ファイルシステムを追加する場合の前提条件と制限事項

ファイルシステムの追加または管理操作を行う前に、前提条件と制限事項を理解しておく必要があります。またキャッシュ デバイスを追加する場合は、関連する前提条件と制限事項も参照する必要があります。

ネットワーク サービス

  • SMBファイルシステムを追加するには、NAS Bridgeに対してActive Directoryサーバを定義しておく必要があります。
  • NFSファイルシステムを追加するには、Active Directoryサーバまたは、DNSサーバとNTPサーバを定義しておく必要があります。通常、これらのネットワーク サービスは、NAS Bridgeの導入および初期設定時に設定します。

キャッシュ デバイス

ファイルシステムはそれぞれキャッシュ デバイスに関連付ける必要があります。ファイルシステムをキャッシュ デバイスに割り当てるには、次の2つの方法があります。

1:1モデルの方がより多くのハード ディスクが必要になりますが、ファイルシステム間の分離性は高くなります。この分離によってパフォーマンスが向上し、複数のファイルシステムに波及しかねないキャッシュ デバイスの問題による影響を抑えることができます。

したがって、次のように、1:1モデルを使用して、ファイルシステムごとに専用のキャッシュ デバイスを指定することを推奨します。

StorageGRIDバケット

ファイルシステムを追加するには、StorageGRIDシステムをアクティブにし、NAS Bridgeで定義する必要があります。StorageGRIDゲートウェイ ノードの定義または特定は、通常NAS Bridgeの初期設定時に行います。

すべてのファイルシステムは、単一の、専用のStorageGRID S3バケットに配置されます。ファイルシステムを追加すると、NAS Bridgeは指定したバケットを検索し、見つかった場合はそれを使用します。バケットが見つからない場合は、NAS Bridgeがバケットを作成します。以下の理由により、ファイルシステムの追加時点で、指定したバケットがすでに存在していることがあります。

NAS Bridgeファイルシステムが削除されても、バケットが変更されたり、StorageGRIDシステムから削除されたりすることはありません。あとから同じバケットを使用してファイルシステムを追加すると、前のファイル データがバケットから読み出され、新しいファイルシステムを介してエクスポートされます。

注意:S3準拠ツールを使用してStorageGRID S3バケット内のNAS Bridgeクライアント データを表示および読み出すことはできますが、NAS Bridgeで使用されているS3バケットに対してオブジェクトを削除、変更、または追加するとデータの破損や損失が発生する可能性があります。
注意:S3バケットをファイルシステムに初めて割り当てると、そのファイルシステムにはプライマリのロールが自動的に割り当てられます。同じバケットを複数のNAS Bridge仮想マシンのファイルシステムに割り当てた場合、後続の各ファイルシステムにはセカンダリのロールが割り当てられ、読み取り専用になります。NAS Bridgeは、データの破損や損失を防ぐためにこれらのロールを割り当てます。
注意:NAS Bridgeで処理されるバケットに関連付けられているILMルールによってオブジェクトがパージまたは削除されないことを確認してください。すべての削除処理は、共有 / マウント ポイントのレベルで実行される必要があります。また、ILMルールによって、StorageGRID外部(Glacierなどのクラウド ストレージ等)にあるオブジェクトが階層化されないようにしてください。

既知の制限事項

ファイルシステムを作成する際に適用されるいくつかの既知の制限事項があります。

SetuidビットとSetgidビット
マウントされたNFSクライアントによるchown処理中、setuidビットおよびsetgidビットは対応するStorageGRIDオブジェクトに保存されません。通常これらのビットはchown処理で変更されますが、この場合は消去されてしまいます。
SMBファイル属性
NAS Bridgeで承認または保存されないSMBファイル属性がいくつかあります。次の属性はサポートされていません。
  • FILE_ATTRIBUTE_OFFLINE(0x1000)
  • FILE_ATTRIBUTE_TEMPORARY(0x100)
拡張属性のファイル サイズの上限
NAS Bridgeでは、すべてのファイルシステムに対して拡張属性がファイルあたり20キロバイト(KB)に制限されます。アプリケーションが20KBを超えて拡張属性に書き込もうとすると、ENOSPCエラーが返されます。
CloudMirrorとの非互換性
プラットフォーム サービスCloudMirrorをNAS Bridgeと一緒に使用しないでください。NAS Bridgeには順序保証とベースラインの再設定が必要ですが、これらの機能はCloudMirrorでは使用できません。