オブジェクトの取り込み方法

StorageGRIDは、オブジェクトを取り込み時に保護します。そのためには、同期配置またはデュアル コミットを実行します。同期配置では、オブジェクトの取り込み時にILMを評価して、要件を満たすコピーを作成します。デュアル コミットでは、中間コピーを作成し、あとからILMを評価します。ILMルールの作成時に、各オブジェクトに使用する方法を指定します。

S3 / Swiftクライアントがオブジェクトをグリッドに格納すると、StorageGRIDはILMルールの手順に従って、次のどちらかの方法でオブジェクト コピーを作成します。

デフォルトでは、StorageGRIDは同期配置を使用して取り込み時にオブジェクトを保護します。さまざまな取り込みオプションとそのメリット / デメリットの詳細については、「取り込みのデータ保護オプションとは」を参照してください。