アプライアンスの管理ノードとゲートウェイ ノードに関する情報の表示

[Nodes]ページには、管理ノードまたはゲートウェイ ノードで使用されるサービス アプライアンスごとに、サービスの健全性およびすべてのコンピューティング リソース、ディスク デバイス リソース、ネットワーク リソースに関する情報が表示されます。メモリ、ストレージ ハードウェア、ネットワーク リソース、ネットワーク インターフェイス、ネットワーク アドレス、および送受信情報も確認できます。

手順

  1. [Nodes]ページで、アプライアンスの管理ノードまたはゲートウェイ ノードを選択します。
  2. [Overview]を選択します。
    [Overview]タブの[Node Information]テーブルには、ノードのIDと名前、ノード タイプ、インストールされているソフトウェア バージョン、およびノードに関連付けられているIPアドレスが表示されます。[Interface]列には、次のようにインターフェイスの名前が表示されます。
    • 管理ネットワーク インターフェイスでアクティブ / バックアップ ボンディングが使用されている場合は、adllbadlliが表示されます。
    • ethは、グリッド ネットワーク、管理ネットワーク、またはクライアント ネットワークです。
    • hicはボンディング ポートです。
    • mtcはアプライアンス上の管理IPアドレスです。

    [Nodes]ページ - サービス アプライアンスの[Overview]タブ
  3. [Hardware]を選択してアプライアンスの詳細を確認します。
    1. [CPU Utilization]グラフと[Memory]グラフを表示して、CPUとメモリの使用率の推移を確認します。別の時間間隔を表示するには、チャートまたはグラフ上にあるコントロールのいずれかを選択します。1時間、1日、1週間、1カ月、1年の期間の情報を表示することができます。また、カスタムの間隔を設定して、日時の範囲を指定することもできます。

      [Nodes]ページ - サービス アプライアンスの[Hardware]タブのグラフ
    2. 下にスクロールして、アプライアンスのコンポーネントのテーブルを表示します。このテーブルには、モデル名、シリアル番号、各コンポーネントのステータスなどの情報が表示されます。

      [Nodes]ページ - サービス アプライアンスの[Hardware]タブ
      [Appliance]テーブルのフィールド 説明
      Appliance Model このStorageGRIDアプライアンスのモデル番号。
      Storage Controller Failed Drive Count 最適な状態でないドライブの数。
      Storage Data Drive Type アプライアンスのドライブのタイプ - HDD(ハード ディスク ドライブ)やSSD(ソリッド ステート ドライブ)など。
      Storage Data Drive Size アプライアンス内のすべてのデータ ドライブの合計容量。
      Storage RAID Mode アプライアンスのRAIDモード。
      Overall Power Supply アプライアンスのすべての電源装置のステータス。
      Compute Controller BMC IP コンピューティング コントローラ内のBaseboard Management Controller(BMC;ベースボード管理コントローラ)ポートのIPアドレス。

      このIPを使用してBMCインターフェイスに接続し、アプライアンス ハードウェアを監視および診断することができます。

      Compute Controller Serial Number コンピューティング コントローラのシリアル番号。
      Compute Hardware コンピューティング コントローラ ハードウェアのステータス。
      Compute Controller CPU Temperature コンピューティング コントローラのCPUの温度ステータス。
      Compute Controller Chassis Temperature コンピューティング コントローラの温度ステータス。
    3. すべてのステータスが「Nominal」であることを確認します。
      このセクションのステータスは、次のアラーム コードに対応します。
      フィールド アラーム コード
      Storage Multipath Connectivity APMS
      Storage Controller Failed Drive Count BADD
      Compute Controller Chassis Temperature BRDT
      Compute Controller Hardware CCNA
      Compute Controller Power Supply A CPSA
      Compute Controller Power Supply B CPSB
      Compute Controller CPU Temperature CPUT
      Overall Power Supply OPST
  4. [Network]を選択して各ネットワークの情報を表示します。

    [Network Traffic]グラフには、全体的なネットワーク トラフィックの概要が表示されます。
    [Nodes]ページ - [Network Traffic]グラフ

    1. [Network Interfaces]セクションを確認します。

      [Nodes]ページ - ネットワーク サービス アプライアンスの[Hardware]タブ
      次の表および[Network Interfaces]テーブルの[Speed]列の値から、アプライアンス上の4つの40 / 100GbEネットワーク ポートがアクティブ / バックアップ モードとLACPモードのどちらを使用するように設定されているかを判断します。
      注:この表の値は、4つのリンクがすべて使用されていることを前提としています。
      リンク モード ボンディング モード 個々のHICリンク速度(hic1、hic2、hic3、hic4) 想定されるグリッド / クライアント ネットワーク速度(eth0、eth2)
      アグリゲート LACP 100 400
      固定 LACP 100 200
      固定 アクティブ / バックアップ 100 100
      アグリゲート LACP 40 160
      固定 LACP 40 80
      固定 アクティブ / バックアップ 40 40
    2. [Network Communication]セクションを確認します。
      [Receive]テーブルと[Transmit]テーブルには、各ネットワークで送受信されたバイト数とパケット数、および送受信に関するその他の指標が表示されます。
      [Nodes]ページ - [Network Communication]セクション
  5. [Storage]を選択して、サービス アプライアンス上のディスク デバイスとボリュームに関する情報を表示します。

    [Nodes]ページ - サービス アプライアンスの[Storage]タブ