StorageGRIDでのSwift APIサポートの履歴

StorageGRIDシステムでのSwift REST APIのサポートに関する変更点に注意する必要があります。

リリース コメント
11.3 PUT Object処理が更新されて、取り込み時に同期配置を使用する(取り込み動作に[Balanced]または[Strict]が指定された)ILMルールの影響を受けるようになりました。ロード バランサ エンドポイントまたはハイアベイラビリティ グループを使用するクライアント接続の説明が追加されました。サポートされるTLS暗号スイートのリストが更新されました。
11.2 ドキュメントに編集上の変更がいくつか加えられました。
11.1 グリッド ノードに対するSwiftクライアント接続でのHTTPの使用のサポートが追加されました。整合性制御の定義が更新されました。
11.0 テナント アカウントにつき1,000個のコンテナのサポートが追加されました。
10.4

コンテナのPOSTのサポート、およびKeystoneが設定されたグリッドでのコンテナのPUT、GET、HEADのACLヘッダーのサポートが追加されました。

注:デフォルトではKeystoneは無効に設定されます。Keystoneを有効にする場合は、ネットアップの担当者にお問い合わせください。
10.3 ドキュメントで管理に関する記述の更新と修正が行われました。カスタム サーバ証明書の設定に関するセクションが削除されました。
10.2 StorageGRIDシステムでSwift APIが初めてサポートされました。

現在サポートされているバージョンは、OpenStack Swift Object Storage API v1です。