同時HTTP接続のメリット

StorageGRIDシステムへのTCP / IP接続を複数開いて並列処理を可能にしておくと、パフォーマンスが向上します。最適な並列接続の数は、さまざまな要因によって異なります。

同時HTTP接続には、次のようなメリットがあります。

クライアント アプリケーションが複数のHTTP接続を確立する必要があります。クライアント アプリケーションでトランザクションの処理が必要になったときは、確立された接続の中から他のトランザクションの処理に現在使用されていない接続を選択してすぐに使用することができます。

同時トランザクションや同時接続の最大スループットはStorageGRIDシステムのトポロジごとに異なり、それを超えるとパフォーマンスが低下し始めます。最大スループットに影響する要因には、コンピューティング リソース、ネットワーク リソース、ストレージ リソース、WANリンクなどがあります。また、サーバやサービスの数、StorageGRIDシステムでサポートするアプリケーションの数も影響します。

StorageGRIDシステムでは複数のクライアント アプリケーションをサポートすることが多いため、 その点を考慮しながら各クライアント アプリケーションで使用する同時接続の最大数を決めることが重要です。クライアント アプリケーションを構成する複数のソフトウェア エンティティのそれぞれでStorageGRIDシステムへの接続を確立する場合は、それらのエンティティのすべての接続を合計して考慮する必要があります。次のような状況では、同時接続の最大数の調整が必要になることがあります。