管理プロキシの設定

HTTPまたはHTTPSを使用してAutoSupportメッセージを送信する場合は、管理ノードとテクニカル サポートの間に非透過型プロキシ サーバを設定できます。

開始する前に

タスク概要

設定できる管理プロキシは1つです。

手順

  1. [Configuration] > [Proxy Settings]を選択します。
    [Admin Proxy Settings]ページが表示されます。デフォルトでは、サイドバー メニューの[Storage]が選択されています。
  2. サイドバー メニューから[Admin]を選択します。

    [Proxy Settings]メニュー - [Admin]
  3. [Enable Admin Proxy]チェック ボックスをオンにします。
    管理プロキシを設定するためのフィールドが表示されます。
    [Admin Proxy Settings]ダイアログ ボックスのスクリーンショット
  4. プロキシ サーバのホスト名またはIPアドレスを入力します。
  5. プロキシ サーバへの接続に使用するポートを入力します。
  6. 必要に応じて、プロキシ ユーザ名を入力します。
    プロキシ サーバでユーザ名が不要な場合は、このフィールドを空白のままにします。
  7. 必要に応じて、プロキシ パスワードを入力します。
    プロキシ サーバでパスワードが不要な場合は、このフィールドを空白のままにします。
  8. [Save]をクリックします。
    管理プロキシが保存されると、管理ノードとテクニカル サポートの間にプロキシ サーバが設定されます。
    注:プロキシの変更が反映されるまでに、10分程度かかる場合があります。
  9. プロキシを無効にする必要がある場合は、[Enable Admin Proxy]チェック ボックスをオフにして、[Save]をクリックします。