非プライマリ管理ノードをリカバリする際の管理ノード データベースのリストア

障害が発生した非プライマリ管理ノードの属性値とアラームの履歴情報を維持したい場合は、プライマリ管理ノードから管理ノード データベースをリストアします。

開始する前に

タスク概要

管理ノードで障害が発生すると、その管理ノード データベースに保管されている属性値とアラームの履歴情報が失われます。管理ノードをリカバリする際に、ソフトウェアのインストール プロセスによってNMSサービス用の新しいデータベースが作成されます。リカバリした管理ノードを起動すると、StorageGRIDシステムを新規にインストールした場合と同様に、すべてのサービスの属性と監査の情報が記録されます。

非プライマリ管理ノードをリストアした場合は、プライマリ管理ノード(ソース管理ノード)の管理ノード データベースをリカバリしたノードにコピーすることで、この履歴情報をリストアできます。

注:管理ノード データベースのコピーには数時間かかることがあります。ソース ノードでサービスが停止している間は、Grid Managerの一部の機能が使用できなくなります。

手順

  1. ソース管理ノードにログインします。
    1. 次のコマンドを入力します:ssh admin@grid_node_IP
    2. Passwords.txtファイルに含まれているパスワードを入力します。
    3. 次のコマンドを入力してrootに切り替えます:su -
    4. Passwords.txtファイルに含まれているパスワードを入力します。
  2. ソース管理ノードから次のコマンドを実行します。プロンプトが表示されたらプロビジョニング パスフレーズを入力します。recover-access-points
  3. ソース管理ノードからMIサービスを停止します。service mi stop
  4. ソース管理ノードから、管理アプリケーション プログラミング インターフェイス(mgmt-api)サービスを停止します。service mgmt-api stop
  5. リカバリした管理ノードで次の手順を実行します。
    1. リカバリした管理ノードにログインします。
      1. 次のコマンドを入力します:ssh admin@grid_node_IP
      2. Passwords.txtファイルに含まれているパスワードを入力します。
      3. 次のコマンドを入力してrootに切り替えます:su -
      4. Passwords.txtファイルに含まれているパスワードを入力します。
    2. MIサービスを停止します。service mi stop
    3. mgmt-apiサービスを停止します。service mgmt-api stop
    4. SSHエージェントにSSH秘密鍵を追加します。次のコマンドを入力します。ssh-add
    5. Passwords.txtファイルに含まれているSSHアクセス パスワードを入力します。
    6. ソース管理ノードのデータベースをリカバリした管理ノードにコピーします。/usr/local/mi/bin/mi-clone-db.sh Source_Admin_Node_IP
    7. プロンプトが表示されたら、リカバリした管理ノードでMIデータベースを上書きすることを確定します。
      データベースとその履歴データが、リカバリした管理ノードにコピーされます。コピー処理が完了すると、リカバリした管理ノードがスクリプトによって起動されます。
    8. 他のサーバにパスワードなしでアクセスする必要がなくなった場合は、SSHエージェントから秘密鍵を削除します。次のコマンドを入力します。ssh-add -D
  6. ソース管理ノードでサービスを再起動します。service servermanager start