystem]ダイアログ ボックスが表示されます。
    SMBファイルシステムの追加
  4. 導入計画とストレージ環境に応じて、すべての設定値を入力または選択します。
    • StorageGRID:StorageGRIDゲートウェイ ノードのIPアドレスを選択します。
    • Bucket:StorageGRIDシステム内のバケットです。指定したバケットが存在しない場合は、NAS Bridgeがそのバケットを作成します。
    • Cache Device:このファイルシステムで使用するキャッシュ デバイスを選択します。
    • Active Directory
    • Share name
    • Owner:アクセス権限が付与された最初のユーザ。
    • Group:アクセス権限が付与された最初のグループ。
    • Read Access:このファイルシステムへの読み取り専用アクセス権を付与するユーザとグループをカンマで区切って入力します。
    • Write Access:このファイルシステムへの読み取り / 書き込みアクセス権を付与するユーザとグループをカンマで区切って入力します。
      注:Active Directoryのすべてのユーザにファイルシステムへの読み取り / 書き込みアクセス権を付与する場合は、[Read Access]フィールドと[Write Access]フィールドを両方とも空白のままにします。
    • File Attributes:このチェック ボックスをオンにすると、NTFSファイル属性の追跡が有効になります。
      注:追跡を有効にすると、パフォーマンスが低下する可能性があります。
  5. [Save]をクリックします。
    処理が完了すると、新しいファイルシステムが、固有のIDおよびREADYステータスとともに表示されます。

    「Primary」ロールは、バケットが割り当てられた最初のファイルシステムであることを示します。同じバケットを複数のNAS Bridge仮想マシンからファイルシステムに割り当てた場合は、後続の各ファイルシステムにセカンダリのロールが割り当てられます。また、これらのファイルシステムは読み取り専用になります。NAS Bridgeは、データの破損や損失を防ぐためにこれらのロールを割り当てます。


    この図には説明が付随しています。

  6. 必要に応じて、共有自体に対する権限を使用して共有を保護します。
    注意:SMB共有では、デフォルトで、Everyone、CREATOR OWNER、CREATOR GROUP、Owner、Groupに権限が付与されます。必要とする共有のセキュリティ レベルを確保するには、次の手順に従う必要があります。
    1. エクスプローラにNAS Bridgeのドメイン名を入力します。
      \\my-nas-bridge\
      エクスプローラにNAS BridgeのすべてのSMB共有が表示されます。
    2. SMB共有を右クリックし、[Properties]を選択します。
    3. [Security]タブで、必要なユーザとグループを追加または削除します。
      注意:すべてのユーザが共有にアクセスできるようにする場合を除き、ユーザEveryoneを削除します。
      注:実際のユーザ名ではなく、「S-1-5-32-544」のようにセキュリティID(SID)が表示される場合は、クライアント コンピュータを使用してDNS設定を確認します。


      SMB権限

    4. 必要な権限を各ユーザおよびグループに設定します。
    5. [Security]タブで、[Advanced]をクリックし、必要に応じて[Owner]を設定します。
      たとえば、次のように権限を設定することができます。
      • ユーザAにフル コントロールを付与し、ユーザBに読み取り / 書き込みアクセスを付与する。
      • グループXにフル コントロールを付与する。
      • ユーザAにフル コントロール、ユーザBに読み取り / 書き込みアクセス、Everyoneに読み取り専用アクセスを付与する。
  7. 完了したら、NAS Bridgeのリカバリ パッケージをダウンロードします。
    注意:設定を変更するか、NAS Bridgeを新しいバージョンにアップグレードした場合は、そのつどNAS Bridgeのリカバリ パッケージをダウンロードする必要があります。以前のバージョンのリカバリ パッケージは無効になります。
    1. [Maintenance] > [Recovery Procedure]に移動します。
    2. [Generate Package]をクリックします。
    3. テーブルからパッケージを選択し、[Download]をクリックして、ローカル ワークステーションにパッケージをダウンロードします。
    4. パッケージを安全な場所に保存します。