ステップ1/3:基本事項の定義

Create ILM Ruleウィザードのステップ1では、ルールの基本的および高度なフィルタ条件を定義できます。

タスク概要

StorageGRIDはこのILMルールに照らしてオブジェクトのメタデータを評価する際に、フィルタ条件を使用してこのルールの配置手順と取り込み動作を適用するかどうかを判断します。ルールはすべてのオブジェクトに適用することも、基本フィルタ(テナント アカウントIDやバケット名など)または高度なフィルタ(オブジェクト サイズまたはユーザ メタデータなど)を指定することもできます。


Create ILM Ruleウィザードのステップ1 / 3

手順

  1. [Name]フィールドにルールの一意な名前を入力します。
    1~64文字で指定する必要があります。
  2. 必要に応じて、[Description]フィールドにルールの簡単な説明を入力します。
    あとから識別しやすいように、ルールの目的や機能を指定してください。


    ルールの名前と説明

  3. [Tenant Account]ドロップダウン リストから、このルールを適用するS3またはSwiftテナント アカウントを必要に応じて選択します。すべてのテナントに適用する場合は[Ignore]を選択します(デフォルト)。
  4. 必要に応じて、[Bucket Name]フィールドで、このルールを適用するS3バケットまたはSwiftコンテナを指定します。
    [matches all]を選択した場合は(デフォルト)、すべてのS3バケットまたはSwiftコンテナにルールが適用されます。
  5. 必要に応じて、[Advanced filtering]をクリックして、追加のフィルタ条件を指定します。
    高度なフィルタを設定しない場合は、基本のフィルタ条件に一致するすべてのオブジェクトにルールが適用されます。
    指定できるメタデータのタイプ、演算子、およびメタデータ値については、「ILMルールでの高度なフィルタの使用」を参照してください。
  6. [Next]をクリックします。
    Create ILM Ruleウィザードのステップ2が表示されます。[Define placements]ページを使用して、各期間に格納するオブジェクト コピーの数、タイプ、および場所を指定します。