コピー管理

オブジェクト データは、アクティブなILMポリシーとそのILMルールによって管理されます。ILMルールは、レプリケート コピーまたはイレイジャー コーディング コピーを作成してオブジェクト データを損失から保護します。

必要なオブジェクト コピーのタイプや場所は、オブジェクトのライフサイクルにおけるタイミングによって異なります。オブジェクトが指定通りに配置されるように、ILMルールが定期的に評価されます。

オブジェクト データはLDRサービスで管理されます。