サービス アプライアンスの設置(プラットフォーム変更のみ)

交換用ノードにSG1000サービス アプライアンスを使用してVMwareまたはLinuxホストでホストされていた障害グリッド ノードをリカバリする場合は、最初に障害ノードと同じノード名を使用して新しいアプライアンス ハードウェアを設置する必要があります。

開始する前に

障害ノードに関する次の情報が必要です。

タスク概要

次の手順は、VMwareまたはLinuxでホストされていた障害ノードをサービス アプライアンスでホストされているノードと交換してリカバリする場合にのみ実行してください。

手順

  1. 新しいSG1000サービス アプライアンスを設置する手順に従います。
  2. ノード名の入力を求められたら、障害ノードのノード名を使用します。