ストレージ要件

各ホストに適切なタイプと容量のストレージを設定できるよう、StorageGRIDノードのストレージ要件を把握しておく必要があります。

StorageGRIDノードに必要なストレージは、3つの論理カテゴリに分類されます。

カテゴリに関係なく、いずれのストレージにもRAIDベースのブロック デバイスを使用する必要があります。非冗長ディスク、SSD、またはJBODはサポートされていません。いずれのカテゴリのストレージにも、共有またはローカルのどちらかのRAIDストレージを使用できます。ただし、StorageGRIDのノード移行機能を使用する場合は、システム メタデータとオブジェクト データの両方を共有ストレージに格納する必要があります。

パフォーマンス要件

コンテナ プールのボリューム、システム メタデータのボリューム、およびオブジェクト メタデータのボリュームのパフォーマンスは、システム全体のパフォーマンスに大きく影響します。ボリュームのディスク パフォーマンスが、レイテンシ、1秒あたりの入出力操作(IOPS)、スループットの点で適切になるように、それらのボリュームにはパフォーマンス階層(10K SASまたはSSD)のストレージを使用します。オブジェクト データの永続的なストレージには、大容量階層(NL-SAS / SATA)のストレージを使用できます。

コンテナ プール、システム メタデータ、およびオブジェクト データ用のボリュームでは、ライトバック キャッシュを有効にする必要があります。キャッシュは、保護されたメディアまたは永続的なメディアに配置する必要があります。

NetApp AFFストレージを使用するホストの要件

StorageGRIDノード用のホストでNetApp AFFシステムから割り当てられたストレージを使用する場合は、ボリュームでFabricPool階層化ポリシーが有効になっていないことを確認してください。StorageGRIDノードで使用するボリュームでFabricPoolによる階層化を無効にすることで、トラブルシューティングとストレージの処理がシンプルになります。
注意:FabricPoolを使用してStorageGRIDに関連するデータをStorageGRID自体に階層化することは絶対にしないでください。StorageGRIDStorageGRIDデータを階層化すると、トラブルシューティングと運用がより複雑になります。

必要なホスト数

StorageGRIDサイトに、少なくとも3個のストレージ ノードが必要です。
注意:本番環境では、1台の物理ホストまたは仮想ホスト上で複数のストレージ ノードを実行しないでください。各ストレージ ノードに専用のホストを使用すると、分離された障害ドメインが提供されます。

管理ノードやゲートウェイ ノードなど、他のタイプのノードは、同じホストに導入するか、必要に応じて独自の専用ホストに導入することができます。

各ホストのストレージ ボリュームの数

次の表に、ホストに導入されるノードの種類別に、各ホストに必要なストレージ ボリューム(LUN)の数と各LUNに必要な最小サイズを示します。

検証済みの最大LUNサイズは39TBです。

注:これらはホストごとの数値を示したものであり、グリッド全体の数値ではありません。
LUNの用途 ストレージのカテゴリ LUNの数 LUNあたりの最小サイズ
Dockerストレージ プール コンテナ プール 1 ノードの総数 × 100GB
/var/local ボリューム システム メタデータ このホストのノードごとに1個 90GB
ストレージ ノード オブジェクト データ このホストのストレージ ノードごとに3個
注:1個のストレージ ノードには1~16個のストレージ ボリュームを設定できます。3個以上のストレージ ボリュームが推奨されます。
4,000GB

詳細については、以下の「ストレージ ノードのストレージ要件」を参照してください。

管理ノードの監査ログ システム メタデータ このホストの管理ノードごとに1個 200GB
管理ノードのテーブル システム メタデータ このホストの管理ノードごとに1個 200GB
注意:設定されている監査レベル、S3オブジェクト キー名などのユーザ入力のサイズ、保持する必要がある監査ログ データの量によっては、各管理ノードの監査ログLUNのサイズを増やす必要があります。概算としては、グリッドはS3処理ごとに約1KBの監査データを生成します。つまり、200GB LUNでは1日あたり7,000万件(1秒あたり800件)の処理を2~3日間サポートします。

ホストの最小ストレージ スペース

次の表に、各タイプのノードに必要な最小ストレージ スペースを示します。この表を参照して、ホストに導入するノードの種類に応じて、ストレージ カテゴリごとにホストで確保しなければならない最小ストレージ容量を決定できます。

ノードのタイプ コンテナ プール システム メタデータ オブジェクト データ
ストレージ ノード 100GB 90GB 4,000GB
管理ノード 100GB 490GB(3個のLUN) 該当なし
ゲートウェイ ノード 100GB 90GB 該当なし
アーカイブ ノード 100GB 90GB 該当なし

例:ホストのストレージ要件の計算

同じホストに3個のノードを導入することを計画しているとします。ストレージ ノードが1個、管理ノードが1個、ゲートウェイ ノードが1個です。この場合、少なくとも9個のストレージ ボリュームをホストに用意する必要があります。ノード コンテナ用にパフォーマンス階層のストレージが300GB以上、システム メタデータとトランザクション ログ用にパフォーマンス階層のストレージが670GB以上、オブジェクト データ用に容量階層のストレージが12TB以上、それぞれ必要になります。
ノードのタイプ LUNの用途 LUNの数 LUNのサイズ
  Dockerストレージ プール 1 300GB(100GB/ノード)
ストレージ ノード /var/local ボリューム 1 90GB
オブジェクト データ 3 4,000GB
管理ノード /var/local ボリューム 1 90GB
管理ノードの監査ログ 1 200GB
管理ノードのテーブル 1 200GB
ゲートウェイ ノード /var/local ボリューム 1 90GB
合計   9

コンテナ プール:300GB

システム メタデータ:670GB

オブジェクト データ:12,000GB

ストレージ ノードのストレージ要件

1個のストレージ ノードには1~16個のストレージ ボリュームを設定できます。ただし、3個以上のストレージ ボリュームが推奨されます。各ストレージ ボリュームのサイズは4TB以上にします。

各ストレージ ノードのボリューム0に4TB以上を割り当てる必要があります。StorageGRIDは、オブジェクト メタデータ用のスペース(Metadata Reserved Space[CAWM])、およびコンパクションや修復などの重要なデータベース処理用のスペースをボリューム0に最大4TB確保します。

追加のスペースをボリューム0に割り当てると、そのスペースはオブジェクト ストレージに使用されます。ボリューム0に4TB以上を割り当てることが推奨されます。

注:ストレージ ノードでストレージ ボリュームを1個しか使用していない場合に、そのボリュームに4TB以下を割り当てると、ストレージ ノードが起動時にストレージ読み取り専用状態になり、オブジェクト メタデータのみが格納される可能性があります。
注:ボリューム0への割り当てが500GB未満の場合(非本番環境での使用のみ)は、ストレージ ボリュームの容量の10%がメタデータ用に確保されます。