コンテンツの保護:アーカイブ

アーカイブ処理は、StorageGRIDシステムとクライアントの間の定義されたデータ フローで構成されます。

オブジェクト データのコピーをアーカイブするようにILMポリシーで規定されている場合は、LDRサービスのコンポーネントであるILMエンジンがアーカイブ ノードに要求を送信し、アーカイブ ノードがオブジェクト データのコピーを対象のアーカイブ ストレージ システムに送信します。


説明が付随しているプロセスを示す図

  1. ILMエンジンがARCサービスに要求を送信し、アーカイブ メディアにコピーを格納するように指示します。
  2. ARCサービスが、最適なソースの場所をADCサービスに照会し、ソースLDRサービスに要求を送信します。
  3. ARCサービスが、LDRサービスからオブジェクト データを読み出します。
  4. ARCサービスが、対象のアーカイブ メディアにオブジェクト データを送信します。
  5. アーカイブ メディアが、オブジェクト データが格納されたことをARCサービスに通知します。
  6. ARCサービスが、オブジェクト データが格納されたことをILMエンジンに通知します。