HTTPSまたはHTTPどちらの接続を使用するかの判断

ロード バランサ エンドポイントを使用してクライアント接続を行う場合は、そのエンドポイントに指定されているプロトコル(HTTPまたはHTTPS)を使用して接続を確立する必要があります。ストレージ ノードへのクライアント接続またはゲートウェイ ノード上の従来型CLBサービスへのクライアント接続にHTTPを使用する場合は、HTTPの使用を有効にする必要があります。

ストレージ ノードまたはゲートウェイ ノード上の従来型CLBサービスに接続する場合、デフォルトでは、クライアント アプリケーションがすべての接続に暗号化されたHTTPSを使用する必要があります。必要に応じて、安全性の低いHTTP接続を使用することができます。その場合は、Grid Manager[HTTP]オプションを有効にします。たとえば、非本番環境でストレージ ノードへの接続をテストする際に、クライアント アプリケーションでHTTPを使用できます。

注意:要求が暗号化されずに送信されるため、本番環境のグリッドでHTTPを有効にする場合は注意してください。

このオプションを有効にする方法については、StorageGRIDの管理に関する情報を参照してください。

グリッドで[HTTP]オプションが有効になっている場合は、ストレージ ノードまたはゲートウェイ ノード上の従来型CLBサービスへのHTTP接続に、HTTPS接続とは別のポートを使用します。