クライアント接続の設定

グリッド管理者は、Swiftクライアントがデータの格納と読み出しを行うためにStorageGRIDに接続する方法に関連する設定を行います。接続する際に必要となる情報は、この設定の選択内容によって決まります。

クライアント アプリケーションは、次のいずれかに接続することで、オブジェクトを格納または読み出すことができます。

ロード バランサ サービスはStorageGRID 11.3の新機能です。既存のクライアントは、ゲートウェイ ノード上の従来のCLBサービスを引き続き使用してStorageGRIDに接続できます。新しいクライアント アプリケーションがロード バランシングにStorageGRIDを使用する場合、ロード バランサ サービスを使用して接続する必要があります。

StorageGRIDの設定時に、グリッド管理者はGrid Managerまたはグリッド管理APIを使用して次の手順を実行できます。これらはすべてオプションです。
  1. ロード バランサ サービスのエンドポイントを設定する。

    ロード バランサ サービスを使用するようにエンドポイントを設定する必要があります。管理ノードまたはゲートウェイ ノード上のロード バランサ サービスは、クライアント アプリケーションからの受信ネットワーク接続を複数のストレージ ノードに分散します。ロード バランサ エンドポイントを作成する際、グリッド管理者は、ポート番号、エンドポイントでHTTP / HTTPS接続を許可するかどうか、エンドポイントを使用するクライアントのタイプ(S3またはSwift)、HTTPS接続に使用する証明書(該当する場合)を指定します。

  2. 信頼されていないクライアント ネットワークを設定する。

    グリッド管理者がノードのクライアント ネットワークを信頼されていないクライアント ネットワークとして設定した場合、ノードはロード バランサ エンドポイントとして明示的に設定されたポートでクライアント ネットワークのインバウンド接続だけを受け入れます。

  3. ハイアベイラビリティ グループを設定する。

    管理者がHAグループを作成すると、複数の管理ノードまたはゲートウェイ ノードのネットワーク インターフェイスがアクティブ / バックアップ構成になります。クライアント接続は、HAグループの仮想IPアドレスを使用して確立されます。

各オプションの詳細については、StorageGRIDの管理手順を参照してください。

クライアント接続に必要な情報

次の表に、各構成のSwiftクライアント接続に必要な情報をまとめます。
接続が確立される場所 クライアントの接続先サービス IPアドレス ポート
HAグループ ロード バランサ HAグループの仮想IP ロード バランサ エンドポイントのポート
管理ノード ロード バランサ 管理ノードのIPアドレス ロード バランサ エンドポイントのポート
ゲートウェイ ノード ロード バランサ ゲートウェイ ノードのIPアドレス ロード バランサ エンドポイントのポート
ゲートウェイ ノード 従来のCLB ゲートウェイ ノードのIPアドレス
  • HTTPS:8083
  • HTTP:8085
ストレージ ノード LDR ストレージ ノードのIPアドレス
  • HTTPS:18083
  • HTTP:18085

クライアントがStorageGRIDへの接続に使用するIPアドレスにDNS名を設定することができます。ローカルのネットワーク管理者にお問い合わせください。