非プライマリ管理ノードの交換

非プライマリ管理ノードをリカバリするには、まず物理または仮想ハードウェアの交換が必要です。

タスク概要

障害が発生した非プライマリ管理ノードを同じプラットフォームで実行されている非プライマリ管理ノードと交換することも、VMwareまたはLinuxホストで実行されている非プライマリ管理ノードをサービス アプライアンスでホストされている非プライマリ管理ノードと交換することもできます。

ノード用に選択した交換用プラットフォームに対応した手順を実行してください。(すべてのノード タイプに適した)ノードの交換手順を完了すると、非プライマリ管理ノードのリカバリに関する次のステップが表示されます。

Linux:ノードの交換手順は、グリッド ノードのリカバリ手順を実行したあとにリカバリが完了したかどうかを確認し、完了していない場合は次に必要な手順を判断するのに役立ちます。
交換用プラットフォーム 手順
VMware VMwareノードの交換
Linux Linuxノードの交換
SG1000サービス アプライアンス サービス アプライアンスの交換
OpenStack リカバリ処理を対象としたOpenStack用の仮想マシン ディスク ファイルおよびスクリプトは、現在は提供されていません。OpenStack環境で実行されているノードのリカバリが必要な場合は、お使いのLinuxオペレーティング システム用ファイルをダウンロードしてください。その後、Linuxノードの交換手順に従ってください。