運用停止の実行

ストレージ ノード、ゲートウェイ ノード、または非プライマリ管理ノードの運用を停止し、StorageGRIDシステムから完全に削除することができます。

タスク概要

StorageGRIDが無効な状態になる場合は、グリッド ノードの運用を停止できません。次のルールが適用されます。

注:ストレージ ノードの運用を停止すると、次のアラームが生成されることがあります。
  • VSTU(Object Verification Status)。このアラームはNoticeレベルで、運用停止プロセスでストレージ ノードがメンテナンス モードに移行していることを示しています。
  • CASA(Data Store Status)。このアラームはMajorレベルで、サービスが停止したためにCassandraデータベースが停止することを示しています。