NAS Bridgeとの統合

NAS Bridgeは、StorageGRIDオブジェクトを使用するファイルベースのインターフェイスです。NAS Bridgeは、StorageGRIDシステムのオブジェクト機能とVMwareの仮想化ランタイム環境の機能を活用します。

NAS Bridgeのアーキテクチャ

この図には説明が付随しています。

NAS Bridgeの機能

NAS Bridgeには次の重要な機能が含まれています。

標準のクライアント アクセス プロトコル
クライアントは、NFSまたはSMBプロトコルを使用してNAS Bridgeにアクセスします。NAS Bridgeによって公開されるマウント ポイントへの接続を除き、クライアントで行う必要のある設定はありません。クライアントは、ネイティブ ファイルサーバのネットワーク ドライブに接続しているかのように、NAS Bridge共有に直接接続したり、エクスポートしたりできます。
仮想マシンの導入
NAS Bridgeは、VMware ESXiで実行される仮想マシンとして導入され、ハイアベイラビリティ(HA)などのVMwareの機能を利用します。また、仮想マシンを配置する場所は柔軟に選択でき、これはディザスタ リカバリにおいて特に重要になります。
StorageGRIDとの統合
NAS Bridgeは、S3 APIを通じてStorageGRIDシステムと統合されます。この統合により、NAS Bridgeでは、データ ストレージの冗長性など、StorageGRIDの機能の多くを活用できます。各S3バケットは、NFSエクスポートまたはSMB共有として提供され、単一のファイルシステムのクライアント データとネームスペース情報を保持します。また、StorageGRIDシステム内のオブジェクトに移動することで、S3を使用してデータ マイニングのためにファイルにアクセスすることもできます。
拡張性
NAS Bridgeでは、オブジェクト ストアに格納するファイルやオブジェクト ストアから読み出すファイルの数に制限はありません。
オブジェクトベースのファイル アクセスへの移行
NAS Bridgeは、クライアント ファイルを取り込んで、変更せずにStorageGRIDシステムに格納します。これにより、データのオブジェクトとファイルの表示が統一されます。
キャッシュの高速化
NAS Bridgeは、読み取りとライトバックの両方のキャッシュを実行するキャッシュ デバイスを1つ以上提供します。このキャッシュはオブジェクト ストレージ向けに最適化されており、NAS Bridgeの全体的なパフォーマンスの向上を実現します。
管理ネットワークとデータ ネットワークの分離
NAS Bridgeを設定する際に、ストレージ ネットワーク内で管理トラフィックとデータ トラフィックを分離しておけるように、複数の論理インターフェイス(LIF)を定義できます。
REST API
NAS Bridgeの管理には、REST APIを使用します。
広範なメンテナンスとサポート機能
標準のWeb管理ユーザ インターフェイスには、アラート通知やログ ファイル パッケージの生成など、メンテナンスとサポートの機能が含まれています。
ダッシュボードとレポート機能
NAS Bridge管理インターフェイスには、サポートされているブラウザを使用してアクセスできます。このユーザ インターフェイスは、NAS Bridgeの指標を表示するダッシュボードを提供します。
ネットワーク サービス
DNSサーバとNTPサーバの両方が必要です。