StorageGRIDインストール ファイルのダウンロードと展開

StorageGRIDインストール アーカイブをダウンロードし、必要なファイルを展開する必要があります。

手順

  1. ネットアップのStorageGRIDダウンロード ページにアクセスします。
  2. 最新リリースをダウンロードするためのボタンをクリックするか、プルダウン メニューから別のバージョンを選択して、[Go]をクリックします。
  3. ネットアップ アカウントのユーザ名とパスワードを使用してサインインします。
  4. エンド ユーザ ライセンス契約を読んで同意します。
    選択したバージョンのダウンロード ページが表示されます。このページには、新しいインストール ファイル、アップグレード ファイル、およびNAS Bridgeの列が表示されます。
  5. [New install files]列で、該当するソフトウェアのボタンをクリックします。

    使用するプラットフォームに応じた.tgzまたは.zipアーカイブ ファイルをダウンロードします。

    • StorageGRID-Webscale-version-RPM-uniqueID.zip
    • StorageGRID-Webscale-version-RPM-uniqueID.tgz

    これらの圧縮ファイルには、Red Hat Enterprise LinuxまたはCentOSのRPMファイルとスクリプトが含まれています。

    注:サービス ラップトップでWindowsを実行している場合は、.zipファイルを使用します。
  6. アーカイブ ファイルを保存して展開します。
  7. 次のリストから必要なファイルを選択します。

    必要なファイルは、計画したグリッド トポロジおよびStorageGRIDグリッドの導入方法によって異なります。

    注:表に示されているパスは、展開されたインストール アーカイブによってインストールされた最上位ディレクトリに対する相対パスです。
    表 1. Red Hat Enterprise LinuxまたはCentOS Linuxのファイル
    パスとファイル名 説明
    /rpms/README StorageGRIDダウンロード ファイルに含まれているすべてのファイルについて説明するテキスト ファイル。
    /rpms/NLF000000.txt 製品サポートのない無償ライセンス。
    /rpms/StorageGRID-Webscale-Images-version-SHA.rpm RHELホストまたはCentOSホストにStorageGRIDノード イメージをインストールするためのRPMパッケージ。
    /rpms/StorageGRID-Webscale-Service-version-SHA.rpm RHELホストまたはCentOSホストにStorageGRIDホスト サービスをインストールするためのRPMパッケージ。
    導入スクリプト ツール
    /rpms/configure-storagegrid.py StorageGRIDシステムの設定を自動化するためのPythonスクリプト。
    /rpms/configure-storagegrid.sample.json configure-storagegrid.pyスクリプトで使用するサンプル構成ファイル。
    /rpms/configure-storagegrid.blank.json configure-storagegrid.pyスクリプトで使用する空の構成ファイル。
    /rpms/configure-sga.py StorageGRIDアプライアンスの設定を自動化するためのPythonスクリプト。
    /rpms/extras/ansible StorageGRIDコンテナ導入用のRHELホストまたはCentOSホストを設定するためのサンプルのAnsibleのロールとプレイブック。必要に応じて、ロールまたはプレイブックをカスタマイズできます。