Tenant Managerへのサインイン

Tenant Managerにアクセスするには、サポート対象のWebブラウザのアドレス バーにテナントのURLを入力します。

開始する前に

手順

  1. サポートされているWebブラウザを起動します。
  2. ブラウザのアドレス バーに、Tenant ManagerにアクセスするためのURLを入力します。
  3. セキュリティ アラートが表示された場合は、ブラウザのインストール ウィザードを使用して証明書をインストールします。
  4. Tenant Managerにサインインします。
    表示されるサインイン画面は、入力したURLと、組織がシングル サインオン(SSO)を使用しているかどうかによって異なります。次のいずれかの画面が表示されます。
    • Grid Managerのサインイン ページ。右上の[Tenant Login]リンクをクリックします。
      Grid Managerのサインイン ページにある[Tenant Login]リンク
    • Tenant Managerのサインイン ページ。次のように[Account ID]フィールドにあらかじめ値が入力されている場合があります。
      Tenant Managerのサインイン ページ
      1. テナントの20桁のアカウントIDが表示されていない場合は、最近のアカウントのリストからテナント アカウントの名前を選択するか(リストにある場合)、またはアカウントIDを入力します。
      2. ユーザ名とパスワードを入力します。
      3. [Sign in]をクリックします。

        Tenant Managerのダッシュボードが表示されます。

    • 組織のSSOページ。次に例を示します。


      SSOの組織のサインイン ページの例

      標準のSSOクレデンシャルを入力し、[Sign in]をクリックします。

    • Tenant ManagerのSSOサインイン ページが表示されます。
      SSOが有効な場合のテナント アカウントへのサインイン
      1. テナントの20桁のアカウントIDが表示されていない場合は、最近のアカウントのリストからテナント アカウントの名前を選択するか(リストにある場合)、またはアカウントIDを入力します。
      2. [Sign in]をクリックします。
      3. 組織のSSOサインイン ページで通常使用しているSSOクレデンシャルを使用してサインインします。

        Tenant Managerのダッシュボードが表示されます。

  5. 他者から初期パスワードを受け取った場合は、アカウントを保護するためにパスワードを変更してください。[username] > [Change Password]を選択します。
    注:StorageGRIDシステムでSSOが有効になっている場合は、Tenant Managerからパスワードを変更できません。