サーバ証明書の設定

StorageGRIDシステムで使用されるサーバ証明書をカスタマイズできます。

StorageGRIDシステムは、用途が異なる複数のセキュリティ証明書を使用します。

インストール中に作成されたデフォルトの証明書を使用できるほか、デフォルトの証明書のいずれかまたは両方を独自のカスタム証明書に置き換えることもできます。

サポートされているカスタム サーバ証明書のタイプ

StorageGRIDシステムでは、RSAまたはECDSA(Elliptic Curve Digital Signature Algorithm)で暗号化されたカスタム サーバ証明書がサポートされます。

StorageGRIDでREST APIのクライアント接続を保護する方法の詳細については、S3またはSwiftの実装ガイドを参照してください。

ロード バランサ エンドポイント用の証明書

StorageGRIDでは、ロード バランサ エンドポイントに使用する証明書は別に管理されます。ロード バランサ証明書を設定するには、ロード バランサ エンドポイントの設定手順を参照してください。