[Task]タブを使用したグリッド ノードのリブート

[Task]タブでは、選択したノードをリブートすることができます。[Task]タブはすべてのノードに対して表示されます。

開始する前に

タスク概要

Grid Managerからグリッド ノードをリブートすると、ターゲット ノードでrebootコマンドが実行されます。

グリッド ノードをリブートすると、ノードがシャットダウンして再起動します。また、すべてのサービスが自動的に再起動されます。

ストレージ ノードをリブートする場合は、次の点に注意してください。
  • ILMルールの取り込み動作として[Dual commit]または[Balanced]が指定されていて、必要なすべてのコピーをただちに作成できない場合、StorageGRIDは、新たに取り込まれたオブジェクトを同じサイト上の2つのストレージ ノードに即座にコミットし、あとからILMを評価します。1つのサイトで複数のストレージ ノードをリブートすると、リブート中はこれらのオブジェクトにアクセスできない場合があります。
  • ストレージ ノードのリブート中もすべてのオブジェクトにアクセスできるようにするには、ノードをリブートする前に、サイトでのオブジェクトの取り込みを約1時間停止します。

手順

  1. [Nodes]を選択します。
  2. リブートするグリッド ノードを選択します。
  3. [Tasks]タブを選択します。


    [Nodes] > [Tasks] > [Reboot]ボタン

  4. [Reboot]をクリックします。

    確認ダイアログ ボックスが表示されます。


    グリッド ノードのリブートの確認ダイアログ

    注:プライマリ管理ノードをリブートすると、サービスの停止中はブラウザとGrid Managerとの接続が一時的に失われることを知らせる確認ダイアログ ボックスが表示されます。
  5. プロビジョニング パスフレーズを入力し、[OK]をクリックします。
  6. ノードがリブートするまで待ちます。
    サービスがシャットダウンするまでに時間がかかる場合があります。
    ノードのリブート中は、[Nodes]ページの左側にグレーのアイコン(Administratively Down)が表示されます。すべてのサービスが再開すると、アイコンは元の色に戻ります。