Tenant Managerのダッシュボード

グリッド管理者がGrid Managerまたはグリッド管理APIを使用してテナント アカウントを作成すると、テナント ユーザがTenant Managerにサインインできるようになります。

Tenant Managerのダッシュボードでは、テナント ユーザがストレージの使用状況を一目で監視できます。[Storage Usage]パネルには、ストレージを最も多く消費しているS3バケットまたはSwiftコンテナが表示されます。
注:テナントのストレージ使用状況は、物理容量(ディスクのサイズ)ではなく、論理容量(オブジェクトのサイズ)を表します。
テナントで使用できる最大のギガバイト数、テラバイト数、またはペタバイト数をアカウント作成時に指定した場合は、そのクォータのうちすでに使用されている容量とまだ使用可能な容量が[Quota]パネルに示されます。


テナント管理ダッシュボードのスクリーンショット

各パネルに表示される情報の説明については、パネルのヘルプ アイコン疑問符アイコンをクリックしてください。