グリッド ネットワーク トポロジ

グリッド ネットワークのみを設定すると、最もシンプルなネットワーク トポロジが作成されます。このトポロジは、外部からは使用しない単一サイト環境に適しているほか、コンセプトの実証やテスト用の環境に利用できます。

グリッド ネットワークを設定するときは、各グリッド ノードのeth0インターフェイスについて、ホストIPアドレス、サブネット マスク、およびゲートウェイIPアドレスを確立します。

設定時にGrid Network Subnet List(GNSL)と呼ばれるサブネットのリストを作成します。このリストには、グリッド ネットワーク内のサブネットとグリッド ネットワークに接続する外部サブネットのリストが含まれます。インストール時に、グリッド ネットワークのインターフェイスにより、GNSLに含まれるすべてのサブネットに対する静的ルーティング テーブルが自動的に生成されます。グリッド ネットワークにゲートウェイがあり、クライアント ネットワークがない場合は、デフォルト ルートも追加されます。

注:グリッド ネットワークには、必要に応じて管理ノードとゲートウェイ ノードのハイアベイラビリティ(HA)グループを設定できます。HAグループを設定する場合は、HAグループの仮想IPアドレス(VIP)が接続先のインターフェイスと同じサブネット内にあり、同じルーティング ルールに従っている必要があります。

次の例では、S3およびSwiftクライアント要求、オブジェクト管理処理、および管理機能に関連するトラフィックを含むすべてのグリッド トラフィックが、同じネットワークを共有しています。


グリッド ネットワーク


グリッド ネットワークのIP